『愛の夢とか』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『愛の夢とか』川上 未映子 講談社文庫 2016年4月15日第一刷


愛の夢とか (講談社文庫)

 

あのとき、ふたりが世界のすべてになった - 。ピアノの音に誘われて始まった女どうしの交流を描く表題作「愛の夢とか」。別れた恋人との約束の植物園に向かう「日曜日はどこへ」他、なにげない日常の中でささやかな光を放つ瞬間を美しい言葉で綴った七つの物語。谷崎潤一郎賞受賞作にして著者初の短編集。(講談社文庫より)

川の近くに家を買った2ヶ月後にとても大きな地震がきて、「わたし」はしばらくはゆううつでぐったりしていた。ひと月がたち、緊張も心配もゆううつもどんどん薄まりはじめて、気がつけばぼんやりした春を通過していて、ばらなんかを買ってみたというわけだ。

みんな花でも買って、なんか日常っぽい感じを演出して安心とかしたいのかなと夫に言うと、そういうのはあるだろうね、と話はそこで終わってしまった。夫の帰りは遅く、わたしはひとりで過ごす一日をいったい何で埋めているのか、

ふだん考えることはないけれど、だからときどき考えてみようとすると気がめいるから、ほとんどしない。仕事もしていないし、妊娠しているわけでもないし、習い事もしていない。凝った料理をつくる根気も技もないし、ほんとうに何もしていない。

ソファで横になっていると、毎日どこからかピアノの音が聴こえてくる。けっこう上手くてはじめは録音した曲なのかと思ったけれど、途中で切れたりやりなおしたりしてるから誰かの練習だってことがわかる。

誰かはピアノを弾いているけど、わたしはピアノを弾いていない - と、ここでもまた自分の何もしていなさについて考えはじめると、どういうわけか、おでこのうらに真っ白なふすまみたいなのがぱたんぱたんと広がっていくのがみえて、

いつだったかそのまま昼寝をしたときにとても無駄な夢をみたから(気味が悪いとか怖いとかではないのがいかにもこの人らしい)、ああいうの、かかわりたくないなって思ってしまう。だけどやっぱりときどきは考えてしまうときもあるから、

このあいだはダイニングテーブルにむかってとりあえず、何って字を書いてみた。まったく意味のない時間だったけれど、それはそれで発見したこともあって、よくよく見ると何って字はわたしの顔にそっくりなのだ。
・・・・・・・・・・
表題作「愛の夢とか」の最初の部分を抜き書きにしてみました。このあと「わたし」は隣に住む初老の女性と知り合って、彼女が弾くピアノ曲、リストの「愛の夢」の練習につきあうことになります。

「誰かの耳があると必ず間違えちゃうのよ」とテリーは言い(初老の女性は自分のことをそう呼んでほしいと言います)、対するビアンカは(あなたのことは何て呼べばいい? と訊かれてわたしが適当に言った名前)繰り返し訪ねては辛抱強く彼女の練習に付き添い、

その甲斐あって、十三度目にしてとうとうテリーは最後まで間違えることなく弾き切ることができ、思わず二人は口づけをしました - という話。

中に出てくるマカロンの話が面白い。わたしが初めて初老の女性を訪ねる際の手土産として持参したのは駅前のマカロン専門店で買ったカラフルな大量のマカロンと、並びのデパートの地下にあった二番目に高い値段のついたさくらんぼの箱。

彼女の家はずいぶん広く、掃除がゆきとどいていて、家具には統一感がばっちりあって、ぜんぶのカーブには重そうな艶がのっていて、何もかもがいちいち高そうなものばかりに感じられます。

彼女はわたしが差し出したさくらんぼの箱とマカロンにありがとうとにっこり笑ってキッチンへゆき、しばらくしてコーヒーとマカロンを感じよく盛った皿と一緒にもどってきます。わたしはコーヒーを一口飲んでマカロンをつまんで前歯でちいさく齧ります。

ところでマカロンを買うときのあの気分っていったい何だろうといつも思う。自分が掛け値なしの馬鹿になったみたいな気持ちになっていっそ清々しくなるあの感じ。ただ甘いだけで蓋みたいなのも上顎にべったりくっついてうっとうしいし、そもそも名前がすごく間抜けだし、中身がないのにそれっぽいってだけで重宝されてみんなほいほい買っていくから値段が高いのもむかつくし、第一おいしいと思ったことなんてこれまでただの一度もないことを思いださせる、あの感じ。

- じゃあわたし、ピンクのをいただくわ。
- どうぞ、この黄色のもおいしいですよ。

こうしてテリーとビアンカの、穏やかなる近所付き合いが始まってゆきます。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


愛の夢とか (講談社文庫)

 

◆川上 未映子
1976年大阪府大阪市生まれ。
日本大学通信教育部文理学部哲学科在学中。

作品 「わたくし率 イン 歯-、または世界」「乳と卵」「ヘヴン」「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」「すべて真夜中の恋人たち」他

関連記事

『アンダーリポート/ブルー』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『アンダーリポート/ブルー』佐藤 正午 小学館文庫 2015年9月13日初版 アンダーリポート

記事を読む

『天頂より少し下って』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『天頂より少し下って』川上 弘美 小学館文庫 2014年7月13日初版 天頂より少し下って (

記事を読む

『緋い猫』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『緋い猫』浦賀 和宏 祥伝社文庫 2016年10月20日初版 緋い猫 (祥伝社文庫) 17歳

記事を読む

『私のなかの彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私のなかの彼女』角田 光代 新潮文庫 2016年5月1日発行 私のなかの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『王とサーカス』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『王とサーカス』米澤 穂信 創元推理文庫 2018年8月31日初版 王とサーカス (創元推理文

記事を読む

『夜の谷を行く』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜の谷を行く』桐野 夏生 文芸春秋 2017年3月30日第一刷 夜の谷を行く 39年前、西

記事を読む

『ある男』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『ある男』平野 啓一郎 文藝春秋 2018年9月30日第一刷 ある男 [あらすじ] 弁

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 一億円のさようなら (文

記事を読む

『グロテスク』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『グロテスク』桐野 夏生 文芸春秋 2003年6月30日第一刷 グロテスク  

記事を読む

『アルテーミスの采配』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『アルテーミスの采配』真梨 幸子 幻冬舎文庫 2018年2月10日初版 アルテーミスの采配 (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷

『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版 悪の

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑