『フォルトゥナの瞳』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『フォルトゥナの瞳』百田 尚樹 新潮文庫 2015年12月1日発行


フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)

幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装工として黙々と働くだけの日々を送っていた。だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ、生活は一変する。はじめて女性と愛し合うことを知った慎一郎の「死の迫る人を救いたい」という思いは、無情にも彼を窮地へと追いやり・・・・・・・。生死を賭けた衝撃のラストに心震える、愛と運命の物語。(新潮文庫)

※フォルトゥナとは、ローマ神話に出てくる球に乗った運命の女神のこと。「人の運命」が見えるといいます。

「人の運命が見える」とは、「人が死ぬのがわかる」ということです。この物語の主人公である木山慎一郎や、彼がのちに出会うことになる内科医の黒川には、「やがて死ぬであろう人間」が、ひと目でそれとわかります。

彼らは、思いもしない「フォルトゥナの瞳」を手に入れ、それがために生活は一変し、「やがて死ぬであろう人間」を目にすると、その都度、それを(何も知らないでいる本人に)伝えるべきかどうかで、狂おしく煩悶することになります。

たしかに - 伝えることで(あるいは死に至る原因から遠ざけることで)当人は死なずに済みます。死を免れ、(本当はなかったはずの)後の人生を生き延びることができます。

しかし、それはそもそもの、人が持って生まれたもとの運命(そんなものがあればということですが)を変えてしまう、大それた、「してはならない」行為ではないのか。神の領域であるべきはずのことに、人が自ら手を下すなどということが許されるのかどうか・・・・・・・

それでも彼らは、ある場合、良心の呵責に耐え兼ねて(わかっているのに見過ごすことができずに)他人の命を救ってみせます。ところが、他人の命を長らえると、やがてその分だけ自分の命を削っているのがわかってきます。
・・・・・・・・・
死に逝く間際の人は、例えば手首より先の部分、あるいは顔の全体などが透けて見えます。皮膚の透け具合により、すぐに死ぬのか、今しばらくは猶予があるかの判断がつきます。慎一郎はまだそこには至りませんが、黒川には具体的な死期までを見通すことができます。

偶然にある人を見て、その人が間もなく死ぬとわかる - もしも私が、もしもあなたが「フォルトゥナの瞳」の持ち主であったとしたらどうでしょう?

その人は、私やあなたにとって縁もゆかりもないアカの他人だったとしましょう。大人ばかりでなく、幼い子供かもしれません。街でたまたま行き合っただけの人物の、偶然同じ電車に乗り隣に居合わせただけの人物の、

手首から先がすべて消えていて、たとえばそれが若い女性で、色鮮やかなネイルだけがふわふわと揺れ動いていたとしたら、

彼女に対し、あなたは「もうじき死ぬ運命にあります」と躊躇なく言えるでしょうか。仮に言えるとすれば、どんな手立てをもって伝えることができるのでしょう。

その人に何があって死ぬかはわかりません。不治の病に冒されているのか、不慮の事故に遭うまさに間際なのか、あるいは自ら命を絶とうとしているのかもしれません。

それは随分と良心を痛めることになりますが、もしも(「フォルトゥナの瞳」などというものとは無関係の)ただの人間だったとしたら、もとより何もわからなかったことです。

はからずも神の目を持つに至った慎一郎は、生来の生真面目な性格ゆえ、「やがて死ぬであろう人間」を見過ごすことができません。自ら命を縮めてしまうとわかっていながら、彼は死に逝く人に対し、無関心ではいられません。

他人の運命を変えると、後悔することになる。お前にもいつかわかる時が来る - かつて慎一郎にそう言った黒川は、自らに課した禁忌を破り、人を救おうとして命を落とします。

なにが為の心眼か? 「フォルトゥナの瞳」などというものを手に入れたばかりに、慎一郎は、はじめてできた愛する女性との将来と死の迫る大勢の他人の命を救いたいという気持ちの間で、究極の呻吟を味わうことになります。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)

◆百田 尚樹
1956年大阪府大阪市生まれ。
同志社大学中退。

作品 「永遠の0」「海賊とよばれた男」「モンスター」「影法師」「カエルの楽園」他多数

関連記事

『ぼっけえ、きょうてえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『ぼっけえ、きょうてえ』岩井 志麻子 角川書店 1999年10月30日初版 ぼっけえ、きょうて

記事を読む

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文)_僕には母と呼べる人がいたのだろうか。

『僕のなかの壊れていない部分』白石 一文 文春文庫 2019年11月10日第1刷 僕のなかの

記事を読む

『それまでの明日』(原尞)_書評という名の読書感想文

『それまでの明日』原 尞 早川書房 2018年3月15日発行 それまでの明日 11月初旬のあ

記事を読む

『神様の裏の顔』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『神様の裏の顔』藤崎 翔 角川文庫 2016年8月25日初版 神様の裏の顔 (角川文庫) 神

記事を読む

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一刷 八月は冷たい城 (講

記事を読む

『ふじこさん』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ふじこさん』大島 真寿美 講談社文庫 2019年2月15日第1刷 ふじこさん (講談社文庫

記事を読む

『離れ折紙』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『離れ折紙』黒川 博行 文春文庫 2015年11月10日第一刷 離れ折紙 (文春文庫)

記事を読む

『FLY,DADDY,FLY』(金城一紀)_書評という名の読書感想文

『FLY,DADDY,FLY』金城 一紀 講談社 2003年1月31日第一刷 フライ,ダディ,

記事を読む

『バラカ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『バラカ』桐野 夏生 集英社 2016年2月29日第一刷 バラカ   ア

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑