『掲載禁止 撮影現場』 (長江俊和)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『掲載禁止 撮影現場』 (長江俊和), 作家別(な行), 書評(か行), 長江利和

『掲載禁止 撮影現場』 長江 俊和 新潮文庫 2023年11月1日 発行

心臓の弱い方はご注意ください 「出版禁止シリーズ 文庫オリジナル

例の支店」 「イップスの殺し屋」 「撮影現場」 「カガヤワタルの恋人など驚愕のどんでん返しミステリー全8編!

不気味な廃墟で言い合いをする二人の男の衝撃的結末 「例の支店」、自分が犯人だと自首してきた男を問い詰めていくなかで進行する奇妙な議論 「哲学的ゾンビの殺人」、カリスマ映画監督の作品に出演した役者が見た、とんでもない光景 「撮影現場」、仕掛けが冴える著者の真骨頂特別書下ろし 「カガヤワタルの恋人」・・・・・・・。怖いのに、読むのが止められない傑作八編。心臓の弱い方は、ご注意ください。解説・真梨幸子 (新潮文庫)

心配しなくて大丈夫。いうほど怖くはありません。というか、怖さの 「質」 が違います。よくよく読めば、あとからゾッとするとかの・・・・・・・ 「クレイジーとかルナティックとか正常ではない状態」 こそが、長江作品を長江作品たらしめている (真梨幸子) - のだと。

- さて、長江さんといえば、「放送禁止」 や 「出版禁止」 などの 「禁止」 ものである。共通するのは、目まぐるしいミスリードとそして大どんでん返し。

私も一応はミステリー作家である。ミスリードにもどんでん返しにもある程度の免疫がある。大抵のものなら、三分の一も読めば、展開と着地を予測することができる。だが、長江さんの小説だけは、ことごとく予想が覆るのだ。

本書でいえば、「例の支店」 「哲学的ゾンビの殺人」 「イップスの殺し屋」 「リヨンとリヲン」 がまさにそれだ。予想した途端に覆る。そんなことがページを捲るごとに続き、へとへとになったところで後頭部を鈍器で殴られたような衝撃のどんでん返し。・・・・・・・うまいなぁ。

伏線の張り方も名人技だ。「ルレの風に吹かれて」 「この閉塞感漂う世界で起きた」 「カガヤワタルの恋人」 は、ラストにたどり着いたあと冒頭を読み返して、「なるほど・・・・・・・」 と唸ってしまう。

そして長江さんといえばモキュメンタリー (フェイクドキュメンタリー)。その色が最も濃いのが 「撮影現場」。実際のリアリティー番組でも似たようなことが行われているんじゃないの?というイヤーなゾワゾワ感にしばらく立ち直れなくなる。(解説より)

さあ、あなたの (知的) 好奇心を満たしてくれる作品は一体どれなんでしょう? 怖さより先に、私はそれが気になります。 

この本を読んでみてください係数 80/100

◆長江 俊和
1966年大阪府吹田市生まれ。映像作家、小説家。深夜番組 「放送禁止」 シリーズは多くの熱狂的なファンを生み出した。

作品 「出版禁止」「ゴーストシステム」「放送禁止」「検索禁止」「東京二十三区女」等

関連記事

『肝、焼ける』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『肝、焼ける』朝倉 かすみ 講談社文庫 2009年5月15日第1刷 31歳になった

記事を読む

『さくら』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『さくら』西 加奈子 小学館 2005年3月20日初版 「この体で、また年を越すのが辛いです。ギブ

記事を読む

『きみの町で』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの町で』重松 清 新潮文庫 2019年7月1日発行 あの町と、この町、あの時

記事を読む

『妻が椎茸だったころ』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『妻が椎茸だったころ』中島 京子 講談社文庫 2016年12月15日第一刷 オレゴンの片田舎で出会

記事を読む

『闘う君の唄を』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『闘う君の唄を』中山 七里 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 新任の教諭として、埼玉県秩父郡の

記事を読む

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 (帯に) 芥川賞作家の謎めくデビュー作、

記事を読む

『硝子の葦』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『硝子の葦』桜木 紫乃 新潮文庫 2014年6月1日発行 今私にとって一番読みたい作家さんです。

記事を読む

『七色の毒』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『七色の毒』中山 七里 角川文庫 2015年1月25日初版 岐阜県出身の作家で、ペンネームが

記事を読む

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1刷 私は 「か

記事を読む

『くもをさがす』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『くもをさがす』西 加奈子 河出書房新社 2023年4月30日初版発行 これはたっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑