『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

公開日: : 最終更新日:2024/01/08 『犬』(赤松利市), 作家別(あ行), 書評(あ行), 赤松利市

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷

大阪でニューハーフ店 「さくら」 を営む桜は63歳のトランスジェンダーだ。23歳で同じくトランスジェンダーの美少女・沙希を店員として雇い、慎ましくも豊かな日々を送っていた。今さらと思いながらも、女の幸せを忘れられない桜は、気を惹くために、安藤から持ち掛けられた儲け話に乗ることを決意。老後のためにコツコツ貯めた、なけなしの1千万円を用意するが・・・・・・・。

女、男、老、金・・・・・・・。
尽きぬ悩みを足掻く力とは。鬼才が放つ狂乱の疾走劇。
大阪発。愛と暴力の旅が、今、始まった。
嬲り、嬲られ、愛に死ね! 
(徳間書店)

読書メーターに、実に的を得た感想を見つけました。縷々私が書くよりも、まずはそれを読んでみてください。”パット長月” さんからの投稿です。

著者は二作目。グロい・・・・・・・が、やっぱりおもしろかった。還暦過ぎて器量と身体の劣化に苦しむMtFの桜、彼女? を母と慕う20代前半の若くて美しいMtFサキッチョ、老境に入ってもなお両刀使いで変態ドSクズ野郎の安藤の間で展開する凄まじい暴力・凌辱・そしてじんとくる親子? の愛と絆の物語。純子 もそうだったが、外道 (「純子 のウ〇コに対して今回は痛そうな肛姦が主要パーツと人情が奇妙に同居しつつも、ハッピーエンドで締めてくれるせいか、結局のところ最後は人情のほうに傾いて気分よく読了した。たいした力量である。

“気分よく読了した” パット長月さんこそ、なかなかの力量である。そう思うのは、読後間もない私だからでしょうか。

確かに、ハッピーエンドであるには違いありません。但し、そこへ行く着くまでに繰り返し見せられる一切容赦のない暴力や狂気の果ての凌辱に、はたしてあなたは堪えられるでしょうか? 気分が悪くなったりはしないでしょうか。

見てもいない光景が目に焼き付いて、嗅ぎもしない臭いが鼻に付き、桜や沙希の痛みをわが身に感じ、あまりのおぞましさに、読むのを止めはしないでしょうか。それが心配です。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆赤松 利市
1956年香川県生まれ。

作品 「藻屑蟹」「鯖」「らんちう」「ボダ子」「純子」等

関連記事

『男ともだち』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『男ともだち』千早 茜 文春文庫 2017年3月10日第一刷 29歳のイラストレーター神名葵は関係

記事を読む

『花や咲く咲く』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『花や咲く咲く』あさの あつこ 実業之日本社文庫 2016年10月15日初版 昭和18年、初夏。小

記事を読む

『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷 舞台は、アパートの一室。別々

記事を読む

『リバース&リバース』(奥田亜希子)_書評という名の読書感想文

『リバース&リバース』奥田 亜希子 新潮文庫 2021年4月1日発行 大切なものは

記事を読む

『アズミ・ハルコは行方不明』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『アズミ・ハルコは行方不明』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2015年10月20日初版 グラフィテ

記事を読む

『おとぎのかけら/新釈西洋童話集』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『おとぎのかけら/新釈西洋童話集』千早 茜 集英社文庫 2013年8月25日第一刷 母親から育児放

記事を読む

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版 ママがずっと

記事を読む

『沈黙』(遠藤周作)_書評という名の読書感想文

『沈黙』遠藤 周作 新潮文庫 1981年10月15日発行 島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシ

記事を読む

『スモールワールズ』(一穂ミチ)_書評という名の読書感想文

『スモールワールズ』一穂 ミチ 講談社文庫 2023年10月13日 第1刷発行 2022年本

記事を読む

『ナオミとカナコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『ナオミとカナコ』奥田 英朗 幻冬舎文庫 2017年4月15日初版 望まない職場で憂鬱な日々を送る

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑