『夜また夜の深い夜』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/08/20 『夜また夜の深い夜』(桐野夏生), 作家別(か行), 書評(や行), 桐野夏生

『夜また夜の深い夜』桐野 夏生 幻冬舎 2014年10月10日第一刷


夜また夜の深い夜

 

桐野夏生が好きである。

 

桐野夏生の新刊です。

帯には「魂の疾走を描き切った、苛烈な現代サバイバル小説」とあります。

装丁とタイトルをみて、この人らしいどろどろとした人間模様が描かれたサスペンス風で刺激の強い小説が読めると期待して購入しました。

その期待は半分当たって、半分はずれました。

彼女は最近こんなことを考えてたんだなと、感心したというのが一番正直な感想です。

 

小説の半ばまでは、主人公のマイコ(舞子)が七海という女性に向けて手紙を書くというスタイルで話は進んで行きます。

舞子は母親と二人でナポリのスラム街で暮らしています。自分に似た境遇の七海を雑誌で知った舞子は、誰にも言えない現在の状況や日々の出来事を手紙に書き綴ります。

舞子はなぜ自分がこんな暮らしをしているのか、何も知らされていません。日本人でありながら海外の町を転々とし、しかも極貧の生活を強いられています。

学校もろくに行かせて貰えず、礼儀も知りません。母親がどんな仕事をしているのかも曖昧で、父のことや自分の出目さえ分からないのです。

そんな舞子がやがてMANGA CAFEのオーナー・シュン(日本人の綾瀬俊太郎、但し綾瀬は偽名)と出会うところから、話の展開はピッチを上げます。

社会から身を隠すように厳しく行動を制限されて、何も教えられないまま母親と暮らすことに耐え兼ねた舞子は、ついに母親と別れ家を出ます。

路頭に迷うなかで舞子が出会ったのは二人の女性、リベリア出身のエリスとモルドバ出身のアナでした。

エリスとアナは、ともに祖国に見切りをつけて不法入国した者同士でした。彼女たちが住む廃墟の地下室の、さらに下にある空間で三人は暮らし始めます。

 

やがて舞子は自分と母親が何者であり、如何なる理由で逃げるように海外を流転しているのかを知ることになりますが、その部分は書かずにおきましょう。

この小説には今日的な問題がたくさん書き込まれてあります。内戦と難民、テロリスト、ストリートチルドレン、無国籍、ナポリのごみ問題まで登場します。
そして、宗教。親が犯した罪を子供はどう償えるのか、、、等々。

いずれかひとつ採り上げても長編小説になりそうな重厚なテーマの数々ですが、桐野夏生はその全部を含んで薄暗い夜の奥に潜む一層の暗闇を我々に見せようとしているのか、
あるいは舞子の救われない不幸を際立たせるために用意された壮大な前提と考えるべきなのか、私にはいささか迷うところです。

いずれにせよ、桐野夏生は絶えず括目して今という時代を炙り出すテーマを探し続けている、まことにスケールの大きい作家であることには違いありません。

 

参考:タイトルの「夜また夜の深い夜」は、スペインのグラナダ出身の詩人・ロルカの詩集から採用されたようです。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


夜また夜の深い夜

◆桐野 夏生

1951年石川県金沢市生まれ。父親の転勤で3歳で金沢を離れ、仙台、札幌を経て中学2年生で東京都武蔵野市に移り住む。

成蹊大学法学部卒業。24歳で結婚。シナリオ学校へ通い、ロマンス文学やジュニア文学、漫画の原作などを手がける。

作品 「愛のゆくえ」「錆びる心」「玉蘭」「グロテスク」「残虐記」「魂萌え!」「東京島」「女神記」「IN」「ナニカアル」「ハピネス」「だから荒野」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『隣のずこずこ』(柿村将彦)_書評という名の読書感想文

『隣のずこずこ』柿村 将彦 新潮文庫 2020年12月1日発行 隣のずこずこ(新潮文庫)

記事を読む

『諦めない女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『諦めない女』桂 望実 光文社文庫 2020年10月20日初版 諦めない女 (光文社文庫)

記事を読む

『このあたりの人たち』(川上弘美)_〈このあたり〉 へようこそ。

『このあたりの人たち』川上 弘美 文春文庫 2019年11月10日第1刷 このあたりの人たち

記事を読む

『坂の途中の家』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『坂の途中の家』角田 光代 朝日文庫 2018年12月30日第一刷 坂の途中の家 (朝日文庫

記事を読む

『宇喜多の捨て嫁』(木下昌輝)_書評という名の読書感想文

『宇喜多の捨て嫁』木下 昌輝 文春文庫 2017年4月10日第一刷 宇喜多の捨て嫁 (文春文庫

記事を読む

『蛇を踏む』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『蛇を踏む』川上 弘美 文芸春秋 1996年9月1日第一刷 蛇を踏む (文春文庫) ミドリ公園に

記事を読む

『名短篇、ここにあり』(北村薫/宮部みゆき編)_書評という名の読書感想文

『名短篇、ここにあり』北村薫/宮部みゆき編 ちくま文庫 2008年1月10日第一刷 名短篇、こ

記事を読む

『夢を与える』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『夢を与える』綿矢 りさ 河出文庫 2012年10月20日初版 夢を与える (河出文庫)

記事を読む

『杳子・妻隠』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『杳子・妻隠』古井 由吉 新潮文庫 1979年12月25日発行 杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫

記事を読む

『二人道成寺』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『二人道成寺』近藤 史恵 角川文庫 2018年1月25日初版 二人道成寺 (角川文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑