『グラジオラスの耳』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『グラジオラスの耳』井上 荒野 光文社文庫 2003年1月20日初版

41YJP9Y9PCL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_
グラジオラスの耳

 

単行本の刊行は1991年5月、井上荒野の第1創作集です。表題作「グラジオラスの耳」の他、「暗い花柄」「わたしのヌレエフ」「楽天ちゃん追悼」「ビストロ・チェリイの蟹」といった作品が収められています。

その中でも特に私が読みたかったのが「わたしのヌレエフ」という短編で、これは1989年、『季刊フェミナ』の創刊号に掲載された、第1回フェミナ賞受賞作品です。

選考委員の一人、大庭みな子氏の選評はこうです。

「わたしのヌレエフ」の文学的感性は見逃せない。作者井上さんは、小説以外では表現しにくい微妙なものを汲み上げる力がある人のように思える。難なく上手い作品というのではなく、文学的気負いもある。妙に生々しく若い肌の匂いがまといつく場面が鮮やかである。

早々に井上荒野にある生来の文学的感性を見抜き、「妙に生々しく若い肌の匂いがまといつく場面が鮮やか」とは実に的を得た評で、以来今日に至るまでの彼女の作品をすべからく予見しているようでみごとという他ありません。

その、「わたしのヌレエフ」から -

夏子の不倫相手、彼女が通う太極拳教室のインストラクター・南と二人して、彼女がこの夏着る水着を選ぼうと、待ち合わせた喫茶店と同じビルにあるスポーツ用品売り場へ行ったときの話。

〈マーメイド・フェア〉と銘打った極彩色の垂れ幕がいくつも下がった水着売り場で、夏子はまず三着の水着を選び出します。一つは真っ白なワンピース、二番目は黒地に白い小さな花柄、三番目はオレンジ色のニットで、細かい縄編みがいくつも入っています。

黒いのがいいな、と南は言います。忙しそうな女店員に手振りだけで示された、にわか作りらしい薄いベニア板の更衣室で夏子は服を脱ぎます。入りくんだ壁に遮られた薄暗い照明の下でさえも去年の日焼けのあとははっきりと鏡に映ります。白い小花模様の水着は、それとほぼぴったりと重なります。

「格好いいじゃない、なかなか」
「やっぱりこれがいいみたい」
少し離れたところで腕組みする南を、夏子は手を振って呼んだ。肩紐をずらして見せる本当の意味など、彼にはとうていわからぬだろう。(作中より抜粋)

おそらく、夏子が考えるように南は何ほどのことも思ってはいないのでしょう。付き合ってまだ間もない頃ならまだしも、逢瀬を重ね、その上中絶手術の直後などであったとしたら、南は南で、夏子もまた夏子で、それまでとは違うふうにしか互いを見られなくなった後の日のことです。

「肩紐をずらして見せる」ことの意味がどうであるかを言いたいのではなく、伝えたいのは夏子がその時確かにそう思ったということ - 特別な男を間近にして肌身を晒して見せるような状況にありながら、既に心は乾いたなりで遠く離れてしまっているということ、

その様子をして、決してそうではないのに、井上荒野はおよそ大したことではないように言って退けます。そのさり気のなさにこそ感応し、匂い立つ色香を感じるのだと思います。

ついでに言うと、この小説の書き出しがとても気に入っています。

妙な話だが、それははじめて海を見たときの記憶とどうしても重なる気がした。五歳の夏の日、公団住宅B号棟の最上階へ行く階段に夏子を連れこんで太腿の間に手を差し入れてきた男は、昨日中国から帰ってきたばかりだと言った。中国へ猿を買いに行っていたというのだった。

こんなふうに始まる物語は、中国から帰ってきたばかりの男とはまるで関係なしに進んでゆきます。しかしそれは読んだからこそ分かることで、まだ先を知らない読者なら次に何があるかがきっと知りたくなるはずです。こんなふうに書かれて読まないでおく方がどうかしている - そうは思えないでしょうか?

 

この本を読んでみてください係数 85/100

41YJP9Y9PCL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_
グラジオラスの耳

◆井上 荒野
1961年東京都生まれ。
成蹊大学文学部英米文学科卒業。

作品 「潤一」「夜をぶっとばせ」「そこへ行くな」「ほろびぬ姫」「もう切るわ」「しかたのない水」「切羽へ」「夜を着る」「雉猫心中」「結婚」他多数

関連記事

『角の生えた帽子』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『角の生えた帽子』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年11月25日初版 角の生えた帽子

記事を読む

『高校入試』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『高校入試』湊 かなえ 角川文庫 2016年3月10日初版 高校入試 (角川文庫) &n

記事を読む

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 藻屑蟹 (徳間文庫) 一号機

記事を読む

『それを愛とまちがえるから』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『それを愛とまちがえるから』井上 荒野 中公文庫 2016年3月25日初版 それを愛とまちがえ

記事を読む

『国道沿いのファミレス』(畑野智美)_書評という名の読書感想文

『国道沿いのファミレス』畑野 智美 集英社文庫 2013年5月25日第一刷 国道沿いのファミレ

記事を読む

『緋い猫』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『緋い猫』浦賀 和宏 祥伝社文庫 2016年10月20日初版 緋い猫 (祥伝社文庫) 17歳

記事を読む

『凶獣』(石原慎太郎)_書評という名の読書感想文

『凶獣』石原 慎太郎 幻冬舎 2017年9月20日第一刷 凶獣 神はなぜこのような人間を

記事を読む

『風に舞いあがるビニールシート』(森絵都)_書評という名の読書感想文

『風に舞いあがるビニールシート』森 絵都 文春文庫 2009年4月10日第一刷 風に舞いあがる

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 ケーキの切れ

記事を読む

『個人教授』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『個人教授』佐藤 正午 角川文庫 2014年3月25日初版 個人教授 (角川文庫) 桜の花が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑