『三度目の恋』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『三度目の恋』(川上弘美), 作家別(か行), 川上弘美, 書評(さ行)

『三度目の恋』川上 弘美 中公文庫 2023年9月25日 初版発行

そんなにも、彼が好きなの? それなら、きみも魔法をおぼえることができるよ 平安、江戸吉原、現代 -伊勢物語をモチーフに紡がれる千年の恋の物語

結婚したのは、唯一無二のはずだったひと。高丘さんに教えてもらった 「魔法」 で、むかしむかしの世に旅に出るようになるまでは。あるときは江戸吉原の遊女、さらには平安の世の女房として、梨子はさまざまな愛を知り・・・・・・・。『伊勢物語』 をモチーフに、夢とうつつ、むかしと今のあわいをたゆたい、恋愛の深淵をのぞく傑作長編。〈解説〉 千早 茜 (中公文庫)

川上弘美の長編 『三度目の恋』 を読みました。『伊勢物語』 と聞くと、(読むのに) ちょっと躊躇するかもしれません。 でも大丈夫。何も心配は要りません。ただ、もしかすると - 読むとあなたがこれまで信じてきた恋愛観や生き方に思いが至り、自分のしてきたことが本当に自分の望みだったのか、問い直すことになるかもしれません。

古典を訳していると、ときどき足元がゆがむような心地になった。もし現代に生まれていなかったら私は私でいられただろうか。男らしいとか女らしいとか、平等という概念さえ、時代によってすりこまれたものではないか。恋とか愛という想いも、誰かによってすりこまれた物語をなぞっているだけかもしれない。自分のほんとうの願いなど存在するのだろうか。古典を読むということは不確かさに触れることだった。

本書は 『伊勢物語』 をモチーフにしているが、主人公は現代に生きる梨子という女性だ。梨子は 「ナーちゃん」 こと原田生矢に幼いころから恋している。その恋の中で、梨子は高丘さんに出会い、夢の中で、江戸時代の遊女になり、平安時代の女房になる。おのおのの時代で梨子は、梨子であって梨子ではない女として生きて、梨子の想い人ではない男にからだを許したり恋をしたりする。(千早茜/解説より)

さあ、

あなたも梨子になって - ときに江戸吉原の遊女・春月に、ときに在原業平が愛する姫の女房になって、時代と共に移り行く男女関係について、その交情のあり方についてを学んでください。千年を旅し、あなたが理想とする今のそれとを比較してみてください。思うところが、きっとあるはずです。

本書は 『伊勢物語』 の謎に近づきながらも決めつけることはない。通子さんも春月も姫さんもどこか謎めいた印象が残る。自分の恋心を自分でもわからぬままに抱えている。主人公の梨子でさえもそうだ。彼女たちはなまものだ。そして、私自身もわからぬものを抱えたまま生きている。千年も前から男と女の物語はあって、ここまで無数に書かれてきても、まだ男と女のことはわからない。気が遠くなるような、頼もしいような心地になる。(同解説)

※通子さんは、梨子の夫・ナーちゃんを好きだと言って憚らない、梨子のお琴の先生です。但し、体の関係はありません。それをいうなら、むしろ梨子と高丘さんの関係にこそ危ういものを感じます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆川上 弘美
1958年東京都生まれ。
お茶の水女子大学理学部卒業。

作品 「神様」「溺レる」「蛇を踏む」「真鶴」「ざらざら」「センセイの鞄」「天頂より少し下って」「水声」「どこから行っても遠い町」「大きな鳥にさらわれないよう」他多数

関連記事

『万引き家族』(是枝裕和)_書評という名の読書感想文

『万引き家族』是枝 裕和 宝島社 2018年6月11日第一刷 「犯罪」 でしか つな

記事を読む

『砂漠ダンス』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『砂漠ダンス』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 「砂漠へ行きたいと考えたのはテレビで

記事を読む

『果鋭(かえい)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『果鋭(かえい)』黒川 博行 幻冬舎 2017年3月15日第一刷 右も左も腐れか狸や! 元刑事の名

記事を読む

『三千円の使いかた』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

『三千円の使いかた』原田 ひ香 中公文庫 2021年8月25日初版 知識が深まり、

記事を読む

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄 新潮文庫 2012年10月1日発行 高校一年生の斉藤くんは、年

記事を読む

『殺人鬼フジコの衝動』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『殺人鬼フジコの衝動』真梨 幸子 徳間文庫 2011年5月15日初版 小学5年生、11歳の少

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 「この本は何も教えてくれな

記事を読む

『砂に埋もれる犬』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『砂に埋もれる犬』桐野 夏生 朝日新聞出版 2021年10月30日第1刷 ジャンル

記事を読む

『それを愛とは呼ばず』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『それを愛とは呼ばず』桜木 紫乃 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 妻を失った上に会社を追わ

記事を読む

『夜の公園』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『夜の公園』川上 弘美 中公文庫 2017年4月30日再版発行 「申し分のない」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑