『死刑にいたる病』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『死刑にいたる病』櫛木 理宇 早川書房 2017年10月25日発行


死刑にいたる病 (ハヤカワ文庫JA)

主人公の筧井雅也は、元優等生ながら、今は偏差値の低い大学の学生として鬱屈と孤独に苦しむ青年だ。そんな彼のもとに一通の手紙が届く。差出人は、なんと世間を騒がせた殺人鬼・榛村大和。人当たりのいいベーカリーの店主として地元の人々から愛されていた彼は、十代の少年少女を中心に多くの男女を拷問・殺害した罪で五年前に逮捕されていた。

容疑は二十四件に及ぶ大量殺人だが、警察が立件できたのは九件のみ。彼は取り調べの場で「逮捕されたのは、ぼくの思いあがりのせいです」「もう一度やりなおせるなら、今度こそ慢心しないでしょう」などと淡々と供述したという。

遠い昔、小学生だった雅也は大和が経営するベーカリーの常連客だったことがあり、大和はそれを覚えていたらしい。とはいえ、何故今になって雅也に手紙を送ってきたのか。興味を刺激されて拘置所を訪れた雅也に、大和は意外な打ち明け話をする。

立件された九件の殺人のうち、二十三歳の女性が絞殺された最後の一件だけは冤罪だというのだ。大和が雅也を呼んだのは、事件を再調査して無実を証明してほしいからだという。迷いつつも結局その依頼を引き受けた雅也は大和の過去を知る人々を訪ね、彼がどのような人間だったかを調べはじめる・・・・・・・。(解説より抜粋)

なぜ人はこんな話を読みたいと思うのだろう。猟奇殺人犯。連続殺人鬼。秩序型殺人犯。演技性人格障害者。鬼畜。シリアルキラー。異常者。怪物。等々 - 。

思いのほか人というのは薄情なのかもしれない。それとも単に怖いもの見たさによるものか、(理由は何にせよ)殺される人間の数が多ければ多いほど、そのやり口が痛ましければ痛ましいほど惹きつけられてしまうのはなぜだろうか。

(言葉は悪いが)読者の多くは、シリアルキラー(この小説では「榛村(はいむら)大和」という男)に魅了されてしまうのかもしれない。魅了され、榛村の知られざる性格や殺害に至るそもそものきっかけやその後の推移についてを、より詳細に知りたいと思うのだ。

普段の生活では起こり得ない酷く特異な犯罪に、(小説という作り話とはいえ)少なからず興奮している。周辺ではあり得ない出来事だと思うからこそ「安心して」享受していられる、そんなことでもあるのだろうと。

但し、怖気づくような感じかというとそこまでではない。

解説に、本書は『世界が赫に染まる日』や『FEED』などよりはソフトな印象の作品だが、それでもかなり陰惨な要素はある。単に、残虐なシリアルキラーが作中に登場することを指すのではない。雅也は調査の過程で大和の生い立ちを知ることになるが、そこから浮かび上がってくる事実は暗鬱そのものだ。- とある。

とまれこれ一冊ではどうしようもない。この際続けて、この小説を凌駕して陰惨だという『寄居虫女(ヤドカリオンナ)』(文庫化の際に『侵蝕 壊される家族の記録』と改題)と初期の作品『赤と白』(第25回小説すばる新人賞)を読んでみようと思う。

鬱屈した日々を送る大学生、筧井雅也に届いた一通の手紙。それは稀代の連続殺人鬼・榛村大和からのものだった。「罪は認めるが、最後の一件だけは冤罪だ。それを証明してくれないか? 」 パン屋の元店主にして自分のよき理解者だった大和に頼まれ、事件を再調査する雅也。その人生に潜む負の連鎖を知るうち、雅也はなぜか大和に魅せられていく。一つ一つの選択が明らかにする残酷な真実とは。『チェインドッグ』改題・文庫化(早川書房)

 

この本を読んでみてください係数 80/100


死刑にいたる病 (ハヤカワ文庫JA)

◆櫛木 理宇
1972年新潟県生まれ。
大学卒業後、アパレルメーカー、建設会社などの勤務を経て、執筆活動を開始する。

作品 「ホーンテッド・キャンパス」「赤と白」「侵蝕 壊される家族の記録」「僕とモナミと、春に会う」「209号室には知らない子供がいる」他多数

関連記事

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(尾形真理子)_書評という名の読書感想文

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』尾形 真理子 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版

記事を読む

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』(竹内明)_書評という名の読書感想文

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』竹内 明 講談社 2017年9月26日第一刷

記事を読む

『桜の首飾り』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『桜の首飾り』千早 茜 実業之日本社文庫 2015年2月15日初版 桜の首飾り (実業之日本社

記事を読む

『整形美女』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『整形美女』姫野 カオルコ 光文社文庫 2015年5月20日初版 整形美女 (光文社文庫 ひ

記事を読む

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 その可能性はす

記事を読む

『ドラママチ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『ドラママチ』角田 光代 文春文庫 2009年6月10日第一刷 ドラママチ (文春文庫)

記事を読む

『その日東京駅五時二十五分発』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『その日東京駅五時二十五分発』西川 美和 新潮文庫 2015年1月1日発行 その日東京駅五時二

記事を読む

『さみしくなったら名前を呼んで』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『さみしくなったら名前を呼んで』山内 マリコ 幻冬舎 2014年9月20日第一刷 さみしくなっ

記事を読む

『天頂より少し下って』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『天頂より少し下って』川上 弘美 小学館文庫 2014年7月13日初版 天頂より少し下って (

記事を読む

『さよなら、田中さん』(鈴木るりか)_書評という名の読書感想文

『さよなら、田中さん』鈴木 るりか 小学館 2017年10月17日初版 さよなら、田中さん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑