『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版


きのうの影踏み (角川文庫)

雨が降る帰り道、後輩の女の子と歩いていて、傘を差した女性とすれ違う。もう遅い時間で、駅まで急いでいたから、普段だったらまず気に留めなかった。

ビニール傘を差した女性の顔を覗きこむ。
透明なビニール傘越しに見る彼女の顔の - 下半分が、なかった。

いつか、真っ黒い、焼け爛れた車を見た時のことを思い出す。下半分がむき出しになって、暗い腐臭のようなものを感じたあの車。あれと、似ていると思った。顎がない状態、と言えばいいのだろうか。鼻の下から先が誰かにむしりとられたように真っ赤な穴になっている。その下から、ほっそりとした首が何ということもなく続いていた。ともかくそれは 「ない」 としか言いようのない状態だった。(後略)

横を歩く後輩の女の子から、「どうしたんですか」 と聞かれ、オレは咄嗟に 「今の見た? 」 と聞いた。彼女は怪訝そうな顔をする。その表情で、彼女は何も気づかなかったのだと悟った。彼女もまた、後ろを振り返る。女性の姿はもう見えなくなっていた。

確かに、こんな時間にどうしたんだろうって気にはなりましたけど
いや、今の女の人、顔が・・・・・・・
え?

おかしなヤツと思われるかもしれない。一瞬言葉を出すのを怯んだ隙をつくように、彼女が

いや、子どもですよね」    と言う。

※13あるうちの5つ目の話 「スィッチ」からの一場面。こんな話(ばかり)が書いてあります。

小学生のころにはやった嫌いな人を消せるおまじない、電車の中であの女の子に出会ってから次々と奇妙な現象が始まり・・・・・・・。虫だと思って殺したら虫ではなかった!? 幼い息子が繰り返し口にする謎のことば「だまだまマーク」って? 横断歩道で事故が続くのはそこにいる女の子の霊が原因? 日常に忍び寄る少しの違和感や背筋の凍る恐怖譚から、温かさが残る救済の物語まで、著者の “怖くて好きなもの” を詰め込んだ多彩な魂の怪異集。(角川文庫)

怖いですよぉ~、一人きりでは決して読まないでください。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


きのうの影踏み (角川文庫)

◆辻村 深月
1980年山梨県笛吹市生まれ。
千葉大学教育学部卒業。

作品 「冷たい校舎の時は止まる」「凍りのくじら」「ぼくのメジャースプーン」「太陽の坐る場所」「鍵のない夢を見る」「ツナグ」「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」「かがみの孤城」他多数

関連記事

『鍵のない夢を見る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『鍵のない夢を見る』辻村 深月 文春文庫 2015年7月10日第一刷 鍵のない夢を見る (文春

記事を読む

『黒い家』(貴志祐介)_書評という名の読書感想文

『黒い家』貴志 祐介 角川ホラー文庫 1998年12月10日初版 黒い家 (角川ホラー文庫)

記事を読む

『回遊人』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『回遊人』吉村 萬壱 徳間書店 2017年9月30日初刷 回遊人 (文芸書) 妻か、妻の友人

記事を読む

『夜蜘蛛』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『夜蜘蛛』田中 慎弥 文春文庫 2015年4月15日第一刷 夜蜘蛛 (文春文庫) &nb

記事を読む

『影踏み』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『影踏み』横山 秀夫 祥伝社 2003年11月20日初版 影踏み (祥伝社文庫) 三月二

記事を読む

『かわいそうだね?』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『かわいそうだね?』 綿矢 りさ 文春文庫 2013年12月10日第一刷 かわいそうだね? (

記事を読む

『GO』(金城一紀)_書評という名の読書感想文 

『GO』 金城 一紀  講談社 2000年3月31日第一刷 @1,400 GO 金城一紀が好

記事を読む

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『谷崎潤一郎犯罪小説集』(谷崎潤一郎)_書評という名の読書感想文

『谷崎潤一郎犯罪小説集』谷崎 潤一郎 集英社文庫 2007年12月20日第一刷 谷崎潤一郎犯罪

記事を読む

『螺旋の手術室』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

『螺旋の手術室』知念 実希人 新潮文庫 2017年10月1日発行 螺旋の手術室 (新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑