『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』滝口 悠生 新潮文庫 2018年4月1日発行


ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス (新潮文庫)

東北へのバイク旅行。美術準備室でのできごと。そしてジミヘンのギター。2001年の秋からいくつかの蛇行を経て2011年の春までをつなぐ、頼りなくもかけがえのない、やわらかな記憶の連なり --。人と世界へのあたたかいまなざしと、緻密で大胆な語りが融合した、記憶と時間をめぐる傑作小説。第153回芥川賞候補作。(新潮社webサイトより)

この物語の主人公であり、語り手でもある「私」と新之助は、ある事をきっかけに、三階にある美術準備室に通い詰めるようになります。それは二学期になってからもそうで、放課後はもちろん、授業をさぼって午前中からの時もありました。

房子が授業をしている間は、マンガを読んだり音楽を聴いたりしています。準備室には本やCDが散乱し、船木先生のものらしいアコースティックギターが置いてあります。船木先生のCDはロックもジャズもブルースもあり、ほとんどが60年代と70年代のものでした。

その頃二人が惹かれたのは激しくてどこか狂っているように思える音や曲で、私と新之助は特に、ジミヘンやレッドツェッペリンを好んで聴きました。- 二人は高校生。房子とは、二人が通う高校の美術講師・富士房子先生のことです。

左利きのジミ・ヘンドリクスは、右利き用のギターの弦を逆さに張り替えて弾いた。上下逆さまに抱えられたギターは、本来いちばん細い弦が張られるべきところにいちばん太い弦が張られ、いちばん太い弦が張られるところにいちばん細い弦が張られた。振動を拾うピックアップも、本来の弦の並びに合わせて配置されているから、その指向性も設計時の想定から大きく狂うことになる。

さらに、ジミ・ヘンドリクスは弦のテンションを操作するアームを極端に激しく動かし、音を変化させた。そのため彼のギターはすぐにチューニングが狂った。ギターをアンプに近づけたり、ギター自体を揺らしたりすることで、アンプから発された音にギターが共振して起こるフィードバックノイズを起こし、それを演奏に取り入れた。(P32.33)

あてのないバイク旅。高校の美術の臨時講師の、裸の房子。そこにあったギターと、そこで出会ったジミヘン - 時を経てさらに記憶は曖昧に、しかし尚確固たる思いとして消えることがありません。

船木先生と房子はできている。私がひと目もはばからず美術準備室に入り浸っていると、訳知り顔でそんなことを私に告げてくる同級生たちがいたが、そんなことはどうでもよかった。房子がすることを周りがどうこう言うのは馬鹿馬鹿しいし無駄だと思った。船木先生とできていようが、いまいが、そんな噂がたつことそれ自体が房子らしくて最高だ。

たしかに内心には激しい嫉妬がわきあがりもするのだったが、そんな切なさや苦しさなんかあの頃はいくらでも自分の周りに溢れていた。今だったら耐えられそうもない悩みや後悔や嫉妬や劣等感や自己嫌悪が、渦巻いている毎日だった。きっと誰もが似たようなものだった。(P35.36)

確かなはずのものが、今はもう像さえ結ばない。永遠に感じたそれは・・・・・・・、あれは、私に何を齎したのだろうかと。

その頃の私の世界は、私と房子と新之助がほとんどすべてだったから、我々と言えばその三人で、その三人はそれぞれに違うと言っても、そんなにたいして違いはなくて、同じところから来て、同じところに行く、同じ者だと思っていた。

あとから考えればそんなのは浅はかだけれど、あとから考えてどう思うかはその時には関係ないし、当たり前だけどわからなかった。浅はかだったならその浅はかさがその時で、それが哀れなら哀れなのがその時だったが、浅はかとも哀れとも気づかずに、いやそんなことは全然考えもせずに、その時自分は不足や不満も抱えながら満ち満ちに満ちていた。(P37)

原付バイクと伝説のギターが呼び覚ます、19歳の俺の物語。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス (新潮文庫)

◆滝口 悠生
1982年東京都八丈町生まれ。埼玉県入間市出身。
早稲田大学第二文学部中退。

作品 「寝相」「愛と人生」「死んでいない者」「茄子の輝き」「高架線」など

関連記事

『水声』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『水声』川上 弘美 文春文庫 2017年7月10日第一刷 水声 (文春文庫) 1996年、わ

記事を読む

『死ねばいいのに』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『死ねばいいのに』京極 夏彦 講談社 2010年5月15日初版 文庫版 死ねばいいのに (講談

記事を読む

『つけびの村』(高橋ユキ)_最近話題の一冊NO.1

『つけびの村』高橋 ユキ 晶文社 2019年10月30日4刷 つけびの村  噂が5人を殺した

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 煩悩の子 (双葉文庫) 桐生極

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 猿の見る夢 薄井正明、59歳。元

記事を読む

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版 死者のための音楽 (角

記事を読む

『スリーピング・ブッダ』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『スリーピング・ブッダ』早見 和真 角川文庫 2014年8月25日初版 スリーピング・ブッダ

記事を読む

『甘いお菓子は食べません』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『甘いお菓子は食べません』田中 兆子 新潮文庫 2016年10月1日発行 甘いお菓子は食べませ

記事を読む

『森の家』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『森の家』千早 茜 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 森の家 (講談社文庫) 自由の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑