『裸の華』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『裸の華』桜木 紫乃 集英社文庫 2019年3月25日第一刷

裸の華 (集英社文庫)

時々、泣きます

どこまでも気風のいい、一本筋の通った元ストリッパー。- それが本作の主人公・フジワラノリカだ。
物語は、ノリカが札幌の街に降り立つところから始まる。舞台上で膝に大怪我を負い、治ったはずでも怖れから脚をかばってしまう彼女は、このうえは引退するしかないと思いつめ、古巣のすすきのにダンスショーの店を開いて再出発を図ろうとする。
やがて採用された若手ダンサーは、才能の塊だがなかなか心を開かないみのりと、踊りはほどほどでも柔らかな愛嬌がそれを補う瑞穂。そこへ、かつて 〈銀座の宝石〉 とまで謳われた凄腕のバーテンダーJINや、その友人で画廊を経営する牧田、さらには昔からノリカのファンで余命幾ばくもない小笠原などが絡むことで、当初はゆるやかに始まるかに見えた物語が大きなうねりを見せてゆく。

派手な仕掛けがあるわけではないのにぐいぐいと引き込まれるのは、登場人物一人ひとりの個性が屹立しているからだろう。物語的な目新しさを一切欲張っていないところに、潔さと清々しさを覚える。今日と明日の身の振りを考えるだけで精いっぱいの人間たちが、唯一存在を許される居場所で、ほんのひととき身を寄せ合って生きていこうとする。その切実さは、桜木紫乃でなければ書けない世界だ。

その場その時にだけ生まれる人間関係 - それこそは人生の宝だ。宝は、いつか失われるものと決まっている。特筆すべきは、ノリカにとってはその喪失が同時に、ひりひりするような再生へとつながっていることだ。
ラスト近く、かつて自分を教え導いてくれた師匠との再会の場面は、ただただ胸に迫って苦しい。目をそらすまいと懸命に舞台を見つめるノリカとともに、読者もまた、ともすれば目を背けそうになる自分を鼓舞しながら二人を見つめる。肉体は衰え、痩せさらばえても、なお放たれる芸の輝き。言葉はひと言も交わされないが、師匠から弟子へと手渡されたものは、青みがかったルビー一つではない。

文芸誌 「小説すばる」 に連載された本作 『裸の華』 が、一冊にまとまり上梓された当時、各メディアのインタビュアーはほぼ一人残らず、著者に向かって同じことを訊ねた。女性である著者がストリップにはまったきっかけと、その魅力をだ。

じつのところ桜木がストリップ劇場に足繁く通うようになったのは、何もこの作品の取材のためではないし、踊り子が登場する作品も本作だけではない。すでに 『恋肌』(2009年12月刊、改訂文庫版は 『誰もいない夜に咲く』 と改題) に収録の短編 『フィナーレ』 では、引退する踊り子の心情を見事に描いているし、本作とほぼ同時期に上梓された 『氷の轍』 にも漁港八戸の場末のストリップ小屋が登場する。
ちなみに、最初に通い始めたのは 「オール讀物新人賞」 を受賞して間もない頃だったというから筋金入りだ。きっかけは、当人の言葉によるとこんな具合だった。

北海道新聞の人物インタビュー欄で当時、ススキノにあった札幌道頓堀劇場の大スターだった清水ひとみさんが紹介されていて、記事から芯の強い方という印象を受けたのですが、最後の一文に 「時々、泣きます」 と書かれているのがとても印象的でした。この人の踊りを見てみたい! と思ったのがキッカケですね。(週プレNEWS 2016年8月19日)

以上、全てが解説 (by村山由佳) からの抜粋です。

書きたかったのは最後のインタビュー、ただ一点。それがこんなことになってしまいました。申し訳ありません。

この本を読んでみてください係数  85/100 

裸の華 (集英社文庫)

◆桜木 紫乃
1965年北海道釧路市生まれ。
高校卒業後裁判所のタイピストとして勤務。

作品 「起終点駅/ターミナル」「凍原」「氷平線」「ラブレス」「ホテルローヤル」「硝子の葦」「誰もいない夜に咲く」「星々たち」「ブルース」「霧/ウラル」他多数

関連記事

『ハラサキ』(野城亮)_書評という名の読書感想文

『ハラサキ』野城 亮 角川ホラー文庫 2017年10月25日初版 ハラサキ (角川ホラー文庫)

記事を読む

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『君の膵臓をたべたい』住野 よる 双葉社 2015年6月21日第一刷 君の膵臓をたべたい

記事を読む

『八月の路上に捨てる』(伊藤たかみ)_書評という名の読書感想文

『八月の路上に捨てる』伊藤 たかみ 文芸春秋 2006年8月30日第一刷 八月の路上に捨てる

記事を読む

『この胸に突き刺さる矢を抜け』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この胸に突き刺さる矢を抜け』 白石 一文 講談社 2009年1月26日第一刷 上下 各@1,600

記事を読む

『八番筋カウンシル』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『八番筋カウンシル』津村 記久子 朝日文庫 2014年4月30日第一刷 八番筋カウンシル (朝

記事を読む

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版   携帯の

記事を読む

『春の庭』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『春の庭』柴崎 友香 文春文庫 2017年4月10日第一刷 春の庭 (文春文庫) 東京・世田

記事を読む

『ファイナルガール』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『ファイナルガール』藤野 可織 角川文庫 2017年1月25日初版 ファイナルガール (角川文

記事を読む

『平場の月』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『平場の月』朝倉 かすみ 光文社 2018年12月20日初版 平場の月 五十歳の再会

記事を読む

『ひざまずいて足をお舐め』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ひざまずいて足をお舐め』山田 詠美 新潮文庫 1991年11月25日発行 ひざまずいて足をお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『よるのばけもの』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『よるのばけもの』住野 よる 双葉文庫 2019年4月14日第一刷

『ウツボカズラの甘い息』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『ウツボカズラの甘い息』柚月 裕子 幻冬舎文庫 2018年10月10

『傲慢と善良』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『傲慢と善良』辻村 深月 朝日新聞出版 2019年3月30日第一刷

『ニワトリは一度だけ飛べる』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ニワトリは一度だけ飛べる』重松 清 朝日文庫 2019年3月30日

『県民には買うものがある』(笹井都和古)_書評という名の読書感想文

『県民には買うものがある』笹井 都和古 新潮社 2019年3月20日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑