『今だけのあの子』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『今だけのあの子』芦沢 央 創元推理文庫 2018年7月13日6版


今だけのあの子 (創元推理文庫)

結婚おめでとう、メッセージカードを書く手が震える。大学時代、新婦とは一番の親友だった。けれど恵には招待状が届いていない。たった六人しかいない同じグループの女子の中で、どうして私だけ線引きされたのか。呼ばれてもいない結婚式に出席しようとする恵の運命、そして新婦の真意とは (「届かない招待状」)。進学、就職、結婚、出産、女性はライフステージが変わることでつき合う相手も変わる。「あの子は私の友達? 」 心の裡にふと芽生えた嫉妬や違和感が積み重なり友情は不信感へと形を変えた。めんどうで愛すべき女の友情に潜む秘密が明かされたとき、驚くべき真相と人間の素顔が浮かび上がる傑作ミステリ短篇集全五篇。(創元推理文庫)

「届かない招待状」
グループの中で一番仲の良かった彩音から、なぜか、恵にだけ結婚式の招待状が届かない。それでも、敢えて恵は、呼ばれてもいない式に出席しようと決意する。なぜなら、恵には招待してはもらえない、たったひとつの心当たりがあったのだ。

「帰らない理由」
交通事故で亡くなったくるみの部屋を訪れた中学の同級生 - 「恋人」の須山と、「親友」の桐子。母親が見てやってほしいというくるみの日記が気になって仕方ない須山に対し、桐子は、断じて読むべきではないと主張する。互いを牽制し、二人はいつまで経っても帰れない。

「答えない子ども」
娘をきちんと育てている自負を持つ直香は、娘の絵の教室で一緒になる「ソウくんのママ」のズボラさを軽蔑していた。ある日、ソウくん宅に寄り帰宅したあと、娘の絵がなくなっていることに気づく。直香には、(状況的に)ソウくんが盗ったとしか思えない・・・・・・・

「願わない少女」
物語の冒頭は奈央が悠子を部屋に監禁する場面 - 何が起きているのか、さっぱりわからない。そこから時間を遡り、二人の出会いが描かれる。孤独な奈央は、悠子と友達になりたいばかりに、ずっと友達でいようとするあまり、自分本位の嘘を付く。

「正しくない言葉」
老人ホームで暮らす澄江は、隣室の入居者・孝子のもとに家族が頻繁に訪れることを羨ましく思っていた。ところがある日、孝子に対しての不満を、嫁の麻実子が夫にぶつけているところを目撃する。麻実子の話を聞いた澄江は、ふと、あることに気づく・・・・・・・。

(以上は解説にある中から抜き出して「あらすじの最初」の部分だけを紹介しています。尚、これより後はネタバレになりますのであしからず)

この小説は、女性にとっての「その時々に知り合った」、同じ女性との「友情」を描いた物語です。「今だけのあの子」とは、人生における折々の場面での、今でしか知り合えない、かけがえのない「人」のことを指しています。

ミステリーと見せかけて、実は、凶悪な出来事や後味の悪さといったものは一切ありません。この人らしくなく、みごとハッピーエンドで幕を閉じます。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


今だけのあの子 (創元推理文庫)

◆芦沢 央
1984年東京都生まれ。
千葉大学文学部史学科卒業。

作品 「悪いものが、来ませんように」「罪の余白」「いつかの人質」「許されようとは思いません」など

関連記事

『あこがれ』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『あこがれ』川上 未映子 新潮文庫 2018年7月1日発行 あこがれ (新潮文庫) 第1回 渡辺

記事を読む

『獅子渡り鼻』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『獅子渡り鼻』小野 正嗣 講談社文庫 2015年7月15日第一刷 獅子渡り鼻 (講談社文庫)

記事を読む

『密やかな結晶 新装版』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『密やかな結晶 新装版』小川 洋子 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 密やかな結晶 

記事を読む

『あなたならどうする』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あなたならどうする』井上 荒野 文春文庫 2020年7月10日第1刷 あなたならどうする

記事を読む

『噂』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『噂』荻原 浩 新潮文庫 2018年7月10日31刷 噂 (新潮文庫) 「レインマンが出没し

記事を読む

『おめでとう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『おめでとう』川上 弘美 新潮文庫 2003年7月1日発行 おめでとう (新潮文庫)

記事を読む

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(青柳碧人)_書評という名の読書感想文

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳 碧人 双葉社 2019年6月3日第5刷

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『月の上の観覧車』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『月の上の観覧車』荻原 浩 新潮文庫 2014年3月1日発行 月の上の観覧車 (新潮文庫) 本書

記事を読む

『トリツカレ男』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『トリツカレ男』いしい しんじ 新潮文庫 2006年4月1日発行 トリツカレ男 (新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑