『午後二時の証言者たち』(天野節子)_書評という名の読書感想文

『午後二時の証言者たち』天野 節子 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版


午後二時の証言者たち (幻冬舎文庫)

八歳の女児が乗用車に撥ねられ死亡する。運転手は不起訴処分になるが、そこには罪深い大人たちの様々な打算が働いていた。患者よりも病院の慣習を重んじる医師、損得勘定だけで動く老獪な弁護士、人生の再出発を企む目撃者・・・・・・・。そして、遺族の疑心と刑事の執念が交錯した時、少女の死を巡る衝撃の事実が浮き彫りになる。慟哭の長編ミステリー。(幻冬舎文庫)

これといった目新しさはないのですが、無理なく読めて面白くもある。そんな話に思えます。日常でありながら日常とは違う人生の、ある場面を切り取った、幾人もの人間模様が描かれています。

話は、ごくありふれた交通事故に端を発しています。制限速度オーバー、信号無視、前方不注意、プラス携帯電話使用(未遂)。重傷を負った被害者の女の子は、出血性ショックで間もなく死亡。事故の責任は、明らかに乗用車の運転手にあります。

状況からして、加害と被害の関係は疑いようがありません。ところが、ここに「付加的な条件」がいくつか重なることで、単純に思われたこの交通事故は、(別に起こった殺人事件を間に挟み)徐々に違う色へと気配を変えます。

その1)  被害者・羽生桜子の受け入れを最初に打診されたのが、戸倉病院でした。しかし、病院はこの打診を断ってしまいます。但し、これには明確な理由があります。戸倉病院はいわゆる「救急指定病院」ではなく、当日はしようにも手術ができる態勢ではなかったのです。

問題は「制度上の責任」云々ではなく、まさに救急搬送依頼があったその時間帯に、「私用」で退出する間際の外科医が病院に居合わせたことにあります。外科部長である室井啓三は、戸倉病院の元看護師で不倫相手の小杉真知子との約束で、その日はサッカー観戦に行く予定をしていました。

彼が受け入れを断り、本来搬送すべき新生会病院へ行くよう指示したことに落ち度はありません。但し、「道義的責任」が問われることになります。もしも受け入れ、治療がなったとすれば、被害者は助かったのではないかと。

その2)  事故の目撃者がひとりだけだったということ。しかも、事故を全景で目撃したわけではありません。部分的ではあるものの、それが唯一の、決定的な証拠となります。そして、それは加害者である永光孝太にとって極めて「有利な作為を加えた」証言となります。

証言したのは付近に暮らす市井の主婦、寺島初実。彼女が事故を起こした運転手から受け取った名刺には、《エイコーストア上松店営業第二課長 永光孝太》とあります。

すぐのことですが、彼は、関東エリアでは5番目か6番目に店舗数が多い、スーパーエイコーの御曹司であるのがわかります。間際、彼は初実に対し「信号が青だったと証言してください。- 一千万出します」と出し抜けに言い、さっと彼女から離れたのでした。
・・・・・・・・・
8歳の娘・桜子を亡くした母、羽生志摩子が登場するのは、物語も随分進んだあとのことになります。彼女は静かに、しかし頑なまでに娘の死を受け入れられずにいます。葬儀をせず、弔問客を袖にしてまで、まだいる娘と暮らしているような日々を過ごしています。

※母・志摩子の、娘・桜子に対する強い愛情がわからぬわけではないですが、やや過剰に過ぎて間延びしたところがあります。全体としてはとても読み応えがあるのですが、失礼ながら、最後はさり気なく余韻を残して終わっていればと。残念!

 

この本を読んでみてください係数 80/100


午後二時の証言者たち (幻冬舎文庫)

◆天野 節子
1946年千葉県生まれ。
短大を卒業後、20年間幼稚園教諭を務め、20年間幼児教育教材会社を経て、60歳で自費出版デビュー。

作品 「氷の華」「目線」「烙印」「彷徨い人」など

関連記事

『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行 カエルの楽園 (新潮文庫) 平和な地

記事を読む

『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷 火のないところに煙は

記事を読む

『ifの悲劇』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『ifの悲劇』浦賀 和宏 角川文庫 2017年4月25日初版 ifの悲劇 (角川文庫) 小説

記事を読む

『マタタビ潔子の猫魂』(朱野帰子)_派遣OL28歳の怒りが爆発するとき

『マタタビ潔子の猫魂』朱野 帰子 角川文庫 2019年12月25日初版 マタタビ潔子の猫魂

記事を読む

『サブマリン』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『サブマリン』伊坂 幸太郎 講談社文庫 2019年4月16日第1刷 サブマリン (講談社文庫

記事を読む

『父と私の桜尾通り商店街』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『父と私の桜尾通り商店街』今村 夏子 角川書店 2019年2月22日初版 父と私の桜尾通り商

記事を読む

『地下鉄に乗って〈新装版〉』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『地下鉄に乗って〈新装版〉』浅田 次郎 講談社文庫 2020年10月15日第1刷 地下鉄に乗

記事を読む

『冷蔵庫を抱きしめて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『冷蔵庫を抱きしめて』荻原 浩 新潮文庫 2017年10月1日発行 冷蔵庫を抱きしめて (新潮

記事を読む

『このあたりの人たち』(川上弘美)_〈このあたり〉 へようこそ。

『このあたりの人たち』川上 弘美 文春文庫 2019年11月10日第1刷 このあたりの人たち

記事を読む

『夜明けの音が聞こえる』(大泉芽衣子)_書評という名の読書感想文

『夜明けの音が聞こえる』大泉 芽衣子 集英社 2002年1月10日第一刷 夜明けの音が聞こえる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『名前も呼べない』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『名前も呼べない』伊藤 朱里 ちくま文庫 2022年9月10日第1刷

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑