『あおい』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『あおい』(西加奈子), 作家別(な行), 書評(あ行), 西加奈子

『あおい』西 加奈子 小学館文庫 2007年6月11日初版

西加奈子のデビュー作です。「あおい」「サムのこと」「空心町深夜2時」の3編が収められています。

知名度から言えば圧倒的に「あおい」なんでしょうが、なんだか期待しすぎて、イマイチ乗り切れないまま読み終わってしまいました。この人の大阪弁は好きだし、上手いなぁと思うところは一杯あって感心したけれど、心は動かない。

一番引っかかったのは、語り手の〈あたし〉にレイプ経験があること。さらに〈あたし〉が友だちになったみいちゃんも小学生の頃にいたずら目的の誘拐未遂事件に遭遇しており、自分のことを「僕」と言い、「性同一性障害になろうとしている人」だという設定。

著者からすれば、この前提なくして「あおい」という物語はあり得ないのかも知れません。
しかし、読み手からするとこの種の話はかなり〈ありきたり〉で、よほどの覚悟の上で書かれていないと逆に読む気を削いでしまうことになり兼ねません。

上手く言えませんが、悲劇の安売りみたいに思えてよろしくない。そんな〈余分な〉伏線は不要で、〈あたし〉とダメ学生・カザマ君が恋をして、妊娠してさぁどうするの、ということだけを淡々と書いてほしかった、という感じでしょうか。
・・・・・・・・・・
2つの中編にちょこっと添えられたような、10ページほどの掌編「空心町深夜2時」が私は好きです。

〈関東方面の人〉にはいかにも猥雑で、こってり感満載で上品さのかけらもないような話でしょうが、これが生粋の関西人にとっては実にしっくりと馴染むのです。

車が脱輪して、2人はJAFが来るのを待っています。深夜1時のラーメン屋。外はそぼ降る雨。キムチをあてにビールを飲んでいる〈うち〉と、隣でラーメンをすする〈やっちゃん〉。

〈うち〉は東京へ行き、ピアノで身を立てようと思っています。女にモテる〈やっちゃん〉との付き合いにもちょっと疲れ気味で、30になって何も無い自分を清算するために大阪を出る決心をしています。

〈やっちゃん〉は、別れることも大阪を出ることも、訳を聞こうともしません。ただひどい女や、と言って笑うばかりです。ラーメンをすする〈やっちゃん〉を眺めながら、〈うち〉の頭を過るのは〈やっちゃん〉との出会いであり、2人が体を重ねた日々です。

〈うち〉は深夜の雨が好きだと言い、〈やっちゃん〉は深夜の雨より、深夜から降り出す雨が好きやと言います。違いを聞くと、そんなもん全然ちゃうわって、それからもうええわ、て言うから、やっぱり〈うち〉は泣きそうになります。

〈うち〉は〈やっちゃん〉と別れたくなどないのです。一緒に東京行かん? という言葉が喉まで出かかって、それをビールで飲み干します。一言、行かんといてくれ、て言うてくれたら、どこにも行けへんのに、と〈うち〉は思っています。

交差点はファミレスの黄色、コンビニの青、牛丼屋のオレンジ、なんやぎょうさんの色で溢れています。エンジンがかかって、ワイパーが深夜の雨を蹴散らします。〈やっちゃん〉の口からは、にんにくの匂い。ほんでな、はい出発、て言うのです。空心町深夜2時。
・・・・・・・・・・
「ドリカム大阪ラバーかよ」と、ある読者は呟きました。私が思い浮かべたのは「悲しい色やね ~ OSAKA BAY BLUES」。大阪を歌った、上田正樹の代表的なナンバーです。

にじむ街の灯を ふたり見ていた
桟橋に止めた 車にもたれて

泣いたらあかん 泣いたら
せつなくなるだけ
Hold me tight 大阪ベイブルース
おれのこと好きか あんた聞くけど
Hold me tight そんなことさえ
わからんようになったんか

大阪の海は 悲しい色やね
さよならをみんな ここに捨てに来るから

この本を読んでみてください係数 80/100


◆西 加奈子
1977年イラン、テヘラン生まれ。エジプト、大阪府堺市育ち。
関西大学法学部卒業。

作品 「さくら」「きいろいゾウ」「通天閣」「円卓」「漁港の肉子ちゃん」「ふくわらい」「サラバ!」他

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『愛なんて嘘』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『愛なんて嘘』白石 一文 新潮文庫 2017年9月1日発行 結婚や恋愛に意味なんて、ない。けれども

記事を読む

『きりこについて』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『きりこについて』西 加奈子 角川書店 2011年10月25日初版 きりこという、それはそれ

記事を読む

『溺レる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『溺レる』川上 弘美 文芸春秋 1999年8月10日第一刷 読んだ感想がうまく言葉にできない

記事を読む

『アミダサマ』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『アミダサマ』沼田 まほかる 光文社文庫 2017年11月20日初版 まるで吸い寄せられるように二

記事を読む

『さよならドビュッシー』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『さよならドビュッシー』中山 七里 宝島社 2011年1月26日第一刷 ピアニストからも絶賛!

記事を読む

『山中静夫氏の尊厳死』(南木佳士)_書評という名の読書感想文

『山中静夫氏の尊厳死』南木 佳士 文春文庫 2019年7月15日第2刷 生まれ故郷

記事を読む

『幾千の夜、昨日の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『幾千の夜、昨日の月』角田 光代 角川文庫 2015年1月25日初版 新聞で文庫の新刊が出る

記事を読む

『護られなかった者たちへ』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『護られなかった者たちへ』中山 七里 宝島社文庫 2021年8月4日第1刷 連続

記事を読む

『ダブル』(永井するみ)_極上のサスペンスは日常から生まれる

『ダブル』永井 するみ 双葉文庫 2020年2月15日第1刷 被害者女性の特異な容

記事を読む

『夫のちんぽが入らない』(こだま)_書評という名の読書感想文

『夫のちんぽが入らない』こだま 講談社文庫 2018年9月14日第一刷 "夫のちんぽが入らない"

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑