『検事の信義』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の信義』柚月 裕子 角川書店 2019年4月20日初版

検事の信義

累計40万部突破佐方貞人シリーズ 6年ぶりの最新刊! 孤高の検事の男気と執念を描いた、心ふるわすリーガル・ミステリー!!

任官5年目の検事・佐方貞人は、認知症だった母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった。昌平は介護疲れから犯行に及んだと自供、事件は解決するかに見えた。しかし佐方は、遺体発見から逮捕まで 「空白の2時間」 があることに疑問を抱く。独自に聞き取りを進めると、やがて見えてきたのは昌平の意外な素顔だった・・・・・・・。(「信義を守る」)

そこで暮らす人を思うと、胸が詰まる思いがします。行き場のない人生に、誰を頼りに、何を支えに生きろというのかと。

家の玄関の横にある住居表示と、手帳に控えてきた昌平の住所を照らし合わせる。間違いない。ここが道塚親子の家だ。
道塚親子の家は、大里町の外れにあった。田圃や畑が多く、家から家までが離れている。
道塚親子の家は、平屋だった。
外観から、なかは狭いとわかる。おそらく、台所と水回りのほかは、六畳か八畳の部屋がふたつ - もしくはそれより狭い部屋がみっつあるくらいだろう。瓦屋根はすっかり色が褪せ、壁も長年の風雨で傷んでいた。
建坪と同じくらいの庭があるが、そう呼ぶには抵抗があった。かつては庭木だったと思しき樹木は枯れ、地面にはいつから置かれているのかわからない、中身が入ったゴミ袋があった。

佐方は、家の横へ回った。ついていく。朽ちた縁台があり、人が出入りできる掃き出し窓があった。窓には、カーテンが引かれている。
佐方が、カーテンのわずかな隙間から、なかを覗いた。後ろにいる増田を振り返り、難しい顔をする。

茶の間と思われる部屋のなかは、家の外に劣らず荒れていた。テーブルのうえには、茶碗や箸が乱雑に置かれている。畳のうえには、丸まった紙や、ミカンの皮、衣類が散乱していた。
壁には、なにかわからない染みと、去年の五月から捲られていないカレンダーがかかっていた。その横に、雑誌の切り抜きのようなものが貼られている。女性のようだ。遠目にも青い衣装を着ているのがわかる。
(P177.178 から抜粋)

※この案件は、米崎地検・刑事部に所属する任官十二年目のベテラン検事、矢口史郎から送られてきたものでした。

矢口が作成した昌平の公判引継書には、求刑懲役十年とあります。その理由は、母親である須恵の殺害動機は自分勝手なものであり、須恵を殺害したあと逃亡すら企てた。介護の苦労があったとしても情状酌量の余地はない、と判断したものでした。

刑事部が認定した情状や求刑に、(佐方が所属する) 公判部が異議を唱えるというケースはほとんどありません。そこに疑問を呈することは、案件をあげてきた検事の判断を疑うことになります。ひいては、地検内部に摩擦を生むことにもなり兼ねません。

矢口は検事としてキャリアが長く、気難しいと評判の人物で、一方の佐方は任官してまだ五年目の、おそらく矢口にすればひよっこ検事の一人に過ぎません。

その佐方が、異議を唱えようとしています。普通なら行くこともない現場に繰り返し出かけては、矢口が見落とした何事かの片鱗を見つけ出そうとしています。

この本を読んでみてください係数 80/100

検事の信義

◆柚月 裕子
1968年岩手県生まれ。

作品 「臨床真理」「盤上の向日葵」「最後の証人」「検事の本懐」「検事の死命」「朽ちないサクラ」「ウツボカズラの甘い息」「孤狼の血」他多数

関連記事

『神の子どもたちはみな踊る』(村上春樹)_ぼくたちの内なる “廃墟” とは?

『神の子どもたちはみな踊る』村上 春樹 新潮文庫 2019年11月15日33刷 神の子どもた

記事を読む

『テティスの逆鱗』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『テティスの逆鱗』唯川 恵 文春文庫 2014年2月10日第一刷 テティスの逆鱗 (文春文庫)

記事を読む

『ファーストクラッシュ』(山田詠美)_ 私を見て。誰より “私を” 見てほしい。

『ファーストクラッシュ』山田 詠美 文藝春秋 2019年10月30日第1刷 ファースト クラ

記事を読む

『折れた竜骨(下)』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『折れた竜骨(下)』米澤 穂信 東京創元社 2013年7月12日初版 折れた竜骨 下 (創元推

記事を読む

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 かなたの子 (文春文庫)

記事を読む

『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行 カエルの楽園 (新潮文庫) 平

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海   空海は二人いた

記事を読む

『婚礼、葬礼、その他』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『婚礼、葬礼、その他』津村 記久子 文春文庫 2013年2月10日第一刷 婚礼、葬礼、その他

記事を読む

『BUTTER』(柚木麻子)_梶井真奈子、通称カジマナという女

『BUTTER』柚木 麻子 新潮文庫 2020年2月1日発行 BUTTER (新潮文庫 ゆ

記事を読む

『琥珀のまたたき』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『琥珀のまたたき』小川 洋子 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 琥珀のまたたき (講

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サ

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑