『わたしの良い子』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『わたしの良い子』寺地 はるな 中公文庫 2022年9月25日初版発行

誰かのこと、嫌いって言ってもいいよ。家ではね」 注目作家 寺地はるなが描く 良い子 の定義とは。

三十一歳独身、文具メーカーの経理部に勤める椿は、出奔した妹の子ども・朔と暮らすことに。慣れない子育てなうえ、勉強も運動も苦手で内にこもりがちな朔との毎日は、時に椿を追いつめる。自分が正しいかわからない、自分の意思を押しつけたくもない。そんな中、どこかで朔を 「他の子」 と比べていることに気づいた椿は・・・・・・・。(中公文庫)

今がまさに子育て真っ最中という人は言うに及ばず、世の老若男女、すべての人に読んでほしいと思います。

「置き去りにされた妹の息子の面倒を、ある日突然看ることになった姉の日々」 を教材に、

「何かについて、誰かと、いつもあなたは比べていませんか? 」 他人を気にするあまり、「自分の気持ちに嘘をつき、何気に人を傷つけてはいませんか? 」- というようなことが書いてあります。

どうして。どうして。
どうしてちゃんとできないの?
他の子みたいに。

鈴菜は母親でしょ
お姉ちゃんのほうがよっぽど 母親に向いているのかもね
そうね

この物語の核心は、そして読み手の気持ちを揺さぶる震源地は、人間の抱える矛盾 を丁寧に描き出しているところにあると私は思う。もう少し踏み込んで言うならば、己に矛盾せずには生きていけない人間の悲しみや苦しみの話だ。

それはきっと、ほんとはみんなそうなんだ。他でもない自分自身が大事にしている価値観や、正しいと思っている答え から、みんなどこかではみ出しながら生きている。

けれど、そのことを突きつけられる瞬間はやっぱりとても苦しい。認めることが怖くもある。自分で自分の首を締めているような、自分の存在を自分で消し去ろうとしているような、そんな感覚と向き合わないといけないからだ。自分をぶん殴りたい経験は、きっとあなたにもあるだろう。もちろん私にも数え切れないほどあったし、未だにその矛盾から解放されたとも思わない。(解説より/村中直人)

※「普通」 とは何でしょう。「常識」 とは?

それはあなたにとって 「普通」 で、「私が思う普通」 ではありません。あなたにとっての 「普通」 は、もしかしたら、実体のない、今在る社会の規範に縛られた、仕方なく受け入れているものではないですか? まさか、それを誰かに押しつけてはいませんか。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆寺地 はるな
1977年佐賀県唐津市生まれ。大阪府在住。
高校卒業後、就職、結婚。35歳から小説を書き始める。

作品 「ビオレタ」「ミナトホテルの裏庭には」「夜が暗いとはかぎらない」「大人は泣かないと思っていた」「水を縫う」「正しい愛と理想の息子」他

関連記事

『仮面病棟』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

『仮面病棟』知念 実希人 実業之日本社文庫 2014年12月15日初版 仮面病棟 (実業之日本

記事を読む

『あなたの不幸は蜜の味』(辻村深月ほか)_書評という名の読書感想文

『あなたの不幸は蜜の味』辻村深月ほか PHP文芸文庫 2019年7月19日第1版 あなたの不

記事を読む

『サンティアゴの東 渋谷の西』(瀧羽麻子)_書評という名の読書感想文

『サンティアゴの東 渋谷の西』瀧羽 麻子 講談社文庫 2019年5月15日第1刷 サンティア

記事を読む

『甘いお菓子は食べません』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『甘いお菓子は食べません』田中 兆子 新潮文庫 2016年10月1日発行 甘いお菓子は食べませ

記事を読む

『夜が暗いとはかぎらない』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『夜が暗いとはかぎらない』寺地 はるな ポプラ文庫 2021年6月5日第1刷 夜が暗いとはか

記事を読む

『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』(辻内智貴)_書評という名の読書感想文

『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』 辻内智貴 祥伝社 2012年10月20日初版 僕は

記事を読む

『カソウスキの行方』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『カソウスキの行方』津村 記久子 講談社文庫 2012年1月17日第一刷 カソウスキの行方 (

記事を読む

『私のなかの彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私のなかの彼女』角田 光代 新潮文庫 2016年5月1日発行 私のなかの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『からまる』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『からまる』千早 茜 角川文庫 2014年1月25日初版 からまる (角川文庫) 地方公務員

記事を読む

『高架線』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『高架線』滝口 悠生 講談社 2017年9月27日第一刷 高架線 そうやって元のところに留ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑