『らんちう』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/10 『らんちう』(赤松利市), 作家別(あ行), 書評(ら行), 赤松利市

『らんちう』赤松 利市 双葉社 2018年11月25日第一刷

犯人はここにいる全員です」 あなたは6人の独白に戦慄するだろう。そして読後、理解した真実に驚愕する。

リゾート旅館の総支配人が従業員6人の手により惨殺された。逮捕された犯人達は取調室で動機を語り出したが、彼らの殺意はあやふやなもので、確固たる憎悪も目的もない。キモデブ総支配人のワンマン経営、過重労働、美貌と人望を誇る若女将の裏の顔、従業員が洗脳される自己啓発セミナー - 複雑に絡み合う事実が供述から浮かび上がり、真相は二匹の奇形金魚 「ランチュウ」 へと帰結する。(双葉社)

第一章 犯行/従業員たちの衝動
舞台は千葉・九十九里浜近くにあるリゾート旅館、望海楼。総支配人である夷隅登が殺されたのは、3Fの一番奥にある特別室でのことでした。彼はその特別室を自分専用の仕事場兼寝室として自由気ままに使用しています。そこで、彼は寝込みを襲われたのでした。

登は手足を押さえ込まれた上に、延長コードで頸を絞められて殺害されます。直接手を下したのが元従業員・石和田徳平で、部屋には他に5人の従業員がいました。通報したのも石和田で、駆けつけた警察官に、彼は 「犯人は - ここにいる全員です」 と答えます。

その6人が、以下の面々。(登場順)

・大出隆司(35)  厨房契約社員
・花沢恵美(28)  フロント契約社員
・石井健人(26)  総務部正社員
・藤代伸一(35)  営繕契約社員
・石和田徳平(65)  元営繕係長
・鐘崎祐介(36)  厨房臨時社員

ここでは、彼らの、あるやないかの “殺意” についてが語られます。

第二章 取調/容疑者たちの憂鬱
6人の供述は紆余曲折し、いたずらに長いばかりで的を得ません。唯一、鐘崎のそれだけが他の5人とは違っています。(この章に最も多くのページが割かれています)

第三章 供述/参考人たちの困惑
ここでは既に望海楼を辞めた (リストラされた) 人間、望海楼の経営者の娘であり、死んだ登の妻の純子、そして純子が頼りとする、ある「自己啓発セミナー」 の塾長らが登場してきます。供述するのは以下の6名。

高富悦子(61)  元副支配人
高梨亀次(59)  元料理長
外間勝次(67)  元取締役総務部部長
夷隅純子(37)  望海楼専務取締役/殺された夷隅登の妻
比和嘉和(65)  自己啓発セミナー塾長
小金井さおり(29)  元自己啓発セミナー講師

第四章 覚醒/受刑者たちの明日
事件のあらましは、凡そ第三章で明らかになったかに見えます。しかし、この物語が真に示そうとするのはそれではありません。その先にあり、それがここに書いてあります。

※私は今、李龍徳(イ・ヨンドク)と同じくらい赤松利市が気になっています。この小説が気になったのなら、ぜひ前作の 『鯖』 を読んでみてください。この本以上に “生臭い” 話が書いてあります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆赤松 利市
1956年香川県生まれ。

作品 「藻屑蟹」「鯖」

関連記事

『日輪の遺産/新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『日輪の遺産/新装版』浅田 次郎 講談社文庫 2021年10月15日第1刷 これこ

記事を読む

『レディ・ジョーカー』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『レディ・ジョーカー』(上・下)高村 薫 毎日新聞社 1997年12月5日発行 言わずと知れた、

記事を読む

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一刷 夏流城(か

記事を読む

『ことり』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ことり』小川 洋子 朝日文庫 2016年1月30日第一刷 人間の言葉は話せないけれど、小鳥の

記事を読む

『シャイロックの子供たち』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『シャイロックの子供たち』池井戸 潤 文春文庫 2008年11月10日第一刷 ある町の銀行の支店で

記事を読む

『1ミリの後悔もない、はずがない』(一木けい)_書評という名の読書感想文

『1ミリの後悔もない、はずがない』一木 けい 新潮文庫 2020年6月1日発行 「

記事を読む

『姫君を喰う話/宇能鴻一郎傑作短編集』(宇能鴻一郎)_書評という名の読書感想文

『姫君を喰う話/宇能鴻一郎傑作短編集』宇能 鴻一郎 新潮文庫 2021年8月1日発行

記事を読む

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 (帯に) 芥川賞作家の謎めくデビュー作、

記事を読む

『夫婦一年生』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夫婦一年生』朝倉 かすみ 小学館文庫 2019年7月21日第2刷発行 新婚なった夫

記事を読む

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷 職場の親睦会

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑