『スモールワールズ』(一穂ミチ)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『スモールワールズ』(一穂ミチ), 一穂ミチ, 作家別(あ行), 書評(さ行)

『スモールワールズ』一穂 ミチ 講談社文庫 2023年10月13日 第1刷発行

2022年本屋大賞第3位 第43回吉川英治文学新人賞! 共感と絶賛の声を集めた宝物のような1冊。

ままならない、けれど愛おしい小さな世界 たち。

夫婦、親子、姉弟、先輩と後輩、知り合うはずのなかった他人 - 書下ろし掌篇を加えた、七つの 「小さな世界」。生きてゆくなかで抱える小さな喜び、もどかしさ、苛立ち、諦めや希望を丹念に掬い集めて紡がれた物語が、読む者の心の揺らぎにも静かに寄り添ってゆく。吉川英治文学新人賞受賞、珠玉の短編集。(講談社文庫)

各篇どれもが面白い。ちょっと考えさせられたり、意表をつかれたり。上手いという他ありません。また一人、続けて読みたいと思う作家ができました。

収録作は七篇。

一篇目の 『ネオンテトラ』 の主人公は、妊娠を望みながら、浮気疑惑のある夫と表向きは円満な夫婦として日々を暮らす女性。ある日、親からの暴力と隣り合わせな環境で生きる男子中学生と出会い、彼女は彼と近所のコンビニで落ち合うようになる。

二篇目は、とある事情で前の高校をやめ、実家に戻った弟のもとに、これまたある秘密を抱えて出戻ってきた 「えらく体格のいい」 姉がともに暮らす時間を描く 『魔王の帰還』。「魔王」 とは、この姉 「真央」 のあだ名である。

三篇目の 『ピクニック』 は、母と娘とその夫、夫の両親、そして半年前に生まれたばかりの赤ちゃんとのピクニックを心待ちにする、一風変わった語りの冒頭からスタートする。生まれたばかりの孫と祖母たち、という幸せそうな彼らには、それまでどんな物語があったのか。

四篇目の 『花うた』 は、往復書簡の形式で語られるある男女の人生の話。やり取りされる手紙を通じて、彼らが過ごした長い年月が語られる。

五篇目 『愛を適量』 では、さえない教師として変わり映えのしない毎日を送る父のもとに、かつて向き合うことのないままに別れた子どもが成長して訪ねてくる物語。

そして (六篇目)、『式日』。知り合ってから今日まで、相手を尊重するあまりに大切な話に踏み込まずにきた先輩と後輩が、束の間の短い旅を通じて、初めて、そして改めて互いを見つめる一日を描く。

最後に収録された 『スモールスパークス』 は、文庫化にあたり一穂さんが書きおろした掌篇。短い中に、小さな光と長い人生の象徴的な一瞬が弾け、静かな余韻が残る一篇だ。(解説より by 辻村深月 )

※読んでほしいと思う一番は、第二篇 「魔王の帰還」。おそらく、一度読めば忘れることができません。たとえ話のほとんどを忘れたとしても、腹を抱えて笑ったこと、最後に泣いたこと、それは覚えているに違いありません。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆一穂 ミチ
1978年大阪府生まれ。
関西大学卒業。

作品 「雪よ林檎の香のごとく」「イエスかノーか半分か」「光のとこにいてね」「パラソルでパラシュート」「うたかたモザイク」「砂嵐に星屑」他多数

関連記事

『罪の轍』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『罪の轍』奥田 英朗 新潮社 2019年8月20日発行 奥田英朗の新刊 『罪の轍』

記事を読む

『業苦 忌まわ昔 (弐)』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『業苦 忌まわ昔 (弐)』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2020年6月25日初版

記事を読む

『金魚姫』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『金魚姫』荻原 浩 角川文庫 2018年6月25日初版 金魚の歴史は、いまを遡ること凡そ千七百年前

記事を読む

『合意情死 がふいしんぢゆう』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『合意情死 がふいしんぢゆう』岩井 志麻子 角川書店 2002年4月30日初版 「熊」とあだ名

記事を読む

『公園』(荻世いをら)_書評という名の読書感想文

『公園』荻世 いをら 河出書房新社 2006年11月30日初版 先日、丹下健太が書いた小説 『青

記事を読む

『ツタよ、ツタ』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ツタよ、ツタ』大島 真寿美 小学館文庫 2019年12月11日初版 (注) 小説で

記事を読む

『琥珀のまたたき』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『琥珀のまたたき』小川 洋子 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 もう二度と

記事を読む

『三度目の恋』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『三度目の恋』川上 弘美 中公文庫 2023年9月25日 初版発行 そんなにも、彼が好きなの

記事を読む

『文身』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『文身』岩井 圭也 祥伝社文庫 2023年3月20日初版第1刷発行 この小説に書か

記事を読む

『死んでもいい』(櫛木理宇)_彼ら彼女らの、胸の奥の奥

『死んでもいい』櫛木 理宇 早川書房 2020年4月25日発行 「ぼくが殺しておけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑