『事件』(大岡昇平)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/10 『事件』(大岡昇平), 作家別(あ行), 大岡昇平, 書評(さ行)

『事件』大岡 昇平 創元推理文庫 2017年11月24日初版

1961年夏、神奈川県の山林で刺殺体が発見される。被害者は地元で飲食店を経営する若い女性。翌日、19歳の少年が殺人及び死体遺棄の容疑で逮捕された。- 最初は、ありふれた殺人のように思われた。しかし、公判が進むにつれて、法廷で意外な事実が明らかになっていく。戦後日本文学の重鎮が圧倒的な筆致で描破して、第31回日本推理作家協会賞に輝いた不朽の裁判小説。(創元推理文庫)

「大学の法学部で学ぼうとする新入生のための必読書」「法を学ぶ人のための入門書」- などと聞くと畏れ多くて読む気がしないという人がいるかもしれません。でも、大丈夫。それだけなら間違っても「日本推理作家協会賞」になんてならない。選ばれるわけがありません。

この作品は、法を学ぶための教本であると共に、ひとつの殺人事件をめぐる裁判の行方を克明に描き出した極上のエンタメ小説、日本文学史上屈指の「裁判小説」なのです。必ずや惹きこまれ、読まずには済ませられなくなります。

昭和36年6月28日。神奈川県高座郡金田町。小さな田舎町でのことです。むし暑い梅雨ばれの一日がようやく終わりに近づいた午後の5時頃、その山裾の細い道を、上田宏が自転車を押して下りて来た場面から、この物語は始まります。

7月2日。「その山裾の細い道」の南に拡がる山林の中から、女性の刺殺体が発見されます。被害者は地元で飲食店を経営していた坂井ハツ子という人物。翌日、警察は自動車工場で働く19歳の少年、上田宏を殺人及び死体遺棄の容疑で逮捕します - 。

被害者は一人、死因はナイフによる刺殺、そして逮捕された上田宏はありのままに全てを自白している - どこにもありそうな、なんら複雑とは思えないこの「事件」のあらましが、著者の手により、がらりと景色を変えます。

被告人・上田宏に示された検察側の主張は、終始一貫して「殺人並に死体遺棄」容疑。対して弁護側の主張は、「殺人はもとより、傷害致死、過失致死の責任も負わすべきではなく、本件は単純なる事故であり、被告人は死体遺棄についてのみ有罪であると思料する」- というもの。

最終的に如何なる判決をもって結審するかもさることながら、読むべきは、裁判の過程とそれに関わる人々の圧倒的なリアリティ。精確かつ克明な描写は、ややもすれば本当にあった事件の、実際に行われた裁判のドキュメンタリーではないのかと、そんな気さえしてきます。

検察官と弁護人の、微に入り細を穿つ丁々発止のやりとり。息をもつかせぬ緊張感。審議を取り持つ裁判官の巧みな手腕と相まって、さながらそれを見つめる傍聴人にでもなったような気がしてきます。

そうと信じて疑いようのなかった「事件」が、いつしか、まるで違えた状況に色を変えていきます。被告人・上田宏の自白とは裏腹に、

少年は本当に人を殺したのか - と。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆大岡 昇平
1909年東京都生まれ。88年没。
京都帝国大学卒業。

作品 「野火」「中原中也」「俘虜記」「武蔵野夫人」「レイテ戦記」他多数

関連記事

『正体』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『正体』染井 為人 光文社文庫 2022年1月20日初版1刷 罪もない一家を惨殺し

記事を読む

『かか』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『かか』宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月30日初版 19歳の浪人生うー

記事を読む

『合意情死 がふいしんぢゆう』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『合意情死 がふいしんぢゆう』岩井 志麻子 角川書店 2002年4月30日初版 「熊」とあだ名

記事を読む

『肝、焼ける』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『肝、焼ける』朝倉 かすみ 講談社文庫 2009年5月15日第1刷 31歳になった

記事を読む

『星の子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『星の子』今村 夏子 朝日新聞出版 2017年6月30日第一刷 林ちひろは中学3年生。病弱だった娘

記事を読む

『終わりなき夜に生れつく』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『終わりなき夜に生れつく』恩田 陸 文春文庫 2020年1月10日第1刷 はじめに、

記事を読む

『さよなら、ニルヴァーナ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ニルヴァーナ』窪 美澄 文春文庫 2018年5月10日第一刷 14歳の時に女児を殺害し

記事を読む

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版第1刷発行 最果ての地・

記事を読む

『坂の上の赤い屋根』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『坂の上の赤い屋根』真梨 幸子 徳間文庫 2022年7月15日初刷 二度読み必至!

記事を読む

『殺人出産』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『殺人出産』村田 沙耶香 講談社文庫 2016年8月10日第一刷 今から百年前、殺人は悪だった。1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑