『猫を処方いたします。』 (石田祥)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『猫を処方いたします。』 (石田祥), 作家別(あ行), 書評(な行), 石田祥

『猫を処方いたします。』 石田 祥 PHP文芸文庫 2023年8月2日 第1版第7刷

京都を舞台に人と猫の触れ合いを描く、もふもふハートフルストーリー!

大丈夫ですよ、だいたいの悩みは猫で治りますから

京都市中京区の薄暗い路地にある 「中京こころのびょういん」。心の不調を抱えて病院を訪れた患者に、妙にノリの軽い医者が処方するのは、薬ではなく、本物の猫!? 戸惑いながらも、猫を 「服薬」 する患者たち。気紛れで繊細、手がかかるけど愛くるしい猫と暮らすことで、彼らの心も変化していく。そして医者が猫を処方するのには、ある理由があって 。猫と人が紡ぐ、ハートフルストーリー! 文庫書き下ろし。第11回京都本大賞受賞作。(PHP文芸文庫)

家のどこかしらから現れて、近くに来ると一瞬立ち止まる。こちらの案配を確かめるように目と目が合うが、それも一瞬で、身体が自然に反応するからしているだけで、さして意味はない。遠慮らしき素振りも見せはするのだが、実は、することはとうに決めている。

胡坐をかいた私の股の間におさまると、さも当然のようにして目を閉じる。少々のことでは動きません。脱力し、軟体動物のように股に密着した身体からは、熱い体温が伝わってきます。飼った甲斐があると感じる一時ですが、いくら飼い主とはいえ何を根拠に、そこまで気を許すことができるのでしょう。

辛抱しきれず足など動かすと、「なにするねん」 とでも言うようにミャーと鳴きます。そして、寝たいだけ寝ると、(礼も言わずに) さっさとどこかへ姿を消します。

そんな猫が、あなたは好きですか?

私は、好きです。息子がもらってきた猫を、二匹飼っています。

※この物語はハートフルなだけではありません。ちょっとホラーで、ちょっと切ない。そんな内容も含まれています。いずれにせよ、猫好きには見逃せない一冊です。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆石田 祥
1975年京都府生まれ。高校卒業後、金融会社に入社し、のちに通信会社勤務の傍ら小説の執筆を始める。

作品 「トマトの先生」「ドッグカフェ・ワンノワール」シリーズ、「元カレの猫を、預かりまして。」「夜は不思議などうぶつえん」等

関連記事

『凶獣』(石原慎太郎)_書評という名の読書感想文

『凶獣』石原 慎太郎 幻冬舎 2017年9月20日第一刷 神はなぜこのような人間を創ったのか?

記事を読む

『七怪忌』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『七怪忌』最東 対地 角川ホラー文庫 2021年4月25日初版 この学校に伝わる七

記事を読む

『無理』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『無理』奥田 英朗 文芸春秋 2009年9月30日第一刷 〈ゆめの市〉は、「湯田」「目方」「

記事を読む

『ママナラナイ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ママナラナイ』井上 荒野 祥伝社文庫 2023年10月20日 初版第1刷発行 いつだって、

記事を読む

『君が手にするはずだった黄金について』(小川哲)_書評という名の読書感想文

『君が手にするはずだった黄金について』小川 哲 新潮社 2023年10月20日 発行 いま最

記事を読む

『猫を拾いに』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『猫を拾いに』川上 弘美 新潮文庫 2018年6月1日発行 誕生日の夜、プレーリードッグや地球外生

記事を読む

『夜の側に立つ』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『夜の側に立つ』小野寺 史宜 新潮文庫 2021年6月1日発行 恋、喪失、秘密。高

記事を読む

『かか』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『かか』宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月30日初版 19歳の浪人生うー

記事を読む

『ぬるくゆるやかに流れる黒い川』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『ぬるくゆるやかに流れる黒い川』櫛木 理宇 双葉文庫 2021年9月12日第1刷

記事を読む

『僕の神様』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『僕の神様』芦沢 央 角川文庫 2024年2月25日 初版発行 あなたは後悔するかもしれない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑