『父からの手紙』(小杉健治)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/09 『父からの手紙』(小杉健治), 作家別(か行), 小杉健治, 書評(た行)

『父からの手紙』小杉 健治 光文社文庫 2018年12月20日35刷

家族を捨て、阿久津伸吉は失踪した。しかし、残された子供、麻美子と伸吾の元には、誕生日ごとに父からの手紙が届いた。十年が経ち、結婚を控えた麻美子を不幸が襲う。婚約者が死体で発見され、弟が容疑者として逮捕されたのだ。姉弟の直面した危機に、隠された父の驚くべき真実が明かされてゆく。完璧なミステリー仕立ての中に、人と人との強い絆を描く感動作! (光文社文庫)

50万部突破! 」にまんまと騙されました。「あなたはきっと涙が止まらない」 とあり、売れているから大丈夫だろうと、買った自分が情けなくなります。何度もあったのです。読んでその通りだったことなど滅多にありません。

この小説を読む前に、私は吉田修一の 『悪人』 という小説を読んでいました。それもあるのでしょうか、この 『父からの手紙』 という作品がやけに薄っぺらいものに感じてなりません。

登場する人物らはおしなべて凡庸で、誰もが思うであろう心の動きがそのままにストレートに書いてあるのに、そこに何を感じろと? 一々の描写が丹念に過ぎるのを不要に思うのは、私ばかりのことなのでしょうか?

本で読むよりドラマで観た方がいい - そう思うにつけ、改めて小杉健治という作家の来歴を確認すると、なんと、昔テレビでよく見た 「火曜サスペンス劇場」 をあまた手掛けた人ではないですか!?

道理で、大味ながらも内容自体は纏まっており、多くの謎を含んで飽きさせません。但し、感動は得てして書かれた文章ではなくその行間にこそあります。言葉だけでは、そう易々と泣けるものではありません。

この本を読んでみてください係数  75/100

  

◆小杉 健治
1947年東京都墨田区生まれ。
東京都立葛飾野高等学校を経て、コンピュータ専門学校を卒業後、プログラマーとなり18年間勤務。

作品 「原島弁護士の処置」「絆」「土俵を走る殺意」「残照」「正義を測れ」他多数

関連記事

『おれたちの歌をうたえ』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『おれたちの歌をうたえ』呉 勝浩 文春文庫 2023年8月10日第1刷 四人の少年と、ひとり

記事を読む

『煙霞』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『煙霞』黒川 博行 文芸春秋 2009年1月30日第一刷 WOWOWでドラマになっているらし

記事を読む

『蝶々の纏足・風葬の教室』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『蝶々の纏足・風葬の教室』山田 詠美 新潮社 1997年3月1日発行 「風葬の教室」(平林た

記事を読む

『すみなれたからだで』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『すみなれたからだで』窪 美澄 河出文庫 2020年7月20日初版 無様に。だけど

記事を読む

『平凡』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『平凡』角田 光代 新潮文庫 2019年8月1日発行 妻に離婚を切り出され取り乱す

記事を読む

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 専業主婦の小夜子は、ベンチャ

記事を読む

『逃亡小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『逃亡小説集』吉田 修一 角川文庫 2022年9月25日初版 映画原作 『犯罪小説

記事を読む

『闘う君の唄を』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『闘う君の唄を』中山 七里 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 新任の教諭として、埼玉県秩父郡の

記事を読む

『菊葉荘の幽霊たち』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『菊葉荘の幽霊たち』角田 光代 角川春樹事務所 2003年5月18日第一刷 友人・吉元の家探しを手

記事を読む

『ツタよ、ツタ』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ツタよ、ツタ』大島 真寿美 小学館文庫 2019年12月11日初版 (注) 小説で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑