『とかげ』(吉本ばなな)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2017/02/12 『とかげ』(吉本ばなな), 作家別(や行), 吉本ばなな, 書評(た行)

『とかげ』吉本 ばなな 新潮社 1993年4月20日発行


とかげ (新潮文庫)

 

よしもとばななが好きである。(この小説が発刊された時点での表記は「吉本ばなな」です)

 

私のような年齢の方だと、吉本ばななと言えば父親の吉本隆明の名前抜きでは語れない人物ではないでしょうか。

昔々の大学生だった頃、吉本隆明と言えば当時多くのインテリ、もしくはインテリ気取りの若者にとっては一種の教祖的存在でした。

1968年に河出書房新社から刊行された『共同幻想論』は、彼等にとってまさしく「聖書」的な本だったのです。

人が人で在ることの根源を論じた思想家を父親に持つ娘が、後年同世代の女性から圧倒的な支持を集める小説家になった血筋をどうしても感じずにはいられないのです。

単純に親子として似ているというようなことではなく、周囲に漂う文学的な空気を嗅ぎ取り培った結果、娘が父親と同じ文筆業を選んだ経緯と才能に感心するのです。

 

『とかげ』は6編からなる短編集です。解説では、それぞれ「癒し」をテーマにした作品だということですが、この人の作品には所謂湿った抒情感は希薄です。

運命のようなもの、一人の孤独をさらに掘り下げようとする小説が圧倒的に多いように思いますが、そこには独自の匂いというか空気感があります。

透明で、どちらかと言えば乾燥していて冷静です。

唐突ですが、例えば表題のラスト。とかげ(病院で働く男性が、恋をする相手の女性につけた愛称)が静かに眠りにつく場面での一行です。

子供のように眠るとかげを前に、「私はそれをしばらく眺め、2人の子供時代のために数分間泣いた。」と閉じるのです。

・・・吉本ばななの読者は、たぶん、これにやられるのです。

 

何れも短い作品ばかりで中身を書くとほぼネタバレになりますので省略しますが、吉本ばななを初めて読もうかと思う方にも適当な一冊かも知れません。

強烈なインパクトはありませんが、彼女が伝えようとする本質はどのストーリーからも明確に読み取れます。

非現実的な設定などもありますが、その設定を着想した作者の思惑を想像しながら読んでみてください。嫌味がないので、ほんとに読みやすいですよ。

 

追記:この小説はリメイクされて、14年後に『ひとかげ』という一冊の単行本になります。進化した「とかげ」をみてみたいという方は、ぜひ。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


とかげ (新潮文庫)

◆よしもと ばなな

1964年東京都文京区生まれ。本名:吉本真秀子(よしもとまほこ)

日本大学芸術学部文芸学科卒業。

父は批評家、詩人の吉本隆明。姉は漫画家のハルノ宵子。

作品 「キッチン」「ムーンライト・シャドウ」「うたたか/サンクチュアリ」「TUGUMI」「アムリタ」「不倫と南米」「ハゴロモ」「デッドエンドの思い出」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『ディス・イズ・ザ・デイ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ディス・イズ・ザ・デイ』津村 記久子 朝日新聞出版 2018年6月30日第一刷 ディス・イズ

記事を読む

『通天閣』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『通天閣』西 加奈子 ちくま文庫 2009年12月10日第一刷 通天閣 (ちくま文庫)

記事を読む

『テティスの逆鱗』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『テティスの逆鱗』唯川 恵 文春文庫 2014年2月10日第一刷 テティスの逆鱗 (文春文庫)

記事を読む

『だれかのいとしいひと』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『だれかのいとしいひと』角田 光代 文春文庫 2004年5月10日第一刷 だれかのいとしいひと (

記事を読む

『選んだ孤独はよい孤独』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『選んだ孤独はよい孤独』山内 マリコ 河出書房新社 2018年5月30日初版 選んだ孤独はよい

記事を読む

『地球星人』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『地球星人』村田 沙耶香 新潮文庫 2021年4月1日発行 地球星人(新潮文庫) 恋愛

記事を読む

『翼がなくても』(中山七里)_ミステリーの先にある感動をあなたに

『翼がなくても』中山 七里 双葉文庫 2019年12月15日第1刷 翼がなくても (双葉文庫

記事を読む

『砂漠ダンス』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『砂漠ダンス』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 砂漠ダンス (河出文庫 や)

記事を読む

『太陽の坐る場所』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『太陽の坐る場所』辻村 深月 文春文庫 2011年6月10日第一刷 太陽の坐る場所 (文春文庫

記事を読む

『どこから行っても遠い町』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『どこから行っても遠い町』川上 弘美 新潮文庫 2013年9月1日発行 どこから行っても遠い町

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『カインは言わなかった』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『カインは言わなかった』芦沢 央 文春文庫 2022年8月10日第1

『坂の上の赤い屋根』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『坂の上の赤い屋根』真梨 幸子 徳間文庫 2022年7月15日初刷

『青い鳥』(重松清)_書評という名の読書感想文

『青い鳥』重松 清 新潮文庫 2021年6月15日22刷

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑