『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』(成田名璃子)_書評という名の読書感想文

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』成田 名璃子 幻冬舎文庫 2019年2月10日初版

坊さんのくるぶし 鎌倉三光寺の諸行無常な日常 (幻冬舎文庫)

お布施をくすねた罰で、鎌倉にある禅寺・三光寺に送られることになった、お気楽跡継ぎ坊主の高岡皆道。不動明王のような強面の禅一、謎めいた優男の高仙ら “ワケアリ” の先輩僧侶たちに囲まれながら、慣れない修行に四苦八苦。そんなある日、修行仲間の源光が脱走騒ぎを起こし - 。すねに傷もつ 「悟りきれない」 修行僧たちの、青春 “坊主” 小説! (幻冬舎文庫/書き下ろし)

帯に 「瞑想? 迷走? ワケアリ修行僧たちの煩悩デイズ!  あなたの退屈、解決します。」 とあります。

ポップな見出しや軽めの言い回しに騙されてはいけません。基本コメディではありますが、人として、とても深いことが書いてあります。

代々続く寺の跡継ぎとはいえ、皆道は、したくて坊主をしているわけではありません。自分のことは、僧侶というただの自営業者の跡取り息子だと理解しています。

幸か不幸か、浄土真宗では - 修行は毎日の生活の中にあるという考えから - 出家もなければ定まった修行もありません。厳しい戒律もなく、剃髪もせずに済みます。ゆえに、皆道は今、得度とは名ばかりの、ぬるい実家の寺住まいで、それを良いことに寺を継ぐ気になっています。

浄土真宗願千寺。建立三百年以上になる実家の寺は、規模としては中くらいで、親父は俺を含む五人の弟子持ちだ。とはいえ、ほとんどの寺の住職は世襲で息子が継ぐから、他の四人の弟子が願千寺の住職になることはない。伝統ある寺といっても何のことはない、その辺の中小企業と一緒。先細りなところまで同じなのだから嫌になってくる。

さっきみたいに五万も包んでくれる婆さんなんて、じいちゃんの時代には珍しくもなかったらしいが、今じゃ絶滅危惧種のプレミアム檀家だ。(本文より)

お寺ではままこんなことがあります。その日願千寺では、檀家の十三回忌とお葬式が重なったのでした。住職である父親が葬儀へ、息子の皆道が十三回忌の法要へ行くことになります。

その法要で、皆道は、普通なら十分はかかる読経を五分弱で終わらせたのでした。お布施を中抜きし、内緒で競馬に行こうとしたのでした。それらは今回だけに止まらず、以前からもそうで、すべては父親である住職の知るところだったのでした。

事は公けにされ、期せずして皆道は “三光寺送り” となります。

皆道はれっきとした寺の跡継ぎではあるものの、仏教というものをまるで信じていません。いくら考えても、信じることができません。皆道にすれば、ご本尊の阿弥陀如来像さえも昔から家に置いてある、ただの古い置物としか思えません。

住職の父親に倣い仏事もこなすのですが、それはあくまで 「やれと言われてする」 だけの、”カタチ” にしか過ぎません。ゆえに、往々にしてそれは随分と横柄なものになります。

息子の怠慢を知った住職の父親は、皆道に対し 「おまえは、半分勘当だ」 と、 「性根を入れ替えるまでは」 余所の寺へ預けると宣言します。

これといった修行もせず、願千寺の僧侶として漫然と暮らしていただけの皆道は、極めて修行が厳しいとされる禅寺の、(一部では名の知れた) 鎌倉の三光寺へ 「明日から行け」 と命じられたのでした。

◆この本を読んでみてください係数 80/100

坊さんのくるぶし 鎌倉三光寺の諸行無常な日常 (幻冬舎文庫)

◆成田 名璃子
1975年青森県生まれ。東京都在住。
東京外国語大学仏語学科卒業。

作品 「東京すみっこごはん」「咲見庵三姉妹の失恋」「ハレのヒ食堂の朝ごはん」「不機嫌なコルドニエ 靴職人のオーダーメイド謎解き日誌」など

関連記事

『ビニール傘』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『ビニール傘』岸 政彦 新潮社 2017年1月30日発行 ビニール傘 共鳴する街の声 - 。

記事を読む

『ふたり狂い』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『ふたり狂い』真梨 幸子 早川書房 2011年11月15日発行 ふたり狂い (ハヤカワ文庫JA

記事を読む

『窓の魚』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『窓の魚』西 加奈子 新潮文庫 2011年1月1日発行 窓の魚 (新潮文庫)  

記事を読む

『ヘヴン』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ヘヴン』川上 未映子 講談社文庫 2012年5月15日第一刷 ヘヴン (講談社文庫)

記事を読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田 まほかる 幻冬舎文庫 2009年10月10日初版 彼女が

記事を読む

『蛇を踏む』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『蛇を踏む』川上 弘美 文芸春秋 1996年9月1日第一刷 蛇を踏む (文春文庫) &n

記事を読む

『ひざまずいて足をお舐め』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ひざまずいて足をお舐め』山田 詠美 新潮文庫 1991年11月25日発行 ひざまずいて足をお

記事を読む

『追憶の夜想曲(ノクターン)』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『追憶の夜想曲(ノクターン)』中山 七里 講談社文庫 2016年3月15日第一刷 追憶の夜想曲

記事を読む

『ホテルローヤル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ホテルローヤル』桜木 紫乃 集英社 2013年1月10日第一刷 ホテルローヤル &nb

記事を読む

『迷宮』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『迷宮』中村 文則 新潮文庫 2015年4月1日発行 迷宮 (新潮文庫)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『四月になれば彼女は』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『四月になれば彼女は』川村 元気 文春文庫 2019年7月10日第1

『今昔百鬼拾遺 河童』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『今昔百鬼拾遺 河童』京極 夏彦 角川文庫 2019年6月15日再版

『きみの町で』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの町で』重松 清 新潮文庫 2019年7月1日発行 きみ

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日

『人間失格』(太宰治)_書評という名の読書感想文

『人間失格』太宰 治 新潮文庫 2019年4月25日202刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑