『あむんぜん』(平山夢明)_書評という名の読書感想文

『あむんぜん』平山 夢明 集英社文庫 2022年7月25日第1刷

時に荒唐無稽 時に清浄無垢 あの賞 (M・S賞) の金賞受賞断念!! の問題短編集

とんでもなく尊いものと果てしなくくだらないものが列を作ってジェンカを踊っている」- 杉江松恋氏、驚愕!!

みんな生きている。例えばチンパンジーに後穴の純潔を奪われたとしても (「GangBang The Chinpanzee)、前人未到、脳大陸発見の遊びに夢中になっても (「あむんぜん」)、ウンゲロの末、透明になっても (「千々石ミゲルと殺し屋バイブ」)、捜査方法が異端でも (「報恩捜査官夕鶴」)、推しがどぷゅリンでも (「ヲタポリス」)、どっこいみんな生きている。この欄の意味がわかるためには、読むしかない。鬼才の描く圧倒的悲喜劇! (集英社文庫)

読み出すと 「これは一体何なんだ? 」 と思うに違いありません。荒唐無稽で奇天烈で、そのうえお下劣で・・・・・・・、自分はいま何を読まされているのだろうと。大丈夫か? 貴重な時間を無駄にしてはいないだろうか、と。

現に私がそうでした。それが杞憂に過ぎたのは、6編ある中の、表題作 「あむんぜん」 を読み、”これは違う。これはただものではない” と感じたときでした。

(以下は、杉江松恋氏の解説にある 「あむんぜん」 についての文章からの引用です)

表題作に触れずにここまできたが、少年の日々を回顧する物語を得意とするスティーブン・キングが、ダニエル・キイス 『アルジャーノンに花束を』 を悪い薬をやりながら読んで影響を受けた後で書いたような作品だ。

「あむんぜん」 という題名は、作中登場人物の家が 「アムンゼン靴店」 を経営している、というところからつけられたものだが、おそらく新宿 「ワシントン靴店」 からの連想で、深い意味はまったくないはずだ。

やはり弱者を嬲る暴力と、愚かな者が愚かなりにそれに対処して生きていくさまが描かれるが、作中にとても好きな一文がある。「おふくろが赤ん坊の頭ぐらいあるハンバーグを作ってくれた」 というのがそれで、ここだけ抜き出すと何がなんだかわからないと思うが、前後の文脈を踏まえながら読むと涙腺を崩壊させる破壊力のある文章と化すのだ。

こういうことを、死ぬほどくだらないギャグと並行してやってくるから平山夢明は困るのである。困るよ。

繰り返しになりますが、話は 「荒唐無稽で奇天烈で、加えてお下劣で」 あることには変わりありません。

但し、それだけでは終わりません。いじめがあり、友情があり、暴力があり、家族の不幸があり、不幸中の幸いで、生き延びた少年が見る夢があります。少年の友の同級生もまた不幸せで、父は母を殴ってばかりいます。母が大きな大きなハンバーグを作ってくれたのは、父が留守の日のことでした。

[目次]
GangBang The Chinpanzee
あむんぜん
千々石ミゲルと殺し屋バイブ
あんにゅい野郎のおぬるい壁
報恩捜査官夕鶴
ヲタポリス

この本を読んでみてください係数 85/100

◆平山 夢明
1961年神奈川県川崎市生まれ。
法政大学中退。

作品 「異常快楽殺人」「SINKER - 沈むもの」「メルキオールの惨劇」「独白するユニバーサル横メルカトル」「ダイナー」他多数

関連記事

『絶叫』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『絶叫』葉真中 顕 光文社文庫 2019年3月5日第7刷 絶叫 (光文社文庫) - 私

記事を読む

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日第2刷 逢魔が時に会いま

記事を読む

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 犬 (文芸書) 大阪でニューハー

記事を読む

『緋い猫』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『緋い猫』浦賀 和宏 祥伝社文庫 2016年10月20日初版 緋い猫 (祥伝社文庫) 17歳

記事を読む

『蟻の棲み家』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『蟻の棲み家』望月 諒子 新潮文庫 2021年11月1日発行 誰にも愛されない女がふ

記事を読む

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』山田 詠美 幻冬社 2013年2月25日第一刷

記事を読む

『おはなしして子ちゃん』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『おはなしして子ちゃん』藤野 可織 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 おはなしして子ちゃ

記事を読む

『愛なんて嘘』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『愛なんて嘘』白石 一文 新潮文庫 2017年9月1日発行 愛なんて嘘 (新潮文庫) 結婚や

記事を読む

『悪寒』(伊岡瞬)_啓文堂書店文庫大賞ほか全国書店で続々第1位

『悪寒』伊岡 瞬 集英社文庫 2019年10月22日第6刷 悪寒 (集英社文庫) 男は

記事を読む

『蟻の菜園/アントガーデン』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『蟻の菜園/アントガーデン』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月25日初版 蟻の菜園 ‐アン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『改良』(遠野遥)_書評という名の読書感想文

『改良』遠野 遥 河出文庫 2022年1月20日初版発行

『丸の内魔法少女ミラクリーナ』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『丸の内魔法少女ミラクリーナ』村田 沙耶香 角川文庫 2023年2月

『雨のなまえ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『雨のなまえ』窪 美澄 光文社文庫 2022年8月20日2刷発行

『くもをさがす』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『くもをさがす』西 加奈子 河出書房新社 2023年4月30日初版発

『悪口と幸せ』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『悪口と幸せ』姫野 カオルコ 光文社 2023年3月30日第1刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑