『背高泡立草』(古川真人)_草刈りくらいはやりますよ。

公開日: : 最終更新日:2024/01/08 『背高泡立草』(古川真人), 作家別(は行), 古川真人, 書評(さ行)

『背高泡立草』古川 真人 集英社 2020年1月30日第1刷

草は刈らねばならない。そこに埋もれているのは、納屋だけではないから。

大村奈美は、母の実家・吉川家の納屋の草刈りをするために、母、伯母、従姉妹とともに福岡から長崎の島に向かう。吉川家には 〈古か家〉 と 〈新しい方の家〉 があるが、祖母が亡くなり、いずれも空き家になっていた。奈美は二つの家に関して、伯父や祖母の姉に話を聞く。吉川家は 〈新しい方の家〉 が建っている場所で戦前は酒屋をしていたが、戦中に統制が厳しくなって廃業し、満州に行く同じ集落の者から家を買って移り住んだという。それが 〈古か家〉 だった。島にはいつの時代も、海の向こうに出ていく者や、海からやってくる者があった。江戸時代には捕鯨が盛んで蝦夷でも漁をした者がおり、戦後には故郷の朝鮮に帰ろうとして船が難破し、島の漁師に救助された人々がいた。時代が下って、カヌーに乗って鹿児島からやってきたという少年が現れたこともあった。草に埋もれた納屋を見ながら奈美は、吉川の者たちと二つの家の上に流れた時間、これから流れるだろう時間を思うのだった。〈古か家〉 の人々が生きた時間を描く、第162回芥川賞受賞作。(集英社)

古川真人の 『背高泡立草』 を読みました。

正直に言いますと、「草は刈らねばならない」 とは、如何にも大仰な - そんな感じを受けました。

大層不思議だったのは物語の冒頭、今も島にぽつんと残る、もはや無用の長物でしかない納屋の周辺の草刈りをすることについて、するのは当然だという母に対し、それが無駄に無駄を重ねるような行いに思え、あくまで (草刈りを) する理由がわからないと主張する奈美との対立です。

奈美は、わざわざ休みの日に島まで出っ張って、母や伯母や伯父が納屋の周囲の草を刈る理由が、ほんとうにわからないのでしょうか? 十分大人であるにもかかわらず、奈美には、母の気持ちが理解できないのでしょうか? 

島であろうとなかろうと、田舎で暮らす者からすれば、草刈りぐらいは普通にやるもんですよ。納屋であろうとなかろうと、それが自分の、かつて家族が暮らした場所に依るものだとしたら、その周辺をも放置してはおけない母の気懸かりになぜ思い至らないのでしょう? 

島へ行くのに、何かそれらしき事情を作りたかったのでしょう。が、そこが腑に落ちません。

※草刈りの合間合間に語られる 「昔あった島の話」 は、どれもが大変興味深く読めました。草刈りを主軸に置くのではなく、こっちをメインにすればよかったのに。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆古川 真人
1988年福岡県福岡市生まれ。
國學院大學文学部中退。

作品 2016年 「縫わんばならん」 で第48回新潮新人賞を受賞してデビュー、同作で第156回芥川賞候補に。その後、第二作 「四時過ぎの船」、第四作 「ラッコの家」 と芥川賞候補に。2020年、第五作となる本作で第162回芥川賞受賞

関連記事

『セイレーンの懺悔』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『セイレーンの懺悔』中山 七里 小学館文庫 2020年8月10日初版 不祥事で番組

記事を読む

『スメル男 (新装版)』(原田宗典)_書評という名の読書感想文

『スメル男 (新装版)』原田 宗典 講談社文庫 2021年1月15日第1刷 「腐っ

記事を読む

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』羽田 圭介 講談社文庫 2018年11月15日第一刷

記事を読む

『死んでもいい』(櫛木理宇)_彼ら彼女らの、胸の奥の奥

『死んでもいい』櫛木 理宇 早川書房 2020年4月25日発行 「ぼくが殺しておけ

記事を読む

『誘拐』(本田靖春)_書評という名の読書感想文

『誘拐』本田 靖春 ちくま文庫 2005年10月10日第一刷 東京オリンピックを翌年にひかえた19

記事を読む

『花びらめくり』(花房観音)_書評という名の読書感想文

『花びらめくり』花房 観音 新潮文庫 2021年12月25日4刷 「誘ってきたのは

記事を読む

『御不浄バトル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『御不浄バトル』羽田 圭介 集英社文庫 2015年10月25日第一刷 僕が入社したのは、悪徳ブ

記事を読む

『錆びる心』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『錆びる心』桐野 夏生 文芸春秋 1997年11月20日初版 著者初の短編集。常はえらく長い小

記事を読む

『喧嘩(すてごろ)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『喧嘩(すてごろ)』黒川 博行 角川書店 2016年12月9日初版 「売られた喧嘩は買う。わしの流

記事を読む

『十字架』(重松清)_書評という名の読書感想文

『十字架』重松 清 講談社文庫 2012年12月14日第一刷 いじめを苦に自殺したあいつの遺書

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑