『がん消滅の罠/完全寛解の謎』(岩木一麻)_書評という名の読書感想文

『がん消滅の罠/完全寛解の謎』岩木 一麻 宝島社 2017年1月26日第一刷


【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)

日本がんセンターに勤める医師・夏目は、生命保険会社に勤務する友人から、保険金の不正受給の可能性がある案件について質問を受けた。余命半年の宣告を受けたがん患者が、リビングニーズ特約の生前給付金を受け取った後も生存しており、それどころか、その後に病巣がきれいに消え去っていた。同様の保険金支払いが立て続けに起きており、今回で四例目だという。連続する奇妙ながん消失事件。いったい、がん治療の世界で何が起こっているのか - 。(宝島社)

2017年 第15回『このミステリーがすごい! 』大賞/大賞受賞作

治るはずのないがんは、なぜ消滅したのか -
余命半年の宣告を受けたがん患者が、生命保険の生前給付金を受け取ると、その直後、病巣がきれいに消え去ってしまう - 。連続して起きるがん消失事件は奇跡か、陰謀か。医師・夏目とがん研究者・羽鳥が謎に挑む! (帯文より)

巻末にある選考経過を読むと、必ずしも辛口の選考委員たちが口をそろえて絶賛したわけではないのがわかります。(帯の裏にはそう書いてあるのですが・・・・)

読んですぐに思うのは、専門的な医学用語が多すぎて、一々蹴躓くようにして読まなければならない、ということ。何度か読み返し、何となくこうではないかと予測して、(本当はよくわからないのに)わかったようにして先へ進まなければならないということです。

医療の現場にいる人や知識がある人ならまだしも、そうではない私みたいなものからすると、中途半端にしか理解できずにすっきりしない気持ちばかりが後を引きます。テーマは面白く興味があるだけに、もうちょっと読み易くは書けなかったのだろうかと。

導入部。これから始まる話の〈枕〉となる、一人の患者の資料を夏目が渡し、それを羽鳥が読み上げる場面。

患者は江村理恵。三十五歳。肺門部原発扁平上皮がん、主要転移四ヶ所。小さいものは肺全域に十ヶ所以上点在。遠隔転移はなしでステージIV a 。動脈、食道等への浸潤が強く疑われる所見で、手術と放射線治療は選択できなかった。そこで夏目は、抗がん剤による治療を勧めた。

少し進んで、TLS(Tumor Lysis Syndrome)とは何かを説明する場面。

腫瘍崩壊症候群(TLS)は、腫瘍細胞が大量死する際に起こる緊急症の一つだ。抗がん剤が著しい効果を発揮した際などに、腫瘍内部に蓄積されていた核酸、リン酸、カリウムなどが一気に血中に流れ出して重度の電解質異常や急性腎不全を引き起こすことがある。死に至るケースも多い。

腫瘍を外科的に直接取り出すのではなく、抗がん剤や放射線治療などによって体内で死滅させる方法が進歩するにつれ、体内でがん細胞が大量に死滅することによるTLSのリスクが大きくなりつつある。元々は主に白血病のような血液腫瘍で問題視されていたが、近年の抗がん剤の進歩で固形がんでの報告も増えていた。

ゲフの結果が出た
野口らの分類によるD型の肺腺がんということで宜しいですか?
増殖は充実破壊性で低分化型だ。D型ということでよいだろう

ゲフ? D型の肺腺がん? 充実破壊性? 低分化型?

書き出すときりがありません。何度も言うようですが、何となくこんなことだろうと予想はできます。しかし、ベースとなる知識や経験が無さ過ぎて躓いてばかりだと、肝心要のストーリーの方がおざなりになり時々どこの何を読んでいるのかわからなくなります。

本当は(賞を獲るほど)面白いのに、理解するのにへこたれて、これでは面白さが半減してしまわないかと。よくある新書のようなタイトルもどうかと思い、派手な帯がなければ、ミステリーだと気付かないかもしれません。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)

◆岩木 一麻
1976年埼玉県生まれ。
神戸大学大学院自然科学研究科修了。

作品 本作品で「このミステリーがすごい! 」大賞受賞

関連記事

『乙女の家』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『乙女の家』朝倉 かすみ 新潮文庫 2017年9月1日発行 乙女の家 (新潮文庫) 内縁関係

記事を読む

『夢に抱かれて見る闇は』(岡部えつ)_書評という名の読書感想文

『夢に抱かれて見る闇は』岡部 えつ 角川ホラー文庫 2018年5月25日初版 夢に抱かれて見る

記事を読む

『愚者の毒』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『愚者の毒』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2017年9月10日第4刷 愚者の毒 (祥伝社文庫)

記事を読む

『ifの悲劇』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『ifの悲劇』浦賀 和宏 角川文庫 2017年4月25日初版 ifの悲劇 (角川文庫) 小説

記事を読む

『ぼくとおれ』(朝倉かすみ)_たったひとつの選択が人生を変える。ってかあ!?

『ぼくとおれ』朝倉 かすみ 実業之日本社文庫 2020年2月15日初版 ぼくとおれ (実業之

記事を読む

『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版 誰にも書ける一冊の本 光文

記事を読む

『孤狼の血』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『孤狼の血』柚月 裕子 角川文庫 2017年8月25日初版 孤狼の血 (角川文庫) 昭和63

記事を読む

『くちなし』(彩瀬まる)_愛なんて言葉がなければよかったのに。

『くちなし』彩瀬 まる 文春文庫 2020年4月10日第1刷 くちなし (文春文庫)

記事を読む

『ここは退屈迎えに来て』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『ここは退屈迎えに来て』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 ここは退屈迎えに来

記事を読む

『つやのよる』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『つやのよる』井上 荒野 新潮文庫 2012年12月1日発行 つやのよる 男ぐるいの女がひと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『かか』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『かか』宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月30日初版

『希望病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『希望病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2020年11月11日初版

『JR上野駅公園口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR上野駅公園口』柳 美里 河出文庫 2017年2月20日初版

『裏アカ』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『裏アカ』大石 圭 徳間文庫 2020年5月15日初刷 裏アカ

『鵜頭川村事件』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『鵜頭川村事件』櫛木 理宇 文春文庫 2020年11月10日第1刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑