『あの子の殺人計画』(天祢涼)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『あの子の殺人計画』(天祢涼), 作家別(あ行), 天祢涼, 書評(あ行)

『あの子の殺人計画』天祢 涼 文春文庫 2023年9月10日 第1刷

社会派ミステリー・仲田シリーズ 第2弾 母を慕う気持ちが、憎しみに変わる・・・・・・・。少女の想いに胸が引き裂かれる、シリーズ屈指の傑作 第3回細谷賞選出

お母さんを殺せば、他の家の子になれる? 」 その殺人計画 はあまりに切実で、苦しい。

椎名きさらは小学五年生。母子家庭で窮乏している上に親から 〈水責めの刑〉 で厳しく躾けられていた。ある時、保健室の遊馬先生や転校生の翔太らに指摘され、自分が虐待されているのではないかと気づき始める・・・・・・・。

一方、JR川崎駅近くの路上で、大手風俗店のオーナー・遠山が刺し殺された。県警本部捜査一課の真壁は所轄の捜査員・宝生と組んで聞き込みに当たり、かつて遠山の店で働いていた椎名綺羅に疑念を抱く。だが事件当夜、彼女は娘のきさらと一緒に自宅にいたというアリバイがあった。真壁は生活安全課に所属しながら数々の事件を解決に導いた女性捜査員・仲田蛍の力を借りて、椎名母娘の実像に迫る。

前作 『希望が死んだ夜に』 の 「こどもの貧困」 に続き、「こどもの虐待」 をテーマに 〈仲田・真壁コンビ〉 の活躍を描く社会派と本格が融合した傑作ミステリー。(文芸春秋BOOKSより)

なんで、あの子ばっかり」 その瞬間、椎名の顔つきが変わる。現れたのは、紛れもなく十七年前の、宝生が幾度となく再会を夢見た少女の顔だった。少女と化した椎名は、双眸から大粒の涙をぽろぽろこぼして声を震わせる。

ダ・ヴィンチ先生みたいにお母さんが絵をほめてくれればよかった。小芝なんていなくて若田部先生があたしのことをもっと見てくれればよかった。遊馬先生が産休に入らなければよかった。代わりの保健室の先生がまともならよかった。遠山になんて出会わなければよかった。翔太がずっと傍にいてくれればよかった!

きさらは十歳。まだ小学五年生の少女です。

母が一人で、家が貧しいのはわかります。ほかの同級生みたいに、服や靴が買ってはもらえないのは承知しています。ケーキを買ってする誕生日のお祝いなど、したことがありません。時々、母は怒って食事を抜くことがあります。そんなときは、牛乳を飲んで我慢します。

亡くなる時、父はきさらに 「母を支えてあげてくれ」 と繰り返し言ったのでした。きさらは、その約束を忘れることがありません。たとえ母がするのが虐待や育児放棄だったとしても、幼い彼女に、それの何が理解できたでしょう。きさらはただただ母に従順であろうと、それだけを願っています。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆天祢 涼
1978年生まれ。

作品 「キョウカンカク」「葬式組曲」「父の葬式」「境内ではお静かに」シリーズ「謎解き広報課」「彼女が花を咲かすとき」「希望が死んだ夜に」他

関連記事

『コロナと潜水服』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『コロナと潜水服』奥田 英朗 光文社文庫 2023年12月20日 初版1刷発行 ちょっぴり切

記事を読む

『竜血の山』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『竜血の山』岩井 圭也 中央公論社 2022年1月25日初版発行 北の鉱山に刻まれ

記事を読む

『かか』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『かか』宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月30日初版 19歳の浪人生うー

記事を読む

『アイ・アム まきもと』(黒野伸一 著 倉本裕 脚本)_書評という名の読書感想文

『アイ・アム まきもと』黒野伸一 著 倉本裕 脚本 徳間文庫 2022年9月15日初刷

記事を読む

『オールド・テロリスト』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『オールド・テロリスト』村上 龍 文春文庫 2018年1月10日第一刷 「満州国の人間」を名乗る老

記事を読む

『庭』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『庭』小山田 浩子 新潮文庫 2021年1月1日発行 夫。どじょう。クモ。すぐそば

記事を読む

『バールの正しい使い方』(青本雪平)_書評という名の読書感想文

『バールの正しい使い方』青本 雪平 徳間書店 2022年12月31日初刷 僕たちは

記事を読む

『夏目家順路』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夏目家順路』朝倉 かすみ 文春文庫 2013年4月10日第一刷 いつもだいたい機嫌がよろしい

記事を読む

『夫の骨』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『夫の骨』矢樹 純 祥伝社文庫 2019年4月20日初版 昨年、夫の孝之が事故死し

記事を読む

『インストール』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『インストール』綿矢 りさ 河出書房新社 2001年11月20日初版 この小説が文藝賞を受賞

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑