『夏の裁断』(島本理生)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/10 『夏の裁断』(島本理生), 作家別(さ行), 島本理生, 書評(な行)

『夏の裁断』島本 理生 文春文庫 2018年7月10日第一刷

小説家の千紘は、編集者の柴田に翻弄され苦しんだ末、ある日、パーティー会場で彼の手にフォークを突き立てる。休養のため、祖父の残した鎌倉の古民家で、蔵書を裁断し「自炊」をする。四季それぞれに現れる男たちとの交流を通し、抱えた苦悩から解放され、変化していく女性を描く。書き下ろし三篇を加えた文庫オリジナル。(文春文庫) ※「自炊」 とは、書籍を 「デジタル化」 することをいいます。

直木賞受賞、おめでとうございます。てっきり “芥川賞の人” だと思っていたら、あっちもこっちもで、えらく才能があるらしい。知りませんでした。で、

ああ、この世にはまだこんなに人を傷つける方法があったのか

- 帯にこんな文章があります。つい買ったはいいものの、思った以上に  “エグい”  話が書いてあります。

読むと「どこまでが作者の実体験なんだろう」 と、ゲスい想像を何度もしたくなります。そして何より作者の書かずにおけない心境を思うと、(小説ほどではないにせよ) 如何ばかりか不器用な人なんだろうと。

夏の裁断 (第153回 芥川賞候補作)

物語のはじめ、帯の文章はこんな場面で語られます。

過去に忌むべき性経験があり、今年30歳になる女性作家の萱野千紘は、2年前、編集者の柴田と知り合い、一方的に恋に落ち、およそ恋とは違う柴田のあしらいに、今は失意のうちにいます。

千紘にとって柴田は、言うなれば「悪魔のような」存在で、そんな男でありながら、千紘は柴田を忘れることができません。

誘われると、言われたなりについて行く。先が無いのを知りながら、したいようにされ、期待する度裏切られ、あげく何もなかったようなふりをする。聞くべきことを聞けもせず、千紘は、柴田の本心がどこにあるかを掴めずにいます。

ある日の、カラオケ店での一幕。

彼は吸いかけの煙草をこちらに差し出すと、吸う、と聞いた。受け取って吸い込む。風邪気味だったせいか喉の奥を小さな虫が這っているような痛痒さを覚えた。それでもなにかを許された気持ちになって安堵しかけた。

だけど乱暴に肩を抱かれて固まる。怖くてねじれたように心臓がきしむのを切なさと脳が錯覚したようにお腹の底だけが火照る。指に挟んだ煙草の灰がサンダルを履いた素足に落ちて、チリッと痛んだ。

閉じたまま発火していくのは熱くて苦しくて、私は柴田さんを見上げて頼んだ。
「キス、してほしいです」 彼は突然白けたように腕をほどくと、そっぽを向いた。間違えた、と青ざめながらも引っ込みがつかなくなってシャツの袖をつかんだ瞬間、後頭部を摑まれていた。なにが起きたのかすぐには分からなかった。

気が付くと私は、彼のズボン越しの股の間に顔を埋めたまま身動きが取れなくなっていた。後頭部を押さえつけられたまま、つむじのほうでリモコンを操作して選曲する電子音が響いた。

柴田さん動けないです、と声を絞り出す。すみません、ごめんなさい。もう言いません。だけど返事はない。ああ、この世にはまだこんなに人を傷つける方法があったのか、と死んでいくような気持ちで思った。これ見たことがある、とも。

じゃれついて飛びかかってきた犬や猫のしつけだ。(P16.17)

こんなのは、ほんの序の口。このあと千紘の心はさらに乱れて、それはもうなし崩しとしか言いようのない場面へと物語は連なってゆきます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆島本 理生
1983年東京都板橋区生まれ。
立教大学文学部中退。

作品 「シルエット」「リトル・バイ・リトル」「生まれる森」「一千一秒の日々」「大きな熊が来る前に、おやすみ。」「あなたの呼吸が止まるまで」「ファーストラブ」他多数

関連記事

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版 黒電話の前で、「彼」からの電話

記事を読む

『ワン・モア』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ワン・モア』桜木 紫乃 角川書店 2011年11月30日初版 近々文庫が出るらしい。いや、もう

記事を読む

『泡沫日記』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『泡沫日記』酒井 順子 集英社文庫 2016年6月30日第一刷 初体験。それは若者だけのもので

記事を読む

『八月の青い蝶』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『八月の青い蝶』周防 柳 集英社文庫 2016年5月25日第一刷 急性骨髄性白血病で自宅療養するこ

記事を読む

『ぼぎわんが、来る』(澤村伊智)_書評という名の読書感想文

『ぼぎわんが、来る』澤村 伊智 角川ホラー文庫 2018年2月25日初版 幸せな新婚生活をおくって

記事を読む

『二十歳の原点』(高野悦子)_書評という名の読書感想文

『二十歳の原点』高野 悦子 新潮文庫 1979年5月25日発行 独りであること、未熟であることを認

記事を読む

『西の魔女が死んだ』(梨木香歩)_書評という名の読書感想文

『西の魔女が死んだ』梨木 香歩 新潮文庫 2001年8月1日初版 中学に進んでまもなく、どうし

記事を読む

『ホテルローヤル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ホテルローヤル』桜木 紫乃 集英社 2013年1月10日第一刷 「本日開店」は貧乏寺の住職の妻

記事を読む

『ナイルパーチの女子会』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『ナイルパーチの女子会』柚木 麻子 文春文庫 2018年2月10日第一刷 彼女の友情が私を食べ尽

記事を読む

『翼』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『翼』白石 一文 鉄筆文庫 2014年7月31日初版 親友の恋人である、ほとんど初対面の男から結婚

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑