『ポースケ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ポースケ』津村 記久子 中公文庫 2018年1月25日初版


ポースケ (中公文庫)

奈良のカフェ「ハタナカ」でゆるやかに交差する7人の女性の日常。職場の人間関係や、睡眠障害、元彼のストーカー、娘の就活、子供がいない・・・・・・・人生にはままならないことが多いけれど、思わぬところで小さな僥倖に出逢うこともある - 。芥川賞受賞作 『ポトスライムの舟』 5年後の物語。(中公文庫)

私は津村記久子が書くこんな文章が好きなのだ。というか、こんなふうに思う彼女の感性と、その感性を思い通り文章にしてみせる類い稀なる才能に舌を巻く。とりわけ、やや奥手の、こうありたいと願う気持ちは人一倍にあり、しかし相応に捻くれて面倒臭くもあり、時に愛を求めて暴走をも辞さない、そんな女性を描けば当代一の作家だと思っている。
以下は、例文。

国民の幸福度が高いと言われているブータンでも、幸せだけど政治的に合わないと感じる人はいるだろうし、同じく幸福度が高いノルウェーでも、銃乱射事件があったし、ニュージーランドでも地震があったし、日本でもひどい地震があった。あの日から、より会社への適応が悪化してしまったとも言える。佳枝の上役である役員は、間近で仕事をしている佳枝に対しては一言も地震について口にせず、被害の状況が明らかになってすぐの出勤日だった週明けの月曜日にも、佳枝の椅子に座る姿勢が悪い、だから血行が悪くなって冷え、頻繁にトイレに行きたくなるのだ、と謗った。佳枝はわからなくなった。わからなくなった物事を直視することもできなくなり、やがて自分は何がわからないのかもわからなくなるぐらい、わからなくなった。

平和に暮らしている人が、災害に遭う。災害は発生していないけれど、自国の大統領から爆撃される。佳枝自身の話で言うと、災害に遭ってないし爆弾を落とされているわけでもないけれど、近くにいる人間の精神的な餌食にされる。佳枝は、スマートフォンやタブレット端末をみんなが使っていることを、すごく未来っぽいと感じながら、だったらいつ人は、誰かを捕食しなくても生きていけるところまで完成するのだろうともどかしく思い、それが高じて混乱する。(第四章「歩いて二分」より)

亜矢子がその記事と自転車の写真を自分のページに貼り付けたかどうかはもはや確認しなくなっていたのだが、朗報はあった。あるデザイン会社の営業募集で面接を受けに行ったところ、担当者の若い男性が亜矢子のページを確認していて、義仁の自転車の写真に反応を見せたというのだ。

君BMCに乗ってるんだね、いいね、と言われたのだそうだ。同席していた社長が、何それ、と訊くと、面接官は、自転車です、彼女、一日50キロも走るそうですよ、と答えた。社長は、そりゃ体力があるね、と感心していた。亜矢子はすかさず、体力には自信がありますよ、と売り込み、じゃ、また来週来てください、と言われたそうだ。

珍しく、勢い込んで話す亜矢子に対して、へえ、とぼんやりした相槌を打ったところ、それ最終面接なんやって! と亜矢子は続けた。「すごいことなん?」「最終までいったのは初めて」 どこももうそのぐらいの時期なんかもしれんけれども、と亜矢子は用心深く付け加えていたが、先日風呂場で泣いていた時よりは持ち直したような印象を、十喜子は持った。

そこに採用されたら、一日50キロ自転車で走る女という枕を真に受けられて、ボロボロになるまで働かされるのだろうか、という考えが、少しの間十喜子の頭を通り過ぎたが、その会社と亜矢子の間の縁がどのように変化していくにしろ、まずは更に一歩進んだ事実が大事だと思った。そういう一喜一憂を延々と繰り返すことこそが、十喜子にとっては日々を暮らすということだった。

むしろ人生には一喜一憂しかない、と十喜子は感じていた。えらい人は先々のことを見据えてどうのこうの考えられて、八喜三憂とかに調整できるのかもしれないけれども、我々しもじもの者は、一つ一つ通過して、傷付いて、片付けていくしかないのだ。そうする以外できないのだ。(第六章「亜矢子を助けたい」より)

注:題名の「ポースケ」は、人名ではありません。ノルウェーの復活祭のことをいいます。但し、本文にはさほど影響がないように思われます。あまり気にせずに読んでください。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


ポースケ (中公文庫)

◆津村 記久子
1978年大阪府大阪市生まれ。
大谷大学文学部国際文化学科卒業。

作品 「まともな家の子供はいない」「君は永遠にそいつらより若い」「ポトスライムの舟」「ミュージック・ブレス・ユー!! 」「とにかくうちに帰ります」「浮幽霊ブラジル」他多数

関連記事

『variety[ヴァラエティ]』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『variety[ヴァラエティ]』奥田 英朗 講談社 2016年9月20日第一刷 ヴァラエティ

記事を読む

『舞台』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『舞台』西 加奈子 講談社文庫 2017年1月13日第一刷 舞台 (講談社文庫) 太宰治『人

記事を読む

『図書準備室』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『図書準備室』 田中 慎弥 新潮社 2007年1月30日発行 図書準備室 (新潮文庫)

記事を読む

『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』(谷川俊太郎)_書評という名の読書感想文

『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』谷川 俊太郎 青土社 1975年9月20日初版発行

記事を読む

『ビニール傘』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『ビニール傘』岸 政彦 新潮社 2017年1月30日発行 ビニール傘 共鳴する街の声 - 。

記事を読む

『陽だまりの彼女』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『陽だまりの彼女』越谷 オサム 新潮文庫 2011年6月1日発行 陽だまりの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『青春ぱんだバンド』(瀧上耕)_書評という名の読書感想文

『青春ぱんだバンド』瀧上 耕 小学館文庫 2016年5月12日初版 青春ぱんだバンド (小学館

記事を読む

『徘徊タクシー』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『徘徊タクシー』坂口 恭平 新潮文庫 2017年3月1日発行 徘徊タクシー (新潮文庫) 徘

記事を読む

『ぼくは勉強ができない』山田詠美_書評という名の読書感想文

『ぼくは勉強ができない』 山田 詠美  新潮社 1993年3月25日発行 @1,200 ぼくは

記事を読む

『ぼっけえ、きょうてえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『ぼっけえ、きょうてえ』岩井 志麻子 角川書店 1999年10月30日初版 ぼっけえ、きょうて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『選んだ孤独はよい孤独』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『選んだ孤独はよい孤独』山内 マリコ 河出書房新社 2018年5月30

『きみのためのバラ』(池澤夏樹)_書評という名の読書感想文

『きみのためのバラ』池澤 夏樹 新潮文庫 2010年9月1日発行

『その話は今日はやめておきましょう』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『その話は今日はやめておきましょう』井上 荒野 毎日新聞出版 2018

『感染領域』(くろきすがや)_書評という名の読書感想文

『感染領域』くろき すがや 宝島社文庫 2018年2月20日第一刷

『連続殺人鬼カエル男』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『連続殺人鬼カエル男』中山 七里 宝島社 2011年2月18日第一刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑