『薄闇シルエット』(角田光代)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2016/12/13 『薄闇シルエット』(角田光代), 作家別(か行), 書評(あ行), 角田光代

『薄闇シルエット』角田 光代 角川文庫 2009年6月25日初版


薄闇シルエット (角川文庫)

「結婚してやる。ちゃんとしてやんなきゃな」と恋人に得意げに言われ、ハナは「なんかつまんねえ」と反発する。共同経営する下北沢の古着屋では、ポリシーを曲げて売り上げを増やそうとする親友と対立し、バイト同然の立場に。結婚、金儲けといった「ありきたりの幸せ」は信じにくいが、自分だけの何かも見つからず、もう37歳。ハナは、そんな自分に苛立ち、戸惑うが・・・・。ひたむきに生きる女性の心情を鮮やかに描く傑作長編。(角川文庫)

物語はとある居酒屋での何気ないやり取りから始まります。四人いるうちの二人、ハナとタケダくんは恋人同士で、付き合ってもうずいぶんと長くなります。このとき、タケダくんが言い放ったひと言に、ハナは著しく気分が悪くなります。- なんかつまんねえや。

まったく何もかもがいつも通りなのに、ハナは一々に苛ついています。浮かれた時にそうなるタケダくんの、一種独り言めいたしゃべり方。サンクスでのだらしない買いもの。37にもなってアルバイト暮らしの男が、利いたふうな口をきくなよ、などと。

私に続いてタケダくんが部屋に上がり、玄関先に置いてある灰皿で煙草をもみ消した。習慣になっているそんなことも腹立たしかった。タケダくんのために玄関先に灰皿など用意している自分は、いったいなんなんだろうと思った。(本文より)

そりゃもちろん結婚するんだよ、当然でしょう、と、数時間前、タケダくんはノリちゃんとムラノくんに言い放ったのでした。ムラノくんが「ハナちゃんももう37歳になったもんな」と言い、それを受けたかたちで、タケダくんは揺るぎなくそう言ったのです。

それがハナには初耳で、彼女はタケダくんが結婚を考えているなどとは全く知らなかったのです。それを彼は共通の友人の前で、宣誓のように口にしたそのとき、ハナは(本当なら)喜ぶべきだったのだろうと思い返しています。

タケダくんは得意げになって言います。「だってさあ、こいつもおれももうこんな年なんだし、ちゃんとしてやんなきゃってやっぱ思うよね。だらついてんのはせいぜい三十五までだよな」本人には結婚のけの字も言わず、友人の前で突然その話を持ち出したことが、粋で洒落た行為だといわんばかりの勢いで、そんなことをぺらぺらとしゃべったのでした。

しばらくのあと、ハナはタケダくんが言ったことをつらつらと思い出しては、こんなふうに考えます。- どうして結婚が当然なのか。どうして私がちゃんとしてもらわなきゃなんないのか。その決定にまつわる権限をどうしてタケダくんが持っていて、私がその決定を喜ぶとどうして誰も疑わないんだろう、と。
・・・・・・・・・
次に、ハナはこれとよく似たことを思い出します。それは彼女が家を出るまでの十八年間続いた、誕生日ケーキのことです。家族の誕生日には、いつも母の手作りのケーキが登場し、それは決まって生クリームと苺のケーキだったといいます。

高校一年生になり、ハナが初めてケーキ職人が作った(本物の)ケーキを食べた時。その衝撃は物凄く、一口食べて度肝を抜かれてしまいます。それは母のケーキととてもよく似たケーキだったのですが、比べものにならないほど美味しかったのです。

(ハナが)思うに、母が焼くケーキは決してまずかったわけではありません。しかし、それはあくまで素人の作る美味しいケーキで、ケーキ職人の作ったケーキを味わったあとでは、いかにも貧乏くさく、垢抜けず、古典的でマンネリ化したものでした。

しかし母は、自分が作るケーキが誕生日を迎えた人を幸福にすると信じて疑わず、せっせと作ります。母を悲しませないためにそれを食べるのですが、時に無理を言うと、母は威厳と傲慢さでもって、「今度の誕生日にケーキは作ってあげませんからね」と宣言します。

ハナは、鼻白むようなあわれむような、苛つくような侮辱したいような、荒々しい気分になったといいます。つまんねえ女。大通りの古びたケーキ屋ですら、あんたが百年かかっても作れない美味しいケーキがわんさとあるのにさ。五百円かそこらでそれは手に入るのにさ - と。

なんかつまんねえ、と、居酒屋で感じた気分は、高校生のハナが母のケーキに対して感じたこととまったく同じだったのです。結婚という言葉で喜ぶと、どうしてタケダくんは信じているのだろう。

今まで数え切れないほどの言葉を交わしてきた二人は、その言葉の奥に相手の姿をきちんと見てきたのだろうかと。その時のハナは、白い壁にぼんやり映る自分の影と見つめ合いながら、そんなことを考えています。

※ 第一章「ホームメイドケーキ」より。断っておきますが、これはほんのさわりにしか過ぎません。このあと物語は、タイトルの「薄闇シルエット」を間に挟み、第七章「空に星、窓に灯」まで続いてゆきます。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


薄闇シルエット (角川文庫)

 

◆角田 光代
1967年神奈川県横浜市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「空中庭園」「かなたの子」「紙の月」「八日目の蝉」「ロック母」「マザコン」「だれかのいとしいひと」「ドラママチ」「それもまたちいさな光」「対岸の彼女」他多数

関連記事

『王国』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『王国』中村 文則 河出文庫 2015年4月20日初版 王国 (河出文庫 な) &nbs

記事を読む

『インストール』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『インストール』綿矢 りさ 河出書房新社 2001年11月20日初版 インストール &n

記事を読む

『あん』(ドリアン助川)_書評という名の読書感想文

『あん』ドリアン助川 ポプラ文庫 2015年4月15日第一刷 あん 線路沿いから一本路地を抜

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『歩いても 歩いても』(是枝裕和)_書評という名の読書感想文

『歩いても 歩いても』是枝 裕和 幻冬舎文庫 2016年4月30日初版 歩いても、歩いても (

記事を読む

『夫の墓には入りません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『夫の墓には入りません』垣谷 美雨 中公文庫 2019年1月25日初版 夫の墓には入りません

記事を読む

『左手首』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『左手首』黒川 博行 新潮社 2002年3月15日発行 左手首 (新潮文庫)  

記事を読む

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 雨の夜、夜行列車に (角

記事を読む

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』山田 詠美 幻冬社 2013年2月25日第一刷

記事を読む

『墓地を見おろす家』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『墓地を見おろす家』小池 真理子 角川ホラー文庫 2014年2月20日改訂38版 墓地を見おろ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『農ガール、農ライフ』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『農ガール、農ライフ』垣谷 美雨 祥伝社文庫 2019年5月20日初

『許されようとは思いません』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『許されようとは思いません』芦沢 央 新潮文庫 2019年6月1日発

『百花』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『百花』川村 元気 文藝春秋 2019年5月15日第1刷 百花

『義弟 (おとうと)』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『義弟 (おとうと)』永井 するみ 集英社文庫 2019年5月25日

『夜に啼く鳥は』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『夜に啼く鳥は』千早 茜 角川文庫 2019年5月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑