『殺人カルテ 臨床心理士・月島繭子』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『殺人カルテ 臨床心理士・月島繭子』大石 圭 光文社文庫 2021年8月20日初版1刷

殺人カルテ (臨床心理士・月島繭子)

あなたの物語を聞かせてください。
どんなに残酷でも
どれほどおぞましくても
私は最後までお聞きします。

誰もが振り返る美貌と豊かな知性。クライエントへの真摯な姿勢。精神科医の資格も持つ月島繭子は、どこから見ても完璧な臨床心理士だ。だが、彼女にはもうひとつの貌があった - 。今日のクライエントは目の前で恋人に死なれた若い女性だ。打ちひしがれた彼女が語るありふれた身の上話は、やがて異様な熱を帯び始め・・・・・・・。人の心の奥底を抉るダーク・サスペンス。(光文社文庫)

目次
第一話 愛の証
第二話 ナマケモノの恋
第三話 ピンク色の女たち
第四話 墓場に持っていく話
第五話 恵まれすぎた女

著者の大石圭は、主人公である月島繭子の人生を、ある種、生まれて死に逝く者の理想として描いたのではないかと。

容姿端麗、頭脳明晰。精神科医にして、有能極まりない臨床心理士である彼女は、相談者に対しては常に丁寧かつ低姿勢で、偉ぶるところがありません。あくまで真摯なその態度に、絶大な信頼を得ています。

そんな月島繭子には、表の顔とは別に、もうひとつの貌があった - というのがこの小説のコンセプトであるわけですが、わからないのは、その 「もうひとつの貌」 が、表には一切出ることなく独立して成立しているという点です。

であるならば、何が問題なのでしょう? 彼女ほどではないにせよ、誰にも “二面性” はあります。彼女の場合、たとえそれが極端な性癖にかかるものであったとしても、一体それが何なのでしょう? 

二つある人格の落差があまりに過ぎるということに、誰か被害に遭った人でもいるのでしょうか? 

いいや、そうではありません。問題は、あくまで繭子自身の内実にあります。

※話の中味については、特に “表” の話の第三話や第四話が、(主人公の性癖云々を離れて) 相談者の話自体に考えさせられるものがありました。他作品同様、官能色濃い内容ではありますが、単にそれだけではありません。”著者六十歳” の述懐と賜物です。

この本を読んでみてください係数 80/100

殺人カルテ (臨床心理士・月島繭子)

◆大石 圭
1961年東京都目黒区生まれ。
法政大学文学部卒業。

作品「履き忘れたもう片方の靴」「蜘蛛と蝶」「奴隷契約」「殺意の水音」「奴隷商人サラサ 生き人形が見た夢」「殺人鬼を飼う女」「地獄行きでもかまわない」他多数

関連記事

『ツタよ、ツタ』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ツタよ、ツタ』大島 真寿美 小学館文庫 2019年12月11日初版 ツタよ、ツタ (小学館

記事を読む

『つやのよる』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『つやのよる』井上 荒野 新潮文庫 2012年12月1日発行 つやのよる 男ぐるいの女がひと

記事を読む

『スメル男 (新装版)』(原田宗典)_書評という名の読書感想文

『スメル男 (新装版)』原田 宗典 講談社文庫 2021年1月15日第1刷 スメル男 新装版

記事を読む

『ぶらんこ乗り』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『ぶらんこ乗り』いしい しんじ 新潮文庫 2004年8月1日発行 ぶらんこ乗り &nbs

記事を読む

『スクラップ・アンド・ビルド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『スクラップ・アンド・ビルド』羽田 圭介 文芸春秋 2015年8月10日初版 スクラップ・アン

記事を読む

『あちらにいる鬼』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あちらにいる鬼』井上 荒野 朝日新聞出版 2019年2月28日第1刷 あちらにいる鬼

記事を読む

『ブラフマンの埋葬』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ブラフマンの埋葬』小川 洋子 講談社文庫 2017年10月16日第8刷 ブラフマンの埋葬

記事を読む

『噂』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『噂』荻原 浩 新潮文庫 2018年7月10日31刷 噂 (新潮文庫) 「レインマンが出没し

記事を読む

『ミセス・ノイズィ』(天野千尋)_書評という名の読書感想文

『ミセス・ノイズィ』天野 千尋 実業之日本社文庫 2020年12月15日初版 ミセス・ノイズ

記事を読む

『にぎやかな湾に背負われた船』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『にぎやかな湾に背負われた船』小野 正嗣 朝日新聞社 2002年7月1日第一刷 にぎやかな湾に背負

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑