『村でいちばんの首吊りの木』(辻真先)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『村でいちばんの首吊りの木』(辻真先), 作家別(た行), 書評(ま行), 辻真先

『村でいちばんの首吊りの木』 辻 真先 実業之日本社文庫 2023年8月15日 初版第1刷発行

隠れた名作初文庫化 たくらみに満ちた辻マジックが冴える 著者ベスト級の傑作ミステリ!

母から息子への痛切な願い 手紙に秘められた真相は!?

手首を切断された女の死体を名古屋の下宿に残して長男が失踪。事件の第一発見者は、奥飛騨の寒村から長男を訪ねてきた母親だった。息子の無実を訴える母と、大学受験を控えた次男との間で交わされる手紙が、やがて驚愕の真実を浮き彫りに・・・・・・・。著者ベスト級の呼び声高い表題作ほか、騙りの技巧を凝らした中編三本を収録。極上の本格ミステリ集! 対談/阿津川辰海 (実業之日本社文庫)

単行本は1986年4月、中央公論社から 『旅路 村でいちばんの首吊りの木』 の書名で刊行。本の中身は - はじめ三つが小説で、あっという間に読めてしまいます。各作品共にほど良い長さで、とにかく読みやすい。スイスイ読めて、思わず 「うまい! 」 と唸る、(中編の) お手本のような作品です。ぜひ手に取ってみてください。

[目次]
村でいちばんの首吊りの木
街でいちばんの幸福な家族
島でいちばんの鳴き砂の浜
・大人でいちばんの子供の私
(あとがきA あとがきB あとがきC)

・特別対談 辻 真先×阿津川辰海 (小説家)

※辻 真先は、日本のアニメ・特撮脚本家、推理作家、漫画原作者、旅行評論家、エッセイスト、デジタルハリウッド大学名誉教授。1932年3月23日生まれで、御年91歳。最も好きな漫画は 『ジャングル大帝』 で、脚本を担当した作品は - エイトマン、鉄腕アトム、宇宙少年ソラン、オバケのQ太郎、スーパージェッター - などをはじめ数知れず。 アニメもさることながら著作もまた膨大で、中で特筆すべきが 「村でいちばんの首吊りの木」。著者40歳代の作品です。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆辻 真先
1932年愛知県名古屋市生まれ。
名古屋大学文学部卒業。

作品 「仮題・中学殺人事件」「アリスの国の殺人」「完全恋愛」(牧薩次名義)「たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説」他多数

関連記事

『盲目的な恋と友情』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『盲目的な恋と友情』辻村 深月 新潮文庫 2022年12月5日9刷 これがウワサの

記事を読む

『雪の鉄樹』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『雪の鉄樹』遠田 潤子 光文社文庫 2016年4月20日初版 母は失踪。女の出入りが激しい「たらし

記事を読む

『万引き家族』(是枝裕和)_書評という名の読書感想文

『万引き家族』是枝 裕和 宝島社 2018年6月11日第一刷 「犯罪」 でしか つな

記事を読む

『死んでいない者』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『死んでいない者』滝口 悠生 文芸春秋 2016年1月30日初版 秋のある日、大往生をとげた男

記事を読む

『高架線』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『高架線』滝口 悠生 講談社 2017年9月27日第一刷 そうやって元のところに留まらないで、次々

記事を読む

『あん』(ドリアン助川)_書評という名の読書感想文

『あん』ドリアン助川 ポプラ文庫 2015年4月15日第一刷 線路沿いから一本路地を抜けたところに

記事を読む

『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』(谷川俊太郎)_書評という名の読書感想文

『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』谷川 俊太郎 青土社 1975年9月20日初版発行

記事を読む

『湖の女たち』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『湖の女たち』吉田 修一 新潮文庫 2023年8月1日発行 『悪人』 『怒り』 を

記事を読む

『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

『崩れる脳を抱きしめて』知念 実希人 実業之日本社文庫 2020年10月15日初版

記事を読む

『我らが少女A』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『我らが少女A』高村 薫 毎日新聞出版 2019年7月30日発行 一人の少女がいた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑