『ファイナルガール』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/12 『ファイナルガール』(藤野可織), 作家別(は行), 書評(は行), 藤野可織

『ファイナルガール』藤野 可織 角川文庫 2017年1月25日初版

どこで見初められたのか、私にはストーカーがついている。もう何年も。そして私の結婚が決まったあとも、携帯に電話をかけてくる(「去勢」)。狼が訪ねてきたのは俺が五歳の時だった。その記憶が、俺の生涯を変えた(「狼」)。リサの母は、リサを守って連続殺人鬼とともに死んだ。その日から、リサの戦いが始まった(「ファイナルガール」)。日常に取り憑いて離れない不気味な影。歪んだ愛と捩れた快楽、読む者に迫りくる7つの短篇集。(角川文庫)

突然ですが、今朝の新聞(2/23 京都新聞凡語欄)でこんな文章を見つけました。

「起こったこともなく、起こり得るはずもないこと。だが、起こったかもしれないと思わせること」。米国の作家ロバート・ネイサンはファンタジーを、そう定義した。

その時すでにこの本を読んだあとだった私は、思わず「これだ! 」と -『ファイナルガール』を説明するなら、まさしくそういうことなんだと。無理からいうなら、この本に書いてあるのはちょっと不気味な、大人の、捻じくれたファンタジーではないかと。

テレビでたまに観る、あの『世にも奇妙な物語』の世界を7つ集めて一冊の本にしたような短篇集で、私はこの手の話が大好きなのです。

現実には起こるはずのない出来事が(物語の中では)当たり前のようにして起こり、総じて不気味で、時には酷く凶悪であったりもし、その先がどうなってゆくのかドキドキしながら片時も目が離せないような。

思うに、このとき重要なことは「既視感」ではないかと思います。そんなことはあろうはずがないのに、そういえば、それに似た思いをいつかどこかでしたような気がする。あの時たしかにそんな感じがした覚えがある - そう思えるかどうかが肝要です。

思いもよらない方向から記憶にアクセスされて、最初は戸惑うが、次第に病みつきになる。もっと殺して欲しいし、もっと追いかけて欲しいし、もっと怖い場所へ連れて行かれたい。そして、加速しながら予想以上の場所へと連れて行ってくれる展開に、歓喜してしまう。

これは文庫の解説(村田紗耶香著)にある文章で、このあと、人間の記憶をとことん正直に解剖すると、こんな物語が発生するのではないか、と思わせる説得力がある。と続きます。

冒頭の作品「大自然」、続く「去勢」を読んでみてください。読むと、すぐにそのことに気付くはずです。

「去勢」
ストーカーは友里に対して、繰り返し何度も何度も電話をしてきては、彼女を罵倒します。しかし、

(友里)はこちらの呼吸音が入り込む隙もないくらい素早く出たり切ったりを繰り返しながら、眉のむだ毛を抜き、テレビを点けて早朝のニュースを観た。

すると、また着信があり、耳を当てると、電話の向こうでストーカーが息を整えているのがわかります。そして落ち着いた、ゆったりした口調でこう言います。

「すまなかった。ひどいことを言ってしまった。どうか許してくれ」「ぼくはきみを愛している。きみがなにをしようと、誰と寝ようとかまわないんだ。すべてきみの自由だ」

(友里)は冷蔵庫を開け、牛乳のパックを取り出した。中身をマグカップに注ぐ。そして彼に、一気に牛乳を飲み干す音を聞かせてあげた。

この作品では、被害者であるべき友里の方がはるかに優位に立ち、加害者であるはずのストーカーを思い通りに操り、いたぶり、容赦がありません。どうです?(ストーカーではないにせよ)他の誰かに対して、友里がするのと同じような振る舞いを、もしかすると、貴女も前にしたことがあったりして。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆藤野 可織
1980年京都府京都市生まれ。
同志社大学大学院美学および芸術学専攻博士課程前期修了。

作品 「いやしい鳥」「爪と目」「おはなしして子ちゃん」「パトロネ」など

関連記事

『風葬』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『風葬』桜木 紫乃 文春文庫 2016年12月10日第一刷 釧路で書道教室を営む夏紀は、認知症の母

記事を読む

『ぼくは落ち着きがない』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『ぼくは落ち着きがない』長嶋 有 光文社文庫 2011年5月20日初版 両開きのドアを押して入

記事を読む

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文)_僕には母と呼べる人がいたのだろうか。

『僕のなかの壊れていない部分』白石 一文 文春文庫 2019年11月10日第1刷

記事を読む

『花の鎖』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『花の鎖』湊 かなえ 文春文庫 2018年8月1日19刷 両親を亡くし仕事も失った矢先に祖母がガン

記事を読む

『文身』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『文身』岩井 圭也 祥伝社文庫 2023年3月20日初版第1刷発行 この小説に書か

記事を読む

『未必のマクベス』(早瀬耕)_書評という名の読書感想文

『未必のマクベス』早瀬 耕 ハヤカワ文庫 2017年7月25日発行 IT企業Jプロトコルの中井優一

記事を読む

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷 第144回 直木賞受賞作

記事を読む

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発行 死刑を存置

記事を読む

『それまでの明日』(原尞尞)_書評という名の読書感想文

『それまでの明日』原 尞 早川書房 2018年3月15日発行 11月初旬のある日、渡辺探偵事務所の

記事を読む

『パレートの誤算』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『パレートの誤算』柚月 裕子 祥伝社文庫 2019年4月20日初版 ベテランケース

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』(豊田正義)_書評という名の読書感想文

『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』豊田 正義 新潮文庫 20

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑