『夢に抱かれて見る闇は』(岡部えつ)_書評という名の読書感想文

『夢に抱かれて見る闇は』岡部 えつ 角川ホラー文庫 2018年5月25日初版


夢に抱かれて見る闇は (角川ホラー文庫)

男を初めて部屋に上げるときは、かなりの勇気がいる。もしこの男に、見えてしまったら。もうすぐ40歳の真千子の部屋には、かつての恋人の骸骨が立っている。暗闇の中、知り合ったばかりの男の愛撫に感じたのは・・・・・・・(「枯骨の恋」)。職場のパワハラで自殺した同僚。実家を訪れた千穂が知った、若い死者に対する奇妙な風習とは(「アブレバチ」)。第3回 『幽』 怪談文学賞受賞作 が待望の文庫化。女たちの怖くてエロティックで美しい物語。(角川ホラー文庫)

底なし沼のような闇を跨ぎ、裸の腰を落として腹の力を抜くと、じゅうじゅうと湿った音がして、黄金色の飛沫がきらきら輝きながら落ちていく。

きみょうちょうらいおさきさま
そのおんからだにくぎうてば
かみはいんてんつきやぶり
しもはならくのそこまでも
ひびきわたりておそろしや
わすることなきえんきれば
かぜふくごとくぬけるなり
なむあみだぶつ なむあみだぶつ

縁切り厠ができたのには、訳がある。ずっと昔、まだここいらが村だった頃、この家に、お咲さんという人がお嫁に来た。気立ても器量もよくて、かわいい子供も三人丈夫に産んで、評判のお嫁さんだったんだが、かわいそうなことに夫が乱暴者で、お咲さんはずいぶんいじめられて、泣かない日はなかった。姑さんが心配して息子をたしなめても、話を聞くような男ではなかったから、みんなびくびく暮らしていたそうだ。

お咲さんは毎日泣いて泣いて泣き過ぎて、きっと頭が空っぽになってしまったんだね、かわいそうに、一番下の子供の乳が離れたとたん、あの厠で首をくくって、ぶら下がってしまった。

姑さんはえらく気を落として、自分も死のうとしたが、孫が不憫で堪えた。そして、孫たちの新しい母親を探してまわった。その甲斐あって新しいお嫁さんが来てくれたんだが、このお嫁さん、嫁入りからひと月もしないで姿が見えなくなった。息子もまだ乱暴なことなどしちゃいないのに、どうしたことかと村中で探したが、見つからない。とうとうあきらめて、また違うお嫁さんをもらった。するとそのお嫁さんも、ぷいっと姿を消してしまった。こりぁおかしい。神隠しかお咲の祟りかと、村は大騒ぎになった。

四番目のお嫁さんをもらうときには大変で、嫁がいなくなったらこれこれの賠償をすると、証文を書いてやっともらった。そこまでしてもらった嫁だ、今度はわたしが絶対に守ると言って、姑さんはお嫁さんの行くところはどこへでもついて回った。風呂も一緒に入った。

それでもただひとつ、ついていけない場所があった。分かるだろう、便所だよ。

ある日、お嫁さんが厠へ行くというので、いつものように姑さんもついて出て、厠の戸口で見張りをしていた。すると、中からお嫁さんの悲鳴が聞こえる。急いで戸を開けようとしたが、どうしたことか開かない。姑さんは慌てて裏に回り、壁をよじ登って窓を覗いた。すると、便所の穴からお嫁さんの白い手が、ひらひらと暴れながら飲み込まれていくのが見えたそうだ。

すぐに村の男衆が呼ばれて、便所の中を調べた。すると糞だめの中に、三人のお嫁さんが沈んでいたそうだ。姑さんはそれを見て、次の日に死んでしまった。よほどたまげて命を縮めたんだろう。

四人の女房と母親に死なれてしまった男はすっかり気が塞いで、それからはもうお嫁さんをもらわなかった。嘘のように気を入れ替えて、一生懸命畑仕事をして娘たちを育てあげたそうだ。三人娘は母親のお咲に似て、そりゃあきれいに育った。年頃になって、長女のところに婿が来ると、待ってましたとばかりに下の二人にもいい縁談が来て、とんとん拍子に片づいた。

しかしいいことばかりは続かないもので、娘たちの幸せを見届けたとたん、父親は病気にかかって死に、まもなく長女の婿が同じ病で死んだ。続いて次女が、嫁ぎ先から返されてきた。子ができなかったからだ。(本文より)

断っておきますが、この「縁切り厠」は、昔話ではありません。今ではもうほとんど見かけなくなった「外便所」が、普段は決して使われないままに、しかし時にある「目的」のもとに - 具体的には厠に一晩籠りある願いをかなえるために - 今も使われています。長い引用は、その由来を、祖母が幼い孫娘に言い伝えている場面を紹介しています。祖母はその厠のことを、「汚い心で汚い願いをかけるところ」なんだと言います。

※これは比較的スタンダードな方。安心してください。こんな話ばかりではありません。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


夢に抱かれて見る闇は (角川ホラー文庫)

◆岡部 えつ
1964年大阪府豊中市生まれ。群馬県前橋市育ち。

作品 2008年、第3回『幽』怪談文学賞短編部門〈大賞〉を受賞、翌年、受賞作を表題とした短編集『枯骨の恋』でデビュー(文庫化にあたり本書『夢に抱かれて見る闇は』と改題)。他に「残花繚乱」「新宿遊女奇譚」「生き直し」など

関連記事

『薄情』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『薄情』絲山 秋子 河出文庫 2018年7月20日初版 薄情 (河出文庫) 地方都市に暮らす

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

『琥珀のまたたき』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『琥珀のまたたき』小川 洋子 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 琥珀のまたたき (講

記事を読む

『夜のピクニック』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『夜のピクニック』恩田 陸 新潮文庫 2006年9月5日発行 夜のピクニック (新潮文庫)

記事を読む

『Mの女』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『Mの女』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 Mの女 (幻冬舎文庫) ミステ

記事を読む

『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷 田村はまだか (光文社文庫)

記事を読む

『向田理髪店』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『向田理髪店』奥田 英朗 光文社 2016年4月20日初版 向田理髪店  

記事を読む

『海馬の尻尾』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『海馬の尻尾』荻原 浩 光文社文庫 2020年8月20日初版 海馬の尻尾 (光文社文庫)

記事を読む

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(上巻)伊集院 静 講談社文庫 2016年1月15日第一刷

記事を読む

『獅子吼』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『獅子吼』浅田 次郎 文春文庫 2018年12月10日第一刷 獅子吼 (文春文庫) け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『罪の名前』(木原音瀬)_書評という名の読書感想文

『罪の名前』木原 音瀬 講談社文庫 2020年9月15日第1刷

『ゴースト』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『ゴースト』中島 京子 朝日文庫 2020年11月30日第1刷

『人間タワー』(朝比奈あすか)_書評という名の読書感想文

『人間タワー』朝比奈 あすか 文春文庫 2020年11月10日第1刷

『かか』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『かか』宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月30日初版

『希望病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『希望病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2020年11月11日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑