『検事の死命』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/09 『検事の死命』(柚月裕子), 作家別(や行), 書評(か行), 柚月裕子

『検事の死命』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月5日8版

電車内で女子高生に痴漢を働いたとして会社員の武本が現行犯逮捕された。武本は容疑を否認し、金を払えば示談にすると少女から脅されたと主張。さらに武本は県内有数の資産家一族の婿だった。担当を任された検事・佐方貞人に対し、上司や国会議員から不起訴にするよう圧力がかかるが、佐方は覚悟を決めて起訴に踏み切る。権力に挑む佐方に勝算はあるのか (「死命を賭ける」)。正義感あふれる男の執念を描いた、傑作ミステリー。(角川文庫)

[目次]
第一話 心を掬う
第二話 業をおろす
第三話 死命を賭ける 「死命刑事部編
第四話 死命を決する 「死命公判部編

『最後の証人』 『検事の本懐』 と続く佐方貞人シリーズ・第3作 『検事の死命』 を読みました。

これで終わりかと思うと残念でなりません。ずっとずっと読んでいたかった。忘れられないシリーズとなりました。

シリーズ最終となる本作は、前作 『検事の本懐』 と同じく佐方が検事として関わった事件の謂わば “集大成” となる作品です。『検事の本懐』 から1、2年後、30歳の頃の佐方の姿が描かれています。

前作までのおさらいをするように最初二編の短編があり、第三話、第四話と続く中編 「死命」 では、いよいよこの物語の佳境と言える場面を迎えます。

おそらく佐方は、並々ならぬ覚悟の上であったのでしょう。「罪をいかにまっとうに裁かせるか」 それだけを考え、それのみに命を賭しています。時に青臭いと言われ、検事としての身分までをも蔑ろにするような彼の信条とは? 正義とは何なのでょう?

佐方は、第三話から第四話にかけての途中で刑事部から公判部へ異動となり、検事として実際に裁判に臨むことになります。法廷に立つ彼が初めて扱ったのが、ある “痴漢” 事件でした。

電車内における痴漢行為により迷惑防止条例違反の容疑で逮捕された武本弘敏という男が送致されてきた。イベント会場行きのごったがえした電車内で女子高生・仁藤玲奈の臀部を触ったとされていたが、本人は一貫して犯行を否認。しかも玲奈から、「お金を払えば無かったことにしてやる」 とまで言われたと話す。被害者側にも話を聞くが、言い分は真っ向から対立。素行が悪く決して裕福ではない玲奈と、由緒ある家に(婿として)入り、政治家や法曹界の重鎮などの後ろ盾も強い武本。どちらかが嘘をついているのは明白だが、捜査を続けた佐方はついに、武本を起訴することを決める。しかし上からは決して決済印を押さないと言われ起訴は難航。だが米崎東署の南場の応援や筒井の案により、ついに公判に持ち込むことができた佐方は、検事としての死命を賭けて法廷に立つ。(wikipediaより)

※佐方がいるのは米崎地方検察庁。米崎東署署長の南場は、以前仕事で佐方に助けられたことがあります。米崎地検刑事部副部長の筒井は佐方の上司で、誰よりも心強い佐方の味方です。

佐方が優秀な検事なら、武本を弁護する井原もまた百戦錬磨の弁護士で、二人は互いに主張を譲らず、相手の論旨が甘いとなると容赦なくその点を突きます。結審するかと思いきや、井原は新たに証人が出たといい、証人として出廷した半田からは事件当日の詳細な目撃証言がなされるに及んで、もはやここまでかと思わせたその次の場面・・・・・・・

半田に対し、佐方は思いもかけない反撃を仕掛けます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆柚月 裕子
1968年岩手県生まれ。

作品 「臨床真理」「最後の証人」「検事の本懐」「蝶の菜園 - アントガーデン -」「パレードの誤算」「朽ちないサクラ」「ウツボカズラの甘い息」「孤狼の血」他多数

関連記事

『グロテスク』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『グロテスク』桐野 夏生 文芸春秋 2003年6月30日第一刷 「人は自分のためにしか生きられな

記事を読む

『臨床真理』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『臨床真理』柚月 裕子 角川文庫 2019年9月25日初版 人の感情が色でわかる

記事を読む

『ハリガネムシ』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ハリガネムシ』吉村 萬壱 文芸春秋 2003年8月31日第一刷 ボップ調の明るい装丁から受ける

記事を読む

『恋』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『恋』小池 真理子 新潮文庫 2017年4月25日11刷 1972年冬。全国を震撼させた浅間山荘事

記事を読む

『恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ』川上 弘美 講談社 2023年8月22日 第1刷発

記事を読む

『彼女が最後に見たものは』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『彼女が最後に見たものは』まさき としか 小学館文庫 2021年12月12日初版第1刷

記事を読む

『形影相弔・歪んだ忌日』(西村賢太)_書評という名の読書感想文

『形影相弔・歪んだ忌日』西村 賢太 新潮文庫 2016年1月1日発行 僅かに虚名が上がり、アブ

記事を読む

『教場』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『教場』長岡 弘樹 小学館 2013年6月24日初版 この人の名前が広く知られるようになったのは

記事を読む

『あのこは貴族』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『あのこは貴族』山内 マリコ 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 TOKYO

記事を読む

『希望病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『希望病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2020年11月11日初版 神田川病院に赴任し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑