『諦めない女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『諦めない女』桂 望実 光文社文庫 2020年10月20日初版

諦めない女 (光文社文庫)

失踪した六歳の少女。娘を捜し続ける母。
二人を待ち受ける壮絶な運命とは!?
章が変わるごとに訪れるサプライズ! きっとあなたは、もう一度読みたくなる! 

母親がスーパーで買い物をするわずかの間に、六歳の少女が忽然と姿を消した! 十二年後、フリーライターの飯塚桃子は、事件についての本を書き上げるため、当事者や関係者たちへの取材を重ねていく。それぞれの人物の言葉から浮かび上がってくる驚くべき真実、そして少女と母親を待ち受ける運命とは? 一章ごとに、がらりと変貌を遂げてゆく極限のミステリー! (光文社文庫)

フリーライターの飯塚桃子は35歳独身、30㎡のアパートに住んでいて貯金はゼロ。仕事にあぶれつつある彼女は、一発逆転、一攫千金を狙って、世間の注目を集めている事件のノンフィクションを書こうと目論んでいます。

彼女が目を付けたのは、2004年に発生した6歳の少女失踪事件でした。

その少女・小倉沙恵がいなくなったのは、母の京子がスーパーで買い忘れた牛乳を買いに戻った、ほんのわずかの間のことでした。京子は強い自責の念に苛まれ、必死に我が子を捜します。何年も、何年も、ただ沙恵が帰ってくるのを待ち続けます。

母である以上、誰に何を言われようと、京子は決して諦めません。沙恵はどこかで生きている - いつまでだろうと、固くそう信じています。

桃子がインタビューをしているのは事件から12年後、2016年のことです。12年の間、当事者たちはどんな思いでいたのだろうか。桃子は、それが知りたいと思いました。

失踪した小倉沙恵の父母・慎吾と京子をはじめ、慎吾の両親、沙恵の担任教師、京子の姉、子どもを失った親の会の主宰者など、インタビューした人数は二十人近くにも及びます。

果たして、沙恵の失踪とは何だったのでしょう? その目的は? その顛末は? 

半年が過ぎ、1年が過ぎ、2年が過ぎても沙恵の行方は杳として知れません。(口にはしないものの) ここに至り、京子以外、誰一人沙恵が生きているとは思っていません。そろそろ前を向けという周囲の声に、しかし京子はまるで聞く耳を持ちません。鬼気を孕み、生きているのに何をか言わんやと

この本を読んでみてください係数 85/100

諦めない女 (光文社文庫)

◆桂 望実
1965年東京都生まれ。
大妻女子大学文学部国文科卒業。

作品 「死日記」「県庁の星」「嫌な女」「結婚させる家」「たそがれダンサーズ」他多数

関連記事

『このあたりの人たち』(川上弘美)_〈このあたり〉 へようこそ。

『このあたりの人たち』川上 弘美 文春文庫 2019年11月10日第1刷 このあたりの人たち

記事を読む

『だれかのいとしいひと』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『だれかのいとしいひと』角田 光代 文春文庫 2004年5月10日第一刷 だれかのいとしいひと

記事を読む

『1R 1分34秒』(町屋良平)_書評という名の読書感想文

『1R 1分34秒』町屋 良平 新潮社 2019年1月30日発行 第160回芥川賞受賞 1R

記事を読む

『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版 雨の鎮魂歌 (中公文庫)

記事を読む

『往復書簡』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『往復書簡』湊 かなえ 幻冬舎文庫 2012年8月5日初版 往復書簡 (幻冬舎文庫) 高校教

記事を読む

『夫の骨』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『夫の骨』矢樹 純 祥伝社文庫 2019年4月20日初版 夫の骨 (祥伝社文庫) 昨年

記事を読む

『乙女の家』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『乙女の家』朝倉 かすみ 新潮文庫 2017年9月1日発行 乙女の家 (新潮文庫) 内縁関係

記事を読む

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷 銀河鉄道の父 第158回直木賞

記事を読む

『命売ります』(三島由紀夫)_書評という名の読書感想文

『命売ります』三島 由紀夫 ちくま文庫 1998年2月24日第一刷 命売ります (ちくま文庫)

記事を読む

『美しい距離』(山崎ナオコーラ)_この作品に心の芥川賞を(豊崎由美)

『美しい距離』山崎 ナオコーラ 文春文庫 2020年1月10日第1刷 美しい距離 (文春文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ペインレス 私の痛みを抱いて 上』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス 私の痛みを抱いて 上』天童 荒太 新潮文庫 2021年

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑