『家族じまい』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『家族じまい』桜木 紫乃 集英社 2020年11月11日第6刷

家族じまい (集英社文芸単行本)

家族はいったいいつまで家族なのだろう

子育てに一区切りついた智代のもとに、突然かかってきた妹・乃理からの電話。
「ママがね、ボケちゃったみたいなんだよ」

新しい商売に手を出しては借金を重ね、家族を振り回してきた横暴な父・猛夫と、そんな夫に苦労しながらも共に歳を重ね、今は記憶を失くしつつある母・サトミ。親の老いに直面して戸惑う姉妹と、さまざまに交差する人々。夫婦、親子、姉妹・・・・・・・家族はいったい、いつまで家族なのだろう。北海道を舞台に、家族に正面から向き合った五編からなる連作短編集。(集英社 青春と読書より)

ふたりを単位にして始まった家族は、子供を産んで巣立ちを迎え、またふたりに戻る。そして、最後はひとりになって記憶も散り、家族としての役割を終える。人の世は伸びては縮む蛇腹のようだ。(本文より)

[目次]
第一章 智 代
第二章 陽 紅
第三章 乃 理
第四章 紀 和
第五章 登 美 子

第15回中央公論文芸賞受賞作、桜木紫乃の 『家族じまい』 を読みました。

この小説は、ある老夫婦を中心に、二人に関わる五人の女性たちの 「家族」 を巡る物語です。五人は (老夫婦の) 娘であったり、姉であったり、赤の他人であったりします。現に家族であったり、今は家族でなくなったり、新しく家族になろうとしたりしています。

妻のサトミは物忘れが極端にひどくなり、ついさっき食事をしたことさえ忘れてしまうようになっています。目を離すと際限なく食べようとする妻に、夫の猛夫はほとほと手を焼いています。

症状は悪化の一方で、世話はすれども報われず、猛夫は為す術がありません。彼は時に我慢できずに妻を殴るのですが、しばらく経つと、妻のサトミは殴られたことすら忘れています。

姉の智代は、母のサトミのことを 「サトミさん」 と呼んでいます。他人行儀になったのは、他人行儀になるしかないだけの過去があったからです。実のところ、父の猛夫はそのことを激しく後悔しています。智代とは、悔やむ分だけ疎遠になっています。

二十五歳でバツイチの陽紅 (ようこ) が、今年五十五歳になる片野涼介との縁談を受けたのは、何も断り切れなかったその場の状況だけが理由ではありません。彼女には彼女なりの打算がありました。

紀和は、曲がりなりにもプロのサックス奏者として身を立てています。彼女が猛夫とサトミ夫婦に会ったのは、名古屋から苫小牧へ向かうフェリーのシアターラウンジでのことでした。紀和がする映画音楽の演奏に、二人は大層感激したのでした。猛夫は紀和に、ある頼み事を託します。

登美子にとって唯一の気がかりは、下の娘の珠子のことでした。珠子が背中に刺青を背負った男と暮らし始めてから三十年近く、二人は一度も連絡を取り合ってはいません。思えば珠子は、五十八歳になっています。娘を思い、同時に、登美子は八十歳になった妹・サトミのことを思い出します。

※「家族をしまう」 の 「しまう」 は、「終う」 ではなく 「仕舞う」 であるらしい。ただ 「終う」 のではなく、「仕舞う」 準備と覚悟が要るらしい。

この本を読んでみてください係数 85/100 

家族じまい (集英社文芸単行本)

◆桜木 紫乃
1965年北海道釧路市生まれ。
高校卒業後裁判所のタイピストとして勤務。

作品 「起終点駅/ターミナル」「凍原」「氷平線」「ラブレス」「ホテルローヤル」「硝子の葦」「誰もいない夜に咲く」「星々たち」「ブルース」「霧/ウラル」「砂上」他多数

関連記事

『プラスチックの祈り 上』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『プラスチックの祈り 上』白石 一文 朝日文庫 2022年2月28日第1刷

記事を読む

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版 きのうの影踏み (角川文庫)

記事を読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田 まほかる 幻冬舎文庫 2009年10月10日初版 彼女が

記事を読む

『七緒のために』(島本理生)_書評という名の読書感想文

『七緒のために』島本 理生 講談社文庫 2016年4月15日第一刷 七緒のために (講談社

記事を読む

『果鋭(かえい)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『果鋭(かえい)』黒川 博行 幻冬舎 2017年3月15日第一刷 果鋭 右も左も腐れか狸や!

記事を読む

『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版 君のいない町が

記事を読む

『さよならドビュッシー』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『さよならドビュッシー』中山 七里 宝島社 2011年1月26日第一刷 さよならドビュッシー

記事を読む

『神様からひと言』(荻原浩)_昔わたしが、わざとしたこと

『神様からひと言』荻原 浩 光文社文庫 2020年2月25日43刷 神様からひと言 (光文社

記事を読む

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文)_僕には母と呼べる人がいたのだろうか。

『僕のなかの壊れていない部分』白石 一文 文春文庫 2019年11月10日第1刷 僕のなかの

記事を読む

『風葬』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『風葬』桜木 紫乃 文春文庫 2016年12月10日第一刷 風葬 (文春文庫) 釧路で書道教

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』中山 七里 角川文庫 2022年6月2

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』李 龍徳 河出書房 2022年3月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑