『実験』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『実験』田中 慎弥 新潮文庫 2013年2月1日発行


実験 (新潮文庫)

 

最近、好んで(という言い方が適切かどうか分からないのですが)読んでいる作家の中で、とりわけ異質なのが田中慎弥です。作風からして世に言う〈売れっ子〉ではありませんが、間違いなく相当数の根強いファンを持つ作家の一人です。

まさに〈時代に迎合せず、我が道を行く〉人ですが、何せ、小説の内容が難しい。扱われるテーマの多くが人間の業に関するもので、ある一線を境に、こちら側ではまともな人間、一歩踏み越えればもはや人ではなくなる、そんな瀬戸際の心理が綴られます。

『実験』に登場するのは、〈書けなくなった作家〉の下村満と、彼の幼なじみでうつ病を患う三田春男という男性です。下村は、次作に向けて確かな〈手応えを感じるもの〉を探しています。そして、その前に現れるのが〈自殺願望〉を抱えた春男です。

うつ病の相談に乗るふりをして、春男を自殺へと追い込んで行く。仕かけを施し、春男の意識を死へと仕向けて、その経緯を小説にしようと企む・・・、下村がやろうとするのは、そういうことです。悍ましい、人としてあるまじき行為に下村は手を染めます。
・・・・・・・・・・
下村は、元々春男を疎ましく感じています。病気の春男を過剰に気遣う両親に対しても、こういう夫婦だからこそ春男がこんな状態になってしまったのではないかとさえ思っています。今になって、また病気の春男と関わり合いになどなりたくないと思っています。

春男が下村を家に呼んだのは、首を吊ろうとしたときの自分の様子を聞かせるためでした。春男は能弁に語ります。全く眠れなくなると闇が明確になり、闇ほど明るいものはないということ。闇はいつでも僕をつけ狙っている、と春男は言います。

遺書を書いたことがあり、書き終わるとすごく気持ちよかったと言い、掃除機のコードを引っ張り出し、鋏で元から切り離そうとして掌と指が傷ついた、と言います。自分がしていることをやめたくてやめたくて仕方なかった、だからやめなかった、と言います。

春男が伝えたかったのは、庭の楓の木にコードをかけて死のうとして、〈本気じゃなかったから〉失敗した、ということです。慌てさせたことを両親に謝り、素直に母親の介抱を受けたのは、そのときの傷が、両親にとっては春男そのものだと考えたからだと言います。

春男の母親から渡された「うつについて」と書かれたパンフレットには、うつは気の持ちようでどうにかなるものではない、励ます言葉は逆効果、と書いてあります。

うつが自殺につながる場合があり、大事にしているものを人にあげたりするのが最も分かりやすいサインで、もし死にたいと口にしても、そんなこと言うもんじゃないとか、がんばれとか負けるななどと言ってはいけない、と書かれています。
・・・・・・・・・・
小学5年生のとき、春男はカンニングを見破られて、それを貶した生徒を殴って怪我を負わせています。その結果春男は転校し、中学高校大学とはそれなりに進むのですが、就職に失敗したことで家からほとんど出ない生活をしています。

カンニングを唆したのが自分であることを下村は気にかけていますが、春男がそれを口にすることはありません。春男は大人になった今でも、下村のことを「お兄ちゃん」と呼び慕っています。疎ましいけれど関係を断ち切れない、それが下村の、春男との関係です。

身近で事情をよく知った、しかし客観的には何の関係もない、煩わしいだけの存在である春男。下村には、春男が格好の〈材料〉に思えます。

「うつ状態で自殺願望を持つ主人公、その心理」とノートに書きつけたとき、すでに下村にはこれから試そうとする「実験」の筋書が見えており、書きたい衝動が押さえがたいものになっています。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


実験 (新潮文庫)

◆田中 慎弥
1972年山口県下関市生まれ。
山口県立下関中央工業高等学校卒業。大学受験に失敗、以後一切の職業を経験せずに過ごす。

作品 「切れた鎖」「夜蜘蛛」「神様のいない日本シリーズ」「犬と鴉」「共喰い」「図書準備室」「燃える家」など

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(尾形真理子)_書評という名の読書感想文

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』尾形 真理子 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版

記事を読む

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日第一刷 その先の道に消え

記事を読む

『四月になれば彼女は』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『四月になれば彼女は』川村 元気 文春文庫 2019年7月10日第1刷 四月になれば彼女は

記事を読む

『職業としての小説家』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『職業としての小説家』村上 春樹 新潮文庫 2016年10月1日発行 職業としての小説家 (新

記事を読む

『鍵のない夢を見る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『鍵のない夢を見る』辻村 深月 文春文庫 2015年7月10日第一刷 鍵のない夢を見る (文春

記事を読む

『消滅世界』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『消滅世界』村田 沙耶香 河出文庫 2018年7月20日初版 消滅世界 (河出文庫) 世界大

記事を読む

『迅雷』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『迅雷』黒川 博行 双葉社 1995年5月25日第一刷 迅雷 (文春文庫)  

記事を読む

『空飛ぶタイヤ』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『空飛ぶタイヤ』 池井戸 潤 実業之日本社 2008年8月10日第一刷 @1,200 &n

記事を読む

『マークスの山』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『マークスの山』高村 薫  早川書房 1993年3月31日初版 @1,800 高村薫が好き

記事を読む

『静かに、ねぇ、静かに』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『静かに、ねぇ、静かに』本谷 有希子 講談社 2018年8月21日第一刷 静かに、ねぇ、静かに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷

『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版 悪の

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑