『ナイルパーチの女子会』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『ナイルパーチの女子会』柚木 麻子 文春文庫 2018年2月10日第一刷


ナイルパーチの女子会 (文春文庫)

彼女の友情が私を食べ尽くす - 女同士の関係の極北を描く、傑作長編小説。第28回山本周五郎賞&第3回高校生直木賞受賞作。

丸の内の大手商社に勤めるやり手のキャリアウーマン・志村栄利子(30歳)。実家から早朝出勤をし、日々ハードな仕事に勤しむ彼女の密やかな楽しみは、同い年の人気主婦ブログ『おひょうのダメ奥さん日記』を読むこと。決して焦らない「おひょう」独持の価値観と切り口で記される文章に、栄利子は癒されるのだ。その「おひょう」こと丸尾翔子は、スーパーの店長の夫と二人で気ままに暮らしているが、実は実家を捨て出て行った母親と、実家で傲慢なほど「自分からは何もしない」でいる父親について深い屈託を抱えていた。
偶然にも近所に住んでいた栄利子と翔子はある日カフェで出会う。同性の友達がいないという共通のコンプレックスもあって、二人は急速に親しくなってゆく。ブロガーと愛読者・・・・・・・そこから理想の友人関係が始まるように互いに思えたが、翔子が数日間ブログの更新をしなかったことが原因で、二人の関係は思わぬ方向へ進んでゆく・・・・・・・。(文藝春秋BOOKS/作品紹介)

※あとに、「担当編集者より」として以下のコメントがあります。

淡泊な味でさまざまな料理に使われる食用魚「ナイルパーチ」は、実は他の種を食べ尽くし、生態系を破壊するほどの凶暴性を持つ。偶然出会った二人の女性のどちらかが、もしナイルパーチのような凶暴な友情を持っていたとしたら・・・・・・・。その凶暴性を自分で抑えることができないとしたら・・・・・・・。友達がいることのありがたさと恐怖、そのことを徹底的に描きます。

随分と評判を取った作品。3年遅れでやっと読みました。

深い。

思う以上に深い内容に、なるほどこれが「高校生が選ぶ」直木賞だというのがわかります。大の大人の、30歳の女性の話ばかりが書いてあるわけではありません。人なら誰もが求め、もがき苦しむことが書いてあります。

(誰かに)構ってもらいたい。共感してほしい。この気持ちを分かち合いたい。できれば他の誰よりも親友に。そう呼べる相手に。それさえ叶えば全てが報われる。生きているという、意味になる - 。

昔々。あなたは「そのこと」でひどく悩みはしなかったでしょうか? 悩んだ末に相手に対し何かを過剰に求めたり、求め過ぎて相手が負担に感じ、逆に関係が悪化したりはしなかったでしょうか?

友情とは何なのでしょう。どんな関係を言うのでしょう。

何の打算も無しに全てを受け入れ、文句なく赦し合うこと。たとえ生きる方便は違えども、互いを認め敬い合うこと。言うべきことは言い、無闇に立ち入らない。適度に距離を置き、無理が無い。空気のように、しかし確かにいることに何より安心し、等々・・・・・・・

あなたには、そんな「友」がいますか? いないままの人生を、送ってはいないでしょうか。この小説にはそんなことが書いてあります。

もう一度言います。家族でも、恋人同士でも、職場の仲間でもない、「親友」と呼んで憚らない、そんな人物があなたの傍にはいるのでしょうか。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


ナイルパーチの女子会 (文春文庫)

◆柚木 麻子
1981年東京都世田谷区生まれ。
立教大学文学部フランス文学科卒業。

作品 「終点のあの子」「本屋さんのダイアナ」「ランチのアッコちゃん」「伊藤くんA to E」「その手をにぎりたい」他多数

関連記事

『203号室』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『203号室』加門 七海 光文社文庫 2004年9月20日初版 203号室 (光文社文庫)

記事を読む

『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行 さよなら渓谷 (新潮文庫)

記事を読む

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(下巻)伊集院 静 講談社文庫 2016年1月15日第一刷

記事を読む

『元職員』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『元職員』吉田 修一 講談社 2008年11月1日初版 元職員 (100周年書き下ろし)

記事を読む

『夏目家順路』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夏目家順路』朝倉 かすみ 文春文庫 2013年4月10日第一刷 夏目家順路  

記事を読む

『ジェントルマン』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ジェントルマン』山田 詠美 講談社文庫 2014年7月15日第一刷 ジェントルマン (講談社

記事を読む

『けむたい後輩』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『けむたい後輩』柚木 麻子 幻冬舎文庫 2014年12月5日初版 けむたい後輩 &nbs

記事を読む

『二十歳の原点』(高野悦子)_書評という名の読書感想文

『二十歳の原点』高野 悦子 新潮文庫 1979年5月25日発行 二十歳の原点 (新潮文庫)

記事を読む

『永い言い訳』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『永い言い訳』西川 美和 文芸春秋 2015年2月25日第一刷 永い言い訳  

記事を読む

『ベッドタイムアイズ』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ベッドタイムアイズ』山田 詠美 河出書房新社 1985年11月25日初版 ベッドタイムアイズ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑