『二人道成寺』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『二人道成寺』近藤 史恵 角川文庫 2018年1月25日初版


二人道成寺 (角川文庫)

恋路の闇に迷うた我が身、道も法も聞く耳持たぬ。もうこの上は俊徳様、何れへなりとも連れのいて、恋の一念通さでおこうか。邪魔しやったら蹴殺す。 - 摂州合邦辻 -

夫以外に、恋い焦がれる人がいる。梨園の御曹司、岩井芙蓉に嫁ぎ、充実した日々を送っていたはずの美咲。ある晩、美咲は自宅の不審火が原因で昏睡状態に陥ってしまう。芙蓉と人気実力ともに伯仲する女形の中村国蔵は、探偵の今泉文吾に火事の再調査を依頼する。国蔵は美咲から「夫に殺されるかも」との電話を受けたというのだ。眠り続ける美咲が恋した人は誰なのか - 。 火事の真相は? 名探偵、今泉文吾が解き明かす! (角川文庫)

歌舞伎の世界の話である。二人いる「女形」の話で、(梨園特有の芸名と本名があり)最初、誰が誰だかよくわかりません。「男」か「女」か、迷ったりもする。かもしれません。

「実はね、秀人ちゃん。上から話してくれと言われたんだが、道成寺を踊ってみないかという話がきているんだよ」

娘道成寺は、女形の舞踊の最高峰だ。安珍清姫の伝説を元に、可憐な娘から、恋に嘆く女まで、女のいろんな姿を、華やかな引き抜きや、いろんな道具を使った振りで見せる。

「普通の道成寺ではない。二人道成寺だよ」
二人道成寺は、道成寺のバリエーションで、その名の通り、道成寺をふたりで踊るものだ。パートを分けたり、また同じ振りを左右対称に踊ったり、ふたりの女形の華やかな競演を楽しむ演目である。

岩井芙蓉に対し、師匠が言ったもう一人が、中村国蔵。二人は同年代の女形役者で、可憐な少女や姫君の役を得意とする芙蓉に対し、国蔵は粋な芸者などの役がよく似合う、人気実力ともに伯仲する者同士の競演 - と思いきや、

物語の核心は、そこへ至るまでの「過程」にこそ仕組まれています。すべては芙蓉の妻・美咲に端を発し、それはあまたある歌舞伎の演目に似て、教訓くささなどわずかもなく、禍々しいのにきらびやかで、そして官能的。情念に充ち、果てを知りません。

恒とは違う世界の空気を味わってみてください。歌舞伎に興味がなくとも、何も知らなくても大丈夫。ここにあるのは、梨園の中でこそ際立つものの、恒の世にも起こり得る、そうある者に限られた、叶うすべのない愛憎劇なのですから。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


二人道成寺 (角川文庫)

◆近藤 史恵
1969年大阪府生まれ。
大阪芸術大学文芸学科卒業。

作品 「凍える島」「サクリファイス」「カナリアは眠れない」「ねむりねずみ」「はぶらし」「巴之丞鹿の子」「天使はモップを持って」他多数

関連記事

『二十歳の原点』(高野悦子)_書評という名の読書感想文

『二十歳の原点』高野 悦子 新潮文庫 1979年5月25日発行 二十歳の原点 (新潮文庫)

記事を読む

『玉蘭』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『玉蘭』桐野 夏生 朝日文庫 2004年2月28日第一刷 玉蘭 (文春文庫)  

記事を読む

『月と雷』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『月と雷』角田 光代 中央公論新社 2012年7月10日初版 月と雷 (中公文庫) &n

記事を読む

『NO LIFE KING ノーライフキング』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『NO LIFE KING ノーライフキング』いとう せいこう 新潮社 1988年8月10日発行

記事を読む

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 絵が殺した (創元推理文庫)

記事を読む

『バラカ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『バラカ』桐野 夏生 集英社 2016年2月29日第一刷 バラカ   ア

記事を読む

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄 新潮文庫 2012年10月1日発行 ふがいない僕は空を見た

記事を読む

『なめらかで熱くて甘苦しくて』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『なめらかで熱くて甘苦しくて』川上 弘美 新潮文庫 2015年8月1日発行 なめらかで熱くて甘

記事を読む

『ヘヴン』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ヘヴン』川上 未映子 講談社文庫 2012年5月15日第一刷 ヘヴン (講談社文庫)

記事を読む

『ホーンテッド・キャンパス』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『ホーンテッド・キャンパス』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2012年12月25日初版 ホーンテッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑