『連続殺人鬼カエル男』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『連続殺人鬼カエル男』中山 七里 宝島社 2011年2月18日第一刷


連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)

マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。口蓋をフックにひっかけられ、口からは無数の蛆が溢れ出て蠢いている。傍らには、子供が書いたような稚拙な文字によるメモが添えられていた。

きょう、かえるをつかまえたよ。
はこのなかにいれていろいろあそ
んだけど、だんだんあきてきた。
おもいついた。みのむしのかっこ
うにしてみよう。くちからはりを
つけてたかいたかいところにつる
してみよう。

そんな文言で綴られた犯行声明は、その後、第二、第三の死体現場にも残され、舞台となる埼玉県飯能市は市民を巻き込んで大パニックに陥る。捜査本部は精神医学界の重鎮の意見を参考にしつつ、精力的に捜査を進めるが、「カエル男」は警察をまるで嘲笑うかのように凄惨な犯行を繰り返し・・・・・・・

殺されたのは、若い女性と、次に老人、そして少年 - 荒尾礼子指宿仙吉有働真人 - 果たして三人に共通するものとは? どんな怨みがあって(あるいは目的もなく無差別に)あんなにまで惨い殺し方をしたのだろうか・・・・・・・

それがわからない。

カエル男は徹底した平等主義者だ。カエル男には性別も年齢も職業も関係ない。年収も血液型も趣味嗜好も意味を失う。意味を持つのは名前という記号だけだ。それだけがカエル男の興味を引く。その前では全ての人間が個性を剥奪され、ただの記号と成り果てる。そして順番に並べられて捕食者の牙を待つだけの存在となる。

飯能市の市民はその平等主義に戦慄した。殺人事件が起きる度、人は好奇心を抱いてニュースに見入るが、それは自分とは遠く離れた場所で繰り広げられるドラマだからだ。殺す人間には殺すだけの理由があり、殺される人間には殺されるだけの理由がある。(P185)

ところが。

ところがである。 漸くにして事件の全容を解明したかに思えたものが、実は、そうではなかったことが判明する。

事件は単に「カエル男」に止まらず、さらなる「悪意」を伴って、また次の「悪意」へと連なっていく。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)

◆中山 七里
1961年岐阜県生まれ。
花園大学文学部国文科卒業。

作品 「切り裂きジャックの告白」「贖罪の奏鳴曲」「追憶の夜想曲」「七色の毒」「さよならドビュッシー」「いつまでもショパン」「ヒポクラテスの誓い」他多数

関連記事

『らんちう』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『らんちう』赤松 利市 双葉社 2018年11月25日第一刷 らんちう 「犯人はここにい

記事を読む

『李歐』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『李歐』高村 薫 講談社文庫 1999年2月15日第一刷 李歐 (講談社文庫) &nbs

記事を読む

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日第一刷 その先の道に消え

記事を読む

『遮光』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『遮光』中村 文則 新潮文庫 2011年1月1日発行 遮光 (新潮文庫)  

記事を読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田 まほかる 幻冬舎文庫 2009年10月10日初版 彼女が

記事を読む

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理系。 (文春文庫) いか

記事を読む

『土の中の子供』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『土の中の子供』 中村 文則 新潮社 2005年7月30日発行 土の中の子供 (新潮文庫)

記事を読む

『レプリカたちの夜』(一條次郎)_書評という名の読書感想文

『レプリカたちの夜』一條 次郎 新潮文庫 2018年10月1日発行 レプリカたちの夜 (新潮文

記事を読む

『ぼくは落ち着きがない』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『ぼくは落ち着きがない』長嶋 有 光文社文庫 2011年5月20日初版 ぼくは落ち着きがない

記事を読む

『テミスの剣』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『テミスの剣』中山 七里 文春文庫 2017年3月10日第1刷 テミスの剣 (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑