『近畿地方のある場所について』 (背筋)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『近畿地方のある場所について』 (背筋), 作家別(さ行), 書評(か行), 背筋

『近畿地方のある場所について』 背筋 KADOKAWA 2023年8月30日 初版発行

ネットでだったか、この本が紹介されているのを偶然目にしました。“そそられた“ のは、そのタイトルでした。で、中身が何なのか、よく確かめもせず買いました。そんなことがたまにあります。

私は近畿地方のある田舎町で暮らしています。タイトルにある 「ある場所」 とは、(近畿地方の) どの辺りのことなのか、それがとても気になりました。読み出して、はじめて中身がホラーだと知りました。    

はじめまして。背筋と申します。

この本に収録されている様々な形式の文章は、オカルト雑誌に掲載する特集のために、ライターの私と、編集者で友人でもある小沢くんの手によって収集されたものです。

それらは、近畿地方のある場所に関連した文章です。私たちは、ある場所 に潜む怪異の存在に気づきました。そして、調べを進める中で小沢くんが消息を絶ってしまいました。私は彼を捜しています。

どうか皆さんこの本をお読みいただき、情報をお持ちの方はご連絡ください。

話は、

某月刊誌別冊 2017年7月発行掲載 短編おかしな書き込み

某週刊誌 1989年3月14日号掲載 「実録! 奈良県行方不明少女に新事実か?

ではじまり、いよいよ

近畿地方のある場所について へと進みます。

たとえばこんな感じで。

異様に白くて大きなはだかの足。靴も履いてなくてはだしでした。すごく大きかったんです。

山へ行きませんか」 

大きな口を開けて 味がしないの 身代わり 謎のシール

今していただいたお話しは全て本当ですか? うつってましたよね?

気づいてないふりをするのが一番なんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見つけてくださってありがとうございます。

※怖いですよ。ゾッとします。で、読むうち嘘か本当かわからなくなります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆背筋
(詳細不明)

関連記事

『恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ』川上 弘美 講談社 2023年8月22日 第1刷発

記事を読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田 まほかる 幻冬舎文庫 2009年10月10日初版 8年前

記事を読む

『カラフル』(森絵都)_書評という名の読書感想文

『カラフル』森 絵都 文春文庫 2007年9月10日第一刷 生前の罪により輪廻のサイクルから外され

記事を読む

『海よりもまだ深く』(是枝裕和/佐野晶)_書評という名の読書感想文

『海よりもまだ深く』是枝裕和/佐野晶 幻冬舎文庫 2016年4月30日初版 15年前に文学賞を

記事を読む

『拳に聞け! 』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『拳に聞け! 』塩田 武士 双葉文庫 2018年7月13日第一刷 舞台は大阪。三十半ばで便利屋のア

記事を読む

『風葬』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『風葬』桜木 紫乃 文春文庫 2016年12月10日第一刷 釧路で書道教室を営む夏紀は、認知症の母

記事を読む

『17歳のうた』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『17歳のうた』坂井 希久子 文春文庫 2019年5月10日第1刷 地方都市で生きる

記事を読む

『私の息子はサルだった』(佐野洋子)_書評という名の読書感想文

『私の息子はサルだった』佐野 洋子 新潮文庫 2018年5月1日発行 何でもやってくれ。子供時代を

記事を読む

『砕かれた鍵』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『砕かれた鍵』逢坂 剛 集英社 1992年6月25日第一刷 『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』に続くシリ

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 児

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑