『ミセス・ノイズィ』(天野千尋)_書評という名の読書感想文

『ミセス・ノイズィ』天野 千尋 実業之日本社文庫 2020年12月15日初版

ミセス・ノイズィ (実業之日本社文庫)

大スランプ中の小説家・真紀は引っ越し早々、隣家の女・若田がベランダで発する騒音に襲われた。真紀の苦情を物ともせず “音” はエスカレート。執筆は進まず、夫や五歳の娘との関係も悪化。心の平穏を失った真紀は隣人とのいざこざを小説に書いて反撃に出る。作品は評判を呼ぶが、やがてSNSで炎上、ふたりの女の運命を狂わせる大事件へと発展して・・・・・・・。(実業之日本社文庫)

一度は売れた小説家、吉岡真紀の驕りと転落

そう、確かに真紀は売れたのでした。会社勤務の傍らで書いた処女作が、いきなりH新人文学賞を受賞したのは二十六歳の時でした。さらに同年のO文学賞候補にもなり、彼女の人生は大きく舵を切った・・・・・かにみえました。

ところが、事はそう上手くはいきません。二作目はまさに処女作の出がらしで、三作目に至っては見るに堪えない結果 - 気付くと処女作を超えられない自分との、暗く長い戦いが始まっていました。子供を産もうと決めたのは、そんな状況を劇的に変えたい (変えてくれる) と考えたからでした。

引っ越したのは、娘の菜子が五歳になり、前にいた渋谷区のマンションがいよいよ手狭になってきたからでした。田園都市線沿いのとある駅周辺に建つその物件に決めたのは、真紀の強い希望によるものでした。物件は、真紀の創作意欲を大いに掻き立てたのでした。

ところが、ところが -

気に入って引っ越した先のマンションの、たまたま隣の部屋の住人との “相性” が悪かった。隣の部屋の主婦、美和子との “初見” が不味かった。

二人の戦いは、一枚の布団から始まったのでした。

今にして思えば、声を荒げるほどのことではなかったのかもしれません。美和子がベランダで叩く布団の “音” がああまで気に障ったのは、堪えられない騒音に感じたのは、もしかすると、(小説が上手く書けない) 時の真紀の焦りや苛立ちが少なからず影響していたのかもしれません。

しかし現実は、売り言葉に買い言葉。大人げない、聞くに堪えないバトルが続きます。互いが互いをよく知らないままに、ただの思い込みひとつで、戦いはどんどんエスカレートしていきます。

二人の戦いに更に油を注いだのが、真紀のいとこの直哉がしたことでした。面白半分に、直哉は二人が激しく言い争う場面の動画を撮って、断りもなくYouTubeにアップしたのでした。

それだけでもどうかと思うのですが、今度は、直哉は真紀に向かって二人の一連の騒動を
「小説」 にすればいいと言います。「ていうかさ、作家なんだから、そーいうのこそネタにすれば? 」 という軽口に、藁にも縋る思いで、つい乗ってしまうのでした。

これが、美和子夫婦を含んで、ただならぬ事態を招くことになります。

この本を読んでみてください係数 85/100

ミセス・ノイズィ (実業之日本社文庫)

◆天野 千尋
1982年愛知県生まれ。
名古屋大学法学部法律政治学科卒業。映画監督、脚本家。

作品 2009年に映画制作を開始。主な作品に 「さよならマフラー」「フィガロの告白」「ガマゴリ・ネバーアイランド」「どうしても触れたくない」など。19年秋、「ミセス・ノイズィ」 が東京国際映画祭・スプラッシュ部門のワールドプレミアで大反響を呼ぶ。本書はそのノベライズ作品である。(映画は20年12月に公開)

関連記事

『ほろびぬ姫』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ほろびぬ姫』井上 荒野 新潮文庫 2016年6月1日発行 ほろびぬ姫 (新潮文庫) &

記事を読む

『メタモルフォシス』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『メタモルフォシス』羽田 圭介 新潮文庫 2015年11月1日発行 メタモルフォシス (新潮文

記事を読む

『凶獣』(石原慎太郎)_書評という名の読書感想文

『凶獣』石原 慎太郎 幻冬舎 2017年9月20日第一刷 凶獣 神はなぜこのような人間を

記事を読む

『ifの悲劇』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『ifの悲劇』浦賀 和宏 角川文庫 2017年4月25日初版 ifの悲劇 (角川文庫) 小説

記事を読む

『ナキメサマ』(阿泉来堂)_書評という名の読書感想文

『ナキメサマ』阿泉 来堂 角川ホラー文庫 2020年12月25日初版 ナキメサマ (角川ホラ

記事を読む

『ほかに誰がいる』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ほかに誰がいる』朝倉 かすみ 幻冬舎文庫 2011年7月25日5版 ほかに誰がいる (幻冬

記事を読む

『箱庭図書館』(乙一)_書評という名の読書感想文

『箱庭図書館』乙一 集英社文庫 2013年11月25日第一刷 箱庭図書館 (集英社文庫) 僕

記事を読む

『にぎやかな湾に背負われた船』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『にぎやかな湾に背負われた船』小野 正嗣 朝日新聞社 2002年7月1日第一刷 にぎやかな湾に背負

記事を読む

『不時着する流星たち』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『不時着する流星たち』小川 洋子 角川文庫 2019年6月25日初版 不時着する流星

記事を読む

『私の家では何も起こらない』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『私の家では何も起こらない』恩田 陸 角川文庫 2016年11月25日初版 私の家では何も起こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ペインレス 私の痛みを抱いて 上』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス 私の痛みを抱いて 上』天童 荒太 新潮文庫 2021年

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑