『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷

犬 (文芸書)

大阪でニューハーフ店 「さくら」 を営む桜は63歳のトランスジェンダーだ。23歳で同じくトランスジェンダーの美少女・沙希を店員として雇い、慎ましくも豊かな日々を送っていた。今さらと思いながらも、女の幸せを忘れられない桜は、気を惹くために、安藤から持ち掛けられた儲け話に乗ることを決意。老後のためにコツコツ貯めた、なけなしの1千万円を用意するが・・・・・・・。

女、男、老、金・・・・・・・。
尽きぬ悩みを足掻く力とは。鬼才が放つ狂乱の疾走劇。
大阪発。愛と暴力の旅が、今、始まった。
嬲り、嬲られ、愛に死ね! 
(徳間書店)

読書メーターに、実に的を得た感想を見つけました。縷々私が書くよりも、まずはそれを読んでみてください。”パット長月” さんからの投稿です。

著者は二作目。グロい・・・・・・・が、やっぱりおもしろかった。還暦過ぎて器量と身体の劣化に苦しむMtFの桜、彼女? を母と慕う20代前半の若くて美しいMtFサキッチョ、老境に入ってもなお両刀使いで変態ドSクズ野郎の安藤の間で展開する凄まじい暴力・凌辱・そしてじんとくる親子? の愛と絆の物語。純子 もそうだったが、外道 (「純子 のウ〇コに対して今回は痛そうな肛姦が主要パーツと人情が奇妙に同居しつつも、ハッピーエンドで締めてくれるせいか、結局のところ最後は人情のほうに傾いて気分よく読了した。たいした力量である。

“気分よく読了した” パット長月さんこそ、なかなかの力量である。そう思うのは、読後間もない私だからでしょうか。

確かに、ハッピーエンドであるには違いありません。但し、そこへ行く着くまでに繰り返し見せられる一切容赦のない暴力や狂気の果ての凌辱に、はたしてあなたは堪えられるでしょうか? 気分が悪くなったりはしないでしょうか。

見てもいない光景が目に焼き付いて、嗅ぎもしない臭いが鼻に付き、桜や沙希の痛みをわが身に感じ、あまりのおぞましさに、読むのを止めはしないでしょうか。それが心配です。

この本を読んでみてください係数 85/100

犬 (文芸書)

◆赤松 利市
1956年香川県生まれ。

作品 「藻屑蟹」「鯖」「らんちう」「ボダ子」「純子」等

関連記事

『夫婦一年生』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夫婦一年生』朝倉 かすみ 小学館文庫 2019年7月21日第2刷発行 夫婦一年生 (小学館

記事を読む

『失はれる物語』(乙一)_書評という名の読書感想文

『失はれる物語』乙一 角川文庫 2006年6月25日初版 失はれる物語 (角川文庫) 目覚め

記事を読む

『琥珀のまたたき』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『琥珀のまたたき』小川 洋子 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 琥珀のまたたき (講

記事を読む

『アポロンの嘲笑』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『アポロンの嘲笑』中山 七里 集英社文庫 2022年6月6日第7刷 東日本大震災直後

記事を読む

『星の子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『星の子』今村 夏子 朝日新聞出版 2017年6月30日第一刷 星の子 林ちひろは中学3年生

記事を読む

『暗幕のゲルニカ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『暗幕のゲルニカ』原田 マハ 新潮文庫 2018年7月1日発行 暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

記事を読む

『奴隷商人サラサ/生き人形が見た夢』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『奴隷商人サラサ/生き人形が見た夢』大石 圭 光文社文庫 2019年2月20日初版 奴隷商人

記事を読む

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日第2刷 逢魔が時に会いま

記事を読む

『ギブ・ミー・ア・チャンス』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『ギブ・ミー・ア・チャンス』荻原 浩 文春文庫 2018年10月10日第1刷 ギブ・ミー・ア

記事を読む

『大きな鳥にさらわれないよう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『大きな鳥にさらわれないよう』川上 弘美 講談社文庫 2019年10月16日第1刷 大きな鳥

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

『ハレルヤ』(保坂和志)_書評という名の読書感想文

『ハレルヤ』保坂 和志 新潮文庫 2022年5月1日発行

『鞠子はすてきな役立たず』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『鞠子はすてきな役立たず』山崎 ナオコーラ 河出文庫 2021年8月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑