『静かに、ねぇ、静かに』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『静かに、ねぇ、静かに』本谷 有希子 講談社 2018年8月21日第一刷


静かに、ねぇ、静かに

芥川賞受賞から2年、本谷有希子が描くSNS狂騒曲! 

海外旅行でインスタにアップする写真で “本当” を実感する僕たち、ネットショッピング依存症から抜け出せず夫に携帯を取り上げられた妻、自分たちだけの “印” を世間に見せるために動画撮影をする夫婦 - 。SNSに頼り、翻弄され、救われる私たちの空騒ぎ。(帯文より)

本当の旅」 「奥さん、犬は大丈夫だよね? 」 「でぶのハッピーバースデー」 の3話収録。

元来そういう作風ではあるのですが、「諷刺」 だけでは済まされない、あるいは (身につまされて) 笑うに笑えない話ばかりが書いてあります。他人事ならいいものを、今は老若男女を問わず誰もがそうであるような、そうでなければならないような時代にあって、如何にもありそうな話に思えます。

「本当の旅」
もうすぐ40歳に手が届くかという、かつての専門学校の同級生 - ハネケン、づっちん、ヤマコ - の3人は、昨今ありがちなSNS(グループLINE) によって強く結ばれています。彼らは空港にいて、久方ぶりに出会い、今まさにマレーシアのクアラルンプールへ旅立とうとしています。

旅のことはさておき、まず、3人が今どんな暮らしをしているかといいますと、実のところは(その年齢にあって)必ずしも賢明な生き方をしているとは言えません。

語り手であるハネケンは、づっちんのアドバイスが元で過疎地の村で家を借り、米を作って暮らしています。その一方で細々とウェブサイトの仕事をし、ようよう生活が成り立っています。それが望み通りであったかどうかはともかくも、ハネケンはづっちんのことを問答無用にリスペクトしています。

ヤマコは、Tシャツショップでアルバイトをしています。最初はただの店番だったのですが、今はロゴのアイデアまで出してほしいと頼まれるようになっています。それが自慢であり、他の二人も認めるところではありますが、所詮は単なるアルバイトに過ぎません。

特筆すべきはづっちんで、彼は無職で今も実家暮らしをしています。にもかかわらず、ハネケンはづっちんをリスペクトしてやまず、今回の旅を計画し、クアラルンプールへ行こうと二人を誘ったのもづっちんだったのでした。

づっちんの言うままに計画は現実となり、多少の齟齬はあるものの、ハネケンとヤマコはそれを喜々として了承したのでした。

つまりは、彼らは彼らなりに “完全無欠” な関係で、各々が各々に対し決して “否定” してはならない存在 - 極端に狭い世界の中で、彼らは彼ら以外に目を向けようとはしません。

直に話をしたり見たりするよりむしろLINEを通して目にする言葉や画像の方が、3人にとっては殊更リアルに感じられ、目の前で起こっている出来事は必ずしも “現実” ではなく、SNS上に表記されたものこそが、自分が思う願うべき現実なんだと。

(読むとわかるのですが) 特にづっちんは、普通に生きる人々を見下すことで自分は違うと認識し、金持ちの愚かさを嘆くことで無職の自分を顧みようとしません。インスタばかりに執着し、それで世界に何かを発信しているのだと勘違いしています。

“承認欲求” ばかりが強く、それはハネケンやヤマコにしても同様で、彼らは如何なる状況においても、たとえそれとは違う心境であったとしても、基本ポジティブな態度を変えようとしません。そうすることで現実が、あたかも自分が望む “現実” にすり替わるかのように・・・・・・・

話の後半、3人はガイドブックに従わず、づっちんが言うまま乗ってはいけない黄色のタクシーに乗ります。するとタクシーは頼んだ場所とは違い、郊外を抜け、山の中へと進んで行きます。明らかにそれは “ヤバい” 状況なのですが、(そうと認めたくないばかりに) それでも3人はバカ話を止めようとはしません。

3人の内、特にハネケンは、タクシーに乗ったかなり早い段階で、いち早く不穏な空気を察知しています。づっちんとヤマコがそう感じたのも、実はハネケンと大して違わなかったのかもしれません。

3人それぞれにいくばくかの不安を抱えつつ、タクシーの中ではあくまでもポジティブな会話に終始します。どう考えてもこれはマズいと思い、ハネケンはそれをLINEでこっそり伝えようとするのですが、慌てる素振りがない二人を見て、思わず「イエー」 などと書き込んでしまいます。

十分に悲劇的な結末に至ることが予測されるにもかかわらず、そんな状況でさえなおも3人は、せっせと、ムリからポジティブで空疎なやり取りを繰り返すのでした。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


静かに、ねぇ、静かに

◆本谷 有希子
1979年石川県生まれ。
石川県立金沢錦丘高等学校卒業。ENBUゼミナール演劇科に入学。

作品「ぬるい毒」「嵐のピクニック」「異類婚姻譚」「江利子と絶対」「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「生きているだけで、愛。」「自分を好きになる方法」「グ、ア、ム」他

関連記事

『背中の蜘蛛』(誉田哲也)_第162回 直木賞候補作

『背中の蜘蛛』誉田 哲也 双葉社 2019年10月20日第1刷 背中の蜘蛛 池袋署刑事

記事を読む

『伝説のエンドーくん』(まはら三桃)_書評という名の読書感想文

『伝説のエンドーくん』まはら 三桃 小学館文庫 2018年6月11日初版 伝説のエンドーくん

記事を読む

『じっと手を見る』(窪美澄)_自分の弱さ。人生の苦さ。

『じっと手を見る』窪 美澄 幻冬舎文庫 2020年4月10日初版 じっと手を見る (幻冬舎文

記事を読む

『その日東京駅五時二十五分発』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『その日東京駅五時二十五分発』西川 美和 新潮文庫 2015年1月1日発行 その日東京駅五時二

記事を読む

『青春ぱんだバンド』(瀧上耕)_書評という名の読書感想文

『青春ぱんだバンド』瀧上 耕 小学館文庫 2016年5月12日初版 青春ぱんだバンド (小学館

記事を読む

『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『過ぎ去りし王国の城』宮部 みゆき 角川文庫 2018年6月25日初版 過ぎ去りし王国の城 (

記事を読む

『さくら』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『さくら』西 加奈子 小学館 2005年3月20日初版 さくら (小学館文庫) 「この体で、また年を

記事を読む

『回転木馬のデッド・ヒート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『回転木馬のデッド・ヒート』村上 春樹 講談社 1985年10月15日第一刷 回転木馬のデッド

記事を読む

『物語のおわり』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『物語のおわり』湊 かなえ 朝日文庫 2018年1月30日第一刷 物語のおわり (朝日文庫)

記事を読む

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』(丸山正樹)_書評という名の読書感想文

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』丸山 正樹 文春文庫 2015年8月10日第一刷 デフ・ヴ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑