『おいしいごはんが食べられますように』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『おいしいごはんが食べられますように』高瀬 隼子 講談社 2022年8月5日第8刷

心のざわつきが止まらない。最高に不穏な傑作職場小説!

職場でそこそこうまくやっている二谷と、皆が守りたくなる存在で料理上手な芦川と、仕事ができてがんばり屋の押尾。ままならない人間関係を、食べものを通して描く傑作。(講談社)

【第167回芥川賞受賞作】

舞台はラベルパッケージ製作会社の地方支店。入社7年目の男性社員・二谷はある日、後輩の女性社員・押尾にこう持ちかけられる。わたしと一緒に、芦川さんにいじわるしませんか

周囲に気遣われ大事にされている、はかなげな雰囲気の芦川さん。体が丈夫でないことを考慮され、早退しても、研修に出なくてもとがめられない。皆が彼女を許していることがむかつくのだと、時に頭痛を押して残業する押尾は言う。その言葉にうなずく二谷は、実は芦川さんと付き合っていた。

個人の事情で仕事を免除される社員がいて、その仕事を引き受けざるを得ない社員がいる。どの職場にも存在する善悪で語れない事実を提示しつつ、この小説はそこに というもう一つのテーマを入れ込んでくる。(後略/2022年08月27日 京都新聞 評・北村浩子)

読むと、すぐに気付きます。この小説に登場する誰も彼もが、どこの、どんな職場にだっていることを。

そして、思うはずです。これは、現に今 「自分が働いている職場」 のことではないのかと。読み進めるほどに 「あるある感」 は増し、それはおそらく結末に至るまで続きます。

二谷は、おれだ! 」 と。
押尾は、わたし」 のことだと。
深く頷きながら、「芦川さんみたいな女の人って、いるよねえ・・・・」 と。

そして(おそらく多くの読者が予感する通り) 最終的に “割を食う” のは - 一番仕事ができるであろう - 押尾なわけです。実に理不尽なことではありますが、得てして現実はそんなものです。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆高瀬 隼子
1988年愛媛県生まれ。
立命館大学文学部卒業。

作品 2019年 「犬のかたちをしているもの」 で第43回すばる文学賞を受賞し、デビュー。著書に 『犬のかたちをしているもの』 『水たまりで息をする』 (ともに集英社) がある。

関連記事

『エリザベスの友達』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『エリザベスの友達』村田 喜代子 新潮文庫 2021年9月1日発行 あの頃、私たち

記事を読む

『夫のちんぽが入らない』(こだま)_書評という名の読書感想文

『夫のちんぽが入らない』こだま 講談社文庫 2018年9月14日第一刷 "夫のちんぽが入らない"

記事を読む

『命売ります』(三島由紀夫)_書評という名の読書感想文

『命売ります』三島 由紀夫 ちくま文庫 1998年2月24日第一刷 先日書店へ行って何気に文

記事を読む

『やりたいことは二度寝だけ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『やりたいことは二度寝だけ』津村 記久子 講談社文庫 2017年7月14日第一刷 毎日アッパッパー

記事を読む

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 文春文庫 2024年4月10日

記事を読む

『女たちの避難所』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『女たちの避難所』垣谷 美雨 新潮文庫 2017年7月1日発行 九死に一生を得た福

記事を読む

『青春ぱんだバンド』(瀧上耕)_書評という名の読書感想文

『青春ぱんだバンド』瀧上 耕 小学館文庫 2016年5月12日初版 鼻の奥がツンとする爽快青春小説

記事を読む

『うどん陣営の受難』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『うどん陣営の受難』津村 記久子 U - NEXT 2023年8月25日 第2刷発行 100

記事を読む

『おれたちの歌をうたえ』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『おれたちの歌をうたえ』呉 勝浩 文春文庫 2023年8月10日第1刷 四人の少年と、ひとり

記事を読む

『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版 和翔は十三歳の時に母親を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑