『BUTTER』(柚木麻子)_梶井真奈子、通称カジマナという女

『BUTTER』柚木 麻子 新潮文庫 2020年2月1日発行

BUTTER (新潮文庫 ゆ 14-3)

木嶋佳苗事件から8年。獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく -

男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で逮捕された女、梶井真奈子。世間を賑わせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿だった。週刊誌で働く30代の記者・里佳は、梶井への取材を重ねるうち、欲望に忠実な彼女の言動に振り回されるようになっていく。濃厚なコクと鮮烈な舌触りで著者の新境地を開く、圧倒的長編小説。(新潮社)

結婚詐欺の末、男性三人を殺したとされる容疑者・梶井真奈子、通称カジマナ。事件が発覚すると、世間は若くも美しくもない太り気味の女性がなぜそんなに男から貢がれ自信に満ちているのか、男は興味本位に、女は男受けする秘密を知りたいと熱狂した。週刊誌記者の町田里佳もそのひとりだ。新しい側面を記事にしようと直接取材を敢行する。

拘置所で面会したカジマナの食に対するこだわりやとびきりの自信を作り上げた家族や成長環境に接するうちに、里佳は、ある時は解放され、ある時は束縛されて変貌していく。その変化は彼女の友人や恋人、家族をも巻き込み、生活は一変した。

女性の心の奥底に宿る悪意や闇を描く作家が着想を得た木嶋佳苗事件。だがキジカナとカジマナは全くの別人だ。

木嶋佳苗の自伝的小説 礼讃 を読んだとき、彼女の異常なまでの研究熱心さに驚愕したことを覚えている。食だけでなく文化や歴史、経済などを貪欲に学ぶ真面目さを違う方面で生かしていたら、きちんと成功を収めていたかもしれない。

BUTTER はその真面目さの一つの断面を小説として広げ創り上げていった。柚木麻子の手腕は見事だ。ねっとりとした本の紙の質が食べ物の描写のくどさを倍増させる。これは紙の本でなくては出会えない感触だった。

この本に出てくる女たちと自分は違うと読み終わった後、スーパーマーケットでカルピスバターを手に取っていた。物語に絡め取られていたのかもしれない。(あずまえりか/週刊文春 2017年6月15日号からの抜粋)

※「この本の主人公は、木嶋佳苗ではありません。私は、柚木を知りませんが、柚木も私を知りません」 とは、『BUTTER』 を読んだ木嶋佳苗本人のコメントです。おそらく、それはその通りなのでしょう。梶井真奈子は、モデルとなった木嶋佳苗の何倍も気持ち悪く書いてあります。

バター、バターで胸焼けするかもしれません。最後の七面鳥は圧巻でした。「読みながら、震えが止まらなかった。規格外の傑作だった」 - かどうかはわかりません。

この本を読んでみてください係数 85/100

BUTTER (新潮文庫 ゆ 14-3)

◆柚木 麻子
1981年東京都世田谷区生まれ。
立教大学文学部フランス文学科卒業。

作品 「終点のあの子」「本屋さんのダイアナ」「ランチのアッコちゃん」「伊藤くんA to E」「ナイルパーチの女子会」「その手をにぎりたい」他多数

関連記事

『裸の華』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『裸の華』桜木 紫乃 集英社文庫 2019年3月25日第一刷 裸の華 (集英社文庫)

記事を読む

『選んだ孤独はよい孤独』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『選んだ孤独はよい孤独』山内 マリコ 河出書房新社 2018年5月30日初版 選んだ孤独はよい

記事を読む

『ハコブネ』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『ハコブネ』村田 沙耶香 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 ハコブネ (集英社文庫)

記事を読む

『ほかに誰がいる』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ほかに誰がいる』朝倉 かすみ 幻冬舎文庫 2011年7月25日5版 ほかに誰がいる (幻冬

記事を読む

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』(成田名璃子)_書評という名の読書感想文

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』成田 名璃子 幻冬舎文庫 2019年2月10日初版

記事を読む

『検事の死命』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の死命』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月5日8版 検事の死命 (角川文庫)

記事を読む

『満願』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『満願』米澤 穂信 新潮社 2014年3月20日発行 満願 米澤穂信の『満願』をようやく

記事を読む

『肩ごしの恋人』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『肩ごしの恋人』唯川 恵 集英社文庫 2004年10月25日第一刷 肩ごしの恋人 (集英社文庫

記事を読む

『ひゃくはち』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ひゃくはち』早見 和真 集英社文庫 2011年6月30日第一刷 ひゃくはち (集英社文庫)

記事を読む

『王とサーカス』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『王とサーカス』米澤 穂信 創元推理文庫 2018年8月31日初版 王とサーカス (創元推理文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑