『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』(辻内智貴)_書評という名の読書感想文

『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』 辻内智貴 祥伝社 2012年10月20日初版

6年ぶりに書いたという本はタイトル通りで、辻内智貴が人生について思いのままを綴っています。

冒頭では東日本大震災に対する短いコメントと、被災者を救う言葉を持たない現在の自分の無力感を語っています。

震災の衝撃は、何かを見直したり、何かを始めたり、何かを諦めたりする大きな契機になりました。

それは国とか政府とか、企業とか団体だけでなく、市井で暮らす人々の誰もが、立止まって振り返り、自分はどうあるべきかを自問した出来事でした。

辻内智貴もきっとその中のひとりであったに違いありません。もし震災がなければ、辻内智貴はこの小説を書くことはなかったような気がします。

いつの間にか50歳を過ぎて、ほんの少し前までは自分には決して巡り来ない、ずっと先にあるものだと思っていた老いを前にして、人は何を思うのでしょうか。

...思い通りにいかなかったことの方がはるかに多いけれど、それでも随分長く生きてきた。今も、生きている。

何事にも以前ほどの執着は無くなっているし、さほど欲しいものも無いが、まだこの先も生き続けなくてはならない。

何のために生きるのか、終着点はいったいどこで、どんな風に迎えるのか...

この小説は、東京から生まれ故郷へ戻ったものの、相変わらずその日暮らしの「俺」が、あるとき人生について無性に語りたくなって生まれた作品です。

小説の前半は「A DAY」のタイトルで1編から6編まで、自伝的な色合いの話が並びます。後半は、独立した短編が3つ。

話としては統一感なしで、それこそ思うままに書かれています。この人らしいと言えばその通りの作品です。

読者は辻内智貴と一緒に、あっちにふらふら、こっちにふらふらしながら、ときに人生を想えばよいのです。だって、一日中想ってろと言われてもね、それはしんどい。

A DAYの5と6、いいですよ。5は、クリスマスの夜に救急治療室で過ごす話。6は幼馴染みのタカトの話。笑えて、ちょっとしんみり、このひとの「オハコ」です。

単行本の裏には、略歴と一緒に作者の写真が載っています。

胸をはだけたアロハシャツ姿で、ダルそうに煙草を吸う辻内智貴は、もうすぐ還暦です。

「あとがき」の一番最後には、こんなことが書いてあります。

「人間は人間の手本になる必要などない。一つの「見本」であればいいのだと思う。どんな「見本」であれ、何かしら見る人の参考にはなるものだ。」

今回は最後まで、このひと人生を語ってます。

この本を読んでみてください係数  85/100


◆辻内 智貴

1956年福岡県飯塚市生まれ。

東京デザイナー学院商業グラフィック科卒業。

ソロシンガーとして3年間ビクターに在籍。後にライブハウスなどでバンド活動を行う。

作品 「セイジ」「青空のルーレット」「いつでも夢を」「信さん」「ラストシネマ」「帰郷」など

関連記事

『綺譚集』(津原泰水)_読むと、嫌でも忘れられなくなります。

『綺譚集』津原 泰水 創元推理文庫 2019年12月13日 4版 散策の途上で出合

記事を読む

『舞台』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『舞台』西 加奈子 講談社文庫 2017年1月13日第一刷 太宰治『人間失格』を愛する29歳の葉太

記事を読む

『新装版 人殺し』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 人殺し』明野 照葉 ハルキ文庫 2021年8月18日新装版第1刷 本郷に

記事を読む

『欺す衆生』(月村了衛)_書評という名の読書感想文

『欺す衆生』月村 了衛 新潮文庫 2022年3月1日発行 詐欺の天才が闇の帝王に成

記事を読む

『氷菓 The niece of time』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『氷菓 The niece of time』米澤穂信 角川文庫 2001年11月1日初版 米澤穂

記事を読む

『春の庭』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『春の庭』柴崎 友香 文春文庫 2017年4月10日第一刷 東京・世田谷の取り壊し間近のアパートに

記事を読む

『おとぎのかけら/新釈西洋童話集』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『おとぎのかけら/新釈西洋童話集』千早 茜 集英社文庫 2013年8月25日第一刷 母親から育児放

記事を読む

『ポトスライムの舟』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ポトスライムの舟』津村 記久子 講談社 2009年2月2日第一刷 お金がなくても、思いっきり

記事を読む

『桜の首飾り』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『桜の首飾り』千早 茜 実業之日本社文庫 2015年2月15日初版 あたたかい桜、冷たく微笑む

記事を読む

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月20日 初版第1刷発行 認

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑