『ざらざら』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/05/07 『ざらざら』(川上弘美), 作家別(か行), 川上弘美, 書評(さ行)

『ざらざら』川上 弘美 新潮文庫 2011年3月1日発行


ざらざら (新潮文庫)

 

風の吹くまま旅をしよう、と和史が言ったのだ。なんなのよそれ、あんたは昔のフォーク歌手か、とあたしは言いそうになったが、我慢した。(「ラジオの夏」)

黒田課長のことは、二人でお酒を飲むときもベッドの中でも、「課長」と呼んでいる。最初は妙な顔をされたが、じきに「なんだか少しそれ、興奮するね」と喜ばれた。(「びんちょうまぐろ」)

中林さんに会えない日があと少なくとも五日以上続くのかと思うと、どたばた暴れたくなる。でも暴れない。あたしは大人だから。かわりに図鑑を見ることにする。「魚の目利き図鑑」。(「コーヒーメーカー」)

クリスマスって、なんか、もういいって感じだけどさ、正月はいいよ。これからは、正月だよな。そんなふうにおだをあげながら、わたしと恒美とバンちゃんの三人で、お酒を飲んでいた。(「ざらざら」)

わたしたちは向かいあって、お互いの「はだかエプロン」姿をじろじろ観察しあった。えりちゃんのおっぱいって、あんまり大きくないけど、ぴんと張ってるね。わたしが言うと、くみちゃんはおしりがいろっぽいよ、と、おかえしにえりちゃんも言ってくれた。(「ときどき、きらいで」)

彼にふられたのは、火曜日の夜だった。火曜日という日が、あたしは一週間の中でいちばん好きだったのに。月曜日はまだまだ熟していない、青臭いメロンみたいな日。水曜日木曜日は、少し熟しはじめたバナナ。金曜土曜ならば、今にも枝から離れようとしているパパイヤ。
そのどれでもない、匂いもほとんどしないような、けれどかすかな甘みのある、フルーツトマトみたいな火曜日が、わたしはいちばん好きだった。清潔で、ちょっとよそよそしくて、きりっとした日。(「淋しいな」)

あたしが種田くんに「ひっかかって」から、二ヶ月近くが過ぎた。あたしは、だんだん種田くんが好きになる。癪でしょうがない。まだセックスはしてないけれど、なんだか危ない感じ。(「笹の葉さらさら」)

23の掌編が収められています。結構きわどいのも、あるにはあるのですが、そんなのに一々欲情していると、きっとこの人には嫌われるんだろうな、などと訳もなく思ってしまいます。

タイトルは『ざらざら』と濁点がついていますが、川上弘美という人は、ホントに〈さらさら〉と生きてるんだなぁ、と思えてくるような文章なのであります。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


ざらざら (新潮文庫)

◆川上 弘美
1958年東京都生まれ。本名は山田弘美。
お茶の水女子大学理学部卒業。高校の生物科教員などを経て作家デビュー。俳人でもある。

作品 「神様」「溺レる」「蛇を踏む」「センセイの鞄」「真鶴」「風花」「天頂より少し下って」「パスタマシーンの幽霊」「どこから行っても遠い町」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『死刑にいたる病』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『死刑にいたる病』櫛木 理宇 早川書房 2017年10月25日発行 死刑にいたる病 (ハヤカワ

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その1)

『後妻業』(その1) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 後妻業 &nbs

記事を読む

『グロテスク』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『グロテスク』桐野 夏生 文芸春秋 2003年6月30日第一刷 グロテスク  

記事を読む

『魂萌え! 』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『魂萌え! 』桐野 夏生 毎日新聞社 2005年4月25日発行 魂萌え ! 夫婦ふたりで平穏

記事を読む

『負け逃げ』(こざわたまこ)_書評という名の読書感想文

『負け逃げ』こざわ たまこ 新潮文庫 2018年4月1日発行 負け逃げ (新潮文庫) 第

記事を読む

『錆びる心』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『錆びる心』桐野 夏生 文芸春秋 1997年11月20日初版 錆びる心 (文春文庫) &

記事を読む

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その2)

『新宿鮫』(その2)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 新宿鮫

記事を読む

『さみしくなったら名前を呼んで』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『さみしくなったら名前を呼んで』山内 マリコ 幻冬舎 2014年9月20日第一刷 さみしくなっ

記事を読む

『痺れる』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『痺れる』沼田 まほかる 光文社文庫 2012年8月20日第一刷 痺れる (光文社文庫)

記事を読む

『宰相A』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『宰相A』田中 慎弥 新潮文庫 2017年12月1日発行 宰相A (新潮文庫) 揃いの国民服

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑