『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』(山寺香)_書評という名の読書感想文

『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』山寺 香 ポプラ文庫 2020年4月5日第1刷

誰もボクを見ていない: なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか (ポプラ文庫)

殺してでも金を借りてこい」- 母親からの執拗な脅迫により、実の祖父母を殺害。金品を奪ったとして逮捕された当時17歳の少年。取調べで明らかになったのは、少年が過ごしてきたあまりにも過酷な環境だった。「判決はどうでもいい。自分のような子がいたら救ってあげてほしい」。逮捕当初から取材にかかわる記者が、少年の犯した罪の実相に迫り、少年犯罪の背景にある闇を暴く渾身のノンフィクション。(BookLiveより)

[事件のあらまし]
2014年3月29日、埼玉県川口市のアパートの一室で背中を刃物で刺された70代の老夫婦の遺体が発見された。1ヶ月後、警察は窃盗容疑で孫の少年当時17歳を逮捕後に強盗殺人容疑などで再逮捕した。殺害の動機については 金目当てだった との供述が報じられた。

これだけなら、ままあるといえばある事件。素行の悪い不良少年が遊ぶ金ほしさに祖父母を殺してしまう。きっとそんなことだったろうと。ところが -

- この事件はその後、発生時以上の注目を集めることになった。(後略)

法廷で明らかになった少年の生い立ちは常軌を逸した過酷なものであり、中でも驚愕した事実は少年が小学5年から義務教育を受けていなかったにもかかわらず、行政機関も周囲の大人も少年を救い出すことがないまま事件に追い込まれていったことだった。さらに少年は住民票を残したまま転居を繰り返し、行政が居場所を把握できない居所不明児童だったのだ。

少年は小学5年から中学2年まで、母親と義父に連れられ学校にも通わせてもらえないまま、ラブホテルを転々としたり野宿をしたりして生活していた。さらに、少年は両親から度重なる虐待を受け、生活費がないのはお前のせいだ と責め立てられて親戚への金の無心を繰り返しさせられていたという。

事件当日も、母親から必ず金を得てくるようにきつく命じられ、祖父母宅に一人で向かわされ、借金を断られて事件を起こした。

少年の母親とは、こんな人物でした - 用もないのにホテルに泊まりたがる。決まって行くのはパチンコかゲームセンター。それとホストクラブ。産んだばかりの子供の世話を少年にまかせ、自分のしたいようにする。仕事は一切しません。すると言いながら、したためしがありません。

やっとの思いで少年が手にした現金を、屁とも思わず浪費する。悪びれず、平気な顔で、また 「金を借りて来い」 と繰り返す。面子もクソもない。したいように生きている。どこまでいっても、その繰り返し。変わろうという気配すら見えません。

※不思議だったのは、母親らしいところが一切ない母親に、「少年はなぜ、ああまでして現金を工面し続けたのか? 」 機会はあったのに、「なぜ、誰かに助けを求めなかったのか? 」 ということです。

嫌な役目を繰り返し強要され、虐待され、それでも少年は周囲の大人に助けを求めようとはしませんでした。それもあり、周囲の大人は薄々感じていても救い出すまでには至りません。事件は、そんな中で起こります。

この本を読んでみてください係数 85/100

誰もボクを見ていない: なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか (ポプラ文庫)

◆山寺 香 (新聞記者)
1978年山梨県生まれ。

2003年、毎日新聞社入社。2014年4月からさいたま支局。事件・裁判担当だった同年12月に本事件の裁判員裁判を傍聴し、取材を始める。映画 『MOTHER』(主演:長澤まさみ、阿部サダヲ)の原案

関連記事

『賢者の愛』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『賢者の愛』山田 詠美 中公文庫 2018年1月25日初版 賢者の愛 (中公文庫) 高中真由

記事を読む

『ここは退屈迎えに来て』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『ここは退屈迎えに来て』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 ここは退屈迎えに来

記事を読む

『ボラード病』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ボラード病』吉村 萬壱 文春文庫 2017年2月10日第一刷 ボラード病 (文春文庫) B

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 乳と卵(らん) (文春文庫)

記事を読む

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷 太陽の塔(新潮文庫) 私

記事を読む

『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版 誰にも書ける一冊の本 光文

記事を読む

『テミスの剣』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『テミスの剣』中山 七里 文春文庫 2017年3月10日第1刷 テミスの剣 (文春文庫)

記事を読む

『魂萌え! 』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『魂萌え! 』桐野 夏生 毎日新聞社 2005年4月25日発行 魂萌え ! 夫婦ふたりで平穏

記事を読む

『アカペラ/新装版』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『アカペラ/新装版』山本 文緒 新潮文庫 2020年9月30日5刷 人生がきらきらし

記事を読む

『罪の余白』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『罪の余白』芦沢 央 角川文庫 2015年4月25日初版 罪の余白 (角川文庫) どうしよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ザ・ロイヤルファミリー』早見 和真 新潮文庫 2022年12月1日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑