『骨を彩る』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『骨を彩る』彩瀬 まる 幻冬舎文庫 2017年2月10日初版


骨を彩る (幻冬舎文庫)

十年前に妻を失うも、最近心揺れる女性に出会った津村。しかし罪悪感で喪失からの一歩を踏み出せずにいた。そんな中、遺された手帳に「だれもわかってくれない」という妻の言葉を見つけ・・・・。彼女はどんな気持ちで死んでいったのか - 。わからない、取り戻せない、どうしようもない。心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。◎解説・あさのあつこ(幻冬舎文庫)

・・・・、わたしぐらいの年齢になると生きて重ねた年月はそれなりに重い。傷つかないための諦め癖とか、傷つけないための誤魔化し癖がいつの間にか身に付いてしまう。真剣に物事を考えない。

この手に掴めないものや失ったものに気が付かない振りをする。しかも、巧みに。そんな技も身に付けてしまう。それを悪いとは言い切れない。そうしなければ、生きていけない場合も多々あるのだ。

自分はきっとほかの人とは違う。特別な「何か」を持っている。そんな(身も蓋もない)勘違いを頼りに、私はずっと生きて来たように思います。

おそらく私は、偏屈・・・・だったのだろうと思います。最近さらにその傾向は顕著になりつつあるようにも感じられます。

歳をとり、さすがに自分が「特別」だとは思わなくなりました。偏屈で不器用な私は、周りと歩調を合わせるのが苦手で、それを思い違いして、他人は何も解ってなどいないと一人憤っていたのです。

こうしか他に手立てがないと思って言うことが、人にとってはさほどのことではない場合があります。半分くらいはそうだったかもしれません。なぜ解らないのか。その時は大いに腹が立ったのですが、今思うと、案外に的外れなことを言っていたのかもしれません。

周りとも自分とも上手く折り合って、心が痛むことをできるだけ遠ざけて、できるならなかったこととして忘れ去って、波風たたないように要領よくやりすごして・・・・大人の知恵とも呼ばれるそんな生き方を嗤うことはできない。

その知恵がないと、この世はたいそう生き辛い場所となるのだ。だから、いいのだ。それはそれでいい。けれど・・・・・。

(あさのあつこ氏曰く)彩瀬まるの作品群は「・・・・・」のところに突き刺さる、といいます。大人の知恵を働かすのは悪くはないが、それでは自分の姿はわからない。生き辛い今を呼吸している自分自身を見失ってしまう、といいます。

あらゆる感情が「定形」に落とし込まれて、わたしの怒りはわたしのものではなく、わたしの哀しみはわたしを素通りしてしまう。わたしは溶けて、世間という実体のないものに変わってしまう、といいます。

私は、何がもとで「自分は他人とは違う」と思うようになったのでしょう。誰ひとり同じ人などいはしないのに、そんなことはとうにわかっているのに、それでもそう思わずにいられなかったのはどうした訳なのでしょう。

あなたはあなたであり、わたしはわたしだ。

『骨を彩る』の五編もそうだ。繋がりながら別のもの、他の色に染まらぬものたちだ。繋がるというのは、人々の生きている空間が微妙に重なっているという意味ではない。津村が、玲子が、光恵が・・・・、誰もが胸に穴を穿たれている。

それらを、喪失、寂寞、悲哀、孤独、などと名を付けるのは簡単かもしれない。と氏はいいます。そして、

名は簡単に付く。でも、無意味だ。(中略)この一冊の中に生きる人々は、名付けようのない零れ、滴りに塗れた人たちだ。そういう意味で繋がっている。でも唯一だ。唯一の物語が五つある。と続けます。

※あさのあつこ氏の熱の入れ様がハンパなく強烈でしたので、「解説」の解説をしたみたいになりました。太字の部分はすべてあさの氏の文章からの引用です。ご容赦ください。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


骨を彩る (幻冬舎文庫)

◆彩瀬 まる
1986年千葉県千葉市生まれ。
上智大学文学部卒業。

作品 「花に眩む」「サマーノスタルジア」「傘下の花」「あのひとは蜘蛛を潰せない」「伊藤米店」「神さまのケーキを頬ばるまで」「桜の下で待っている」他

関連記事

『琥珀のまたたき』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『琥珀のまたたき』小川 洋子 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 琥珀のまたたき (講

記事を読む

『沈黙の町で』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『沈黙の町で』奥田 英朗 朝日新聞出版 2013年2月28日第一刷 沈黙の町で &nbs

記事を読む

『失はれる物語』(乙一)_書評という名の読書感想文

『失はれる物語』乙一 角川文庫 2006年6月25日初版 失はれる物語 (角川文庫) 目覚め

記事を読む

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日第2刷 逢魔が時に会いま

記事を読む

『緋い猫』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『緋い猫』浦賀 和宏 祥伝社文庫 2016年10月20日初版 緋い猫 (祥伝社文庫) 17歳

記事を読む

『切羽へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『切羽へ』井上 荒野 新潮文庫 2010年11月1日発行 切羽へ (新潮文庫) &nbs

記事を読む

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 雨の夜、夜行列車に (角

記事を読む

『百花』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『百花』川村 元気 文藝春秋 2019年5月15日第1刷 百花 「あなたは誰? 」 息

記事を読む

『あのひとは蜘蛛を潰せない』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『あのひとは蜘蛛を潰せない』彩瀬 まる 新潮文庫 2015年9月1日発行 あのひとは蜘蛛を潰せ

記事を読む

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 犬 (文芸書) 大阪でニューハー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑